« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

立派になりました

かれこれ10年前。(若いぜっ)

こんなにチビッこかった、うちの生徒が。

023

じゃじゃ〜ん、こんなに立派に育って3ショットshine

Img_0955_2 Dscf3580

来年の成人式の前撮りで、見せに来てくれました〜heart01かわゆいでないのsmile

現在花嫁修行中(←ウソ)華の女子大生であります。いいね!わたしにもそんな時代があったね!

ちっこい頃から教えてる身としては、感無量。早いものです。ちょっと前までは、ぬいぐるみを抱っこしてたのに。なっちんもきっとあっという間なんであろう。でも不思議と、小さい頃のまんまイメージは続くんだよね。いくつになっても子どもは子どもなのよ、っちゅ〜母の気持ちか。

ちょっと早いが、成人オメデトウcrown

素敵な20代を謳歌し、素敵な女性になって下さいconfident

2015年2月23日 (月)

不意打ち

今日は朝っぱらから不意打ちをくらった。

トイレに起きたら急降下gawktyphoonいやいや、気の持ちようさ。な〜んて気丈にふるまってたのも数分のうち、血の気が真っ逆さまに落ちて、そのままサヨウナラ〜paper

偉かったのはなっちんであった。いつもならグダグダして、朝の支度にめっちゃ時間がかかるのに、超使える看護士と化す。もちろん自分のことも万事オーケーscissors床に転がってるカアカに、テキパキと水やら薬やら毛布やらをよこし、トトに電話をして呼び戻し、自分の朝ごはんをセットして、いつもは学校やだやだ言うくせに

「カアカ、なつは勉強しに学校へ行かなくてはいけないの。だから行ってきます。もうすぐトトが戻ってきてくれるからね!」

と言い残して定時に登校して行った。やるな、我がムスメ。と、激痛の中かすかに働く頭で思いながら、最後までなっちんの顔も見ることもできずに腹痛と戦っていた朝。疲れたぜ…gawk

トトはせっかく下車駅まで到達していたのにとんぼ返り。ヤな顔ひとつ見せず、
「お〜、また壮大にやってるな。」
みたいな顔して、そのへんを片付け、昼メシと夜メシをササッと作って、カアカが多少復活したのを確認すると、「じゃpaper」と言って戻って行った。まさに阿吽の呼吸。感謝think

最近、こんなのがわりとまた起こるようになってきた。
漢方効いてきて調子に乗ってたんだけど、こりゃあやっぱりマズいんではないかと思うカアカ、内膜症持ち43歳である。10年前の主治医の再診を受けることに心を決めてソッコー電話。親知らずは棚に上げることに決定。そんなわけで、来週、重い腰をあげて行ってこようではないか。大学病院。

待て、次号(笑)

2015年2月21日 (土)

ステップアップ

本日、なっちん3度目のステップアップnote

附属音楽教室の、弾きあいみたいな本番です。今回はいつも通っている港北校ステージだった。10:15集合だったから早めに出たんだけど、トトが忘れ物してUターンcar思いっきり30分の遅刻gawkなっちん、駆け込み3杯じゃないけど到着してソッコーで会場入って弾かされる。それにしても心の準備ナシであの集中力はいつもながら羨ましい。

VTRです↓

これまたいつも通り、ビデオじゃわからないが音の美しい演奏であった。なんていうか、非常に個性的でまったりとした演奏なんだけど(笑)独特のなっちん観があって面白い。審査の先生に、開口一番「綺麗な音でした」と言わせるだけのものはあった。

審査員といえば、ジャンっ。今日は偶然、カアカの師匠がいらっしゃってたのだ!

Dscf3553_2 Dscf3554

「ムスメ、なかなかいいセンスしてんじゃん。」
と、お褒めの言葉をいただきましたsmile
センセー!お元気そうで!
孫弟子?の演奏を聴くってそりゃ、嬉しかったようで、終演と同時にまっすぐに我々に直行してくださり、ベラベラとおしゃべり。はずむはずむ。まさに同窓会。

Dscf3564 Dscf3557

終わってランチ。わざわざオフに顔を出してくれた女帝ピアニストえみこ嬢と。いい一日でありました。

2015年2月16日 (月)

久々の香水

最近匂いにこだわってるカアカpaper

香水はダメだと思ってたけど、なんとなく通っていたコスメ店にて、その出会いは訪れたlovely 大好きな香り!いや〜、マメに探してみるもんだね。でも香水って、そのときはいい匂い〜って思っても、あとから酔ったり、飽きたりするから、ブラッと寄ってみるたびお試し品をシュッとつけて確認していた。3〜4日試してみてやっぱり気に入ったから購入。

024

アナスイのイングリーン。今年の新作。すっごい好き〜heart04
なっちんとトトに嗅がせても合格up
ワセリンと混ぜて、練り香水なんかも作れちゃいます。

調子に乗って、トトにもバレンタインにあげるつもりで無理やり連れてって、好きな香りを探させた。わたしが「コレいいな」と思ってたのでも、あっさり「キライgawk」と言われる。匂いってのは、ホントに趣味があるからわからない。結局、選択したのはブルガリブラック。お香のような、ちょっとスパイシーな、なるほどトトっぽい香り。これで、同僚女子の人気を買ってくれ!smile

香りってのはホント、好きな香りであっても、自分のイメージと合わないと不思議とつけたくなくなるし、難しいもんです。周囲の不快感もあおりたくないし。フワっとさりげなく、女子力、男子力をあげたいね。以上、匂いフェチカアカでした。

2015年2月15日 (日)

パンプス

いい天気sun今日はめっちゃ久々に、トトもカアカも仕事な〜んもない日であった。うおー、完全オフsign02浮かれて朝10時、お散歩がてらに、なっちん愛しのカレシんちにチョコレートを渡しにGodash 一日遅れてスミマセンsweat01

Dsc_0192

無事ミッション完了heart01激写しましたが、なっちん恥ずかしいということでココではご想像におまかせあれsmile

Img_0021_2 Img_0022

そのままビナウォークに寄り、新しくできたビルのカフェでようやくランチrestaurantちょっとオサレなカフェで、毎度激混みのため入れなかったんです。

Img_0023

その後ブラブラしつつ、カアカがゲットしたのは一足のパンプスlovelygood 前にもちょこっと書いたけど、トトと結婚して以来、スニーカーオンリーだったわたし。せっかくキレイな服を着ようと思っても靴がないgawk いや、正確には、あるんですけどね。フォーマルの靴なんか何足もあるし、でも履けない。なぜか?別に、デブになったせいではない。毎度スニーカーに慣れちゃってると、足が痛くてツルんですよsign03悲しいことにsign03

が、この靴はカアカを呼んでいた。柔らかいし、ヒールは高くないし、フォーマルにもカジュアルにもいける。まさに靴とオトコは出会いである。ソッコーでお買い上げupイヤッホぅhappy02

楽しいオフ日でありましたheart01感謝shine

2015年2月14日 (土)

バレンタイン

2015バレンタインkissmark

今日はフォンダンショコラを作るわよと宣言したら、なんか料理まで作らされる流れになった。土曜日なのに(チッgawk)こうなったらテキトーにやったるで。今日さえ頑張れば、残り364日は我が手に!rock

Img_0019_2 Img_0020

中はトロトロ、大好きフォンダンショコラ〜heart01うまくできた

Dscf3431_2 Dscf3434

なっちんも飾り付けheart01意中のカレにあげるため

今日のメニューは、舞茸のポタージュ。モツァレラバジルのサラダ。高座豚のロースト。あっという間に完食delicious 我が家のシェフもネギ豚おつまみ一品作ってくれた。

Img_0024_2

Dscf3422_2

「今日はオレはなんもやらないからね〜!」と宣言してたくせに、気がつけば背後に気配が。「あ、そうじゃない…」「ちょっとソコは…」と、小姑のように突っ込みを入れるシェフ。ふと見ると卵かきまぜてたり(笑)つくづく台所が好きな男。おかげでうまくできたよ。トトは完全に王様になっとりましたけどcrown

というわけで、今日は(今日も)夜更けまで飲んだくれた一日でありましたwine

2015年2月13日 (金)

初診

続編。っちゅ〜ことで行ってきました、総合病院hospital

しかしのっけからミス。せっかくの紹介状を家に忘れて来たのだ。何しに来たんだよ…gawk

とりに帰ろうと思ったが、受診しないと駐車場料金がダブルでかかることが判明。そんなの、通してくれよ〜。迷った末、仕方なくジジに持って来てもらうことに。すみませんジジ。

ミス②。待ち時間の間に問診票を書かされ、「現在妊娠していますか?」の欄に、「わからない」と書いてしまったら(だってそんなの本当にわからん)産婦人科にまわされ、わざわざ妊娠検査をしてこいと言われたgawk慌てて、「あ、妊娠してません。してないでしょ〜、もうムリなんだから。」とか訳のわかんないことを言ったがもう後の祭り。自費3,100円。高いっちゅ〜の!婦人科の先生の憐れみをもらい、ようやく口腔外科に受診できたの1時間後。貴重な時間がもったいなかった。

口開けて〜。第一声、
「ははあ、これは埋まってますねぇ。熟練を必要とするな…」
と、やはり一筋縄じゃいかないことを思わせる一言。

とりあえず、今日はこのままCT検査をして、結果&治療どうすんのかは、後日説明ということになって帰って来た。

リスクが大きければ手術は諦めよう。
先生が強くすすめるのであれば、潔く手術台の鯉となるか…?

ぜったい、抜いた方がスッキリするに決まっている。
でもきっとワタシのことだから、おおごとになるのだろうな。と、10年前の手術日記を読み返して思う。気が重いぜ。

関係ないけど、職業がピアノ講師って言うと必ず
「へえ、ピアノの先生ですかぁ!」
的な反応されて、キラキラ目線に変わるのが面白い。ボクも教えてほしいな〜、とかおちゃらける先生もいる。まあいいとして。

カアカの実に10年ぶりの全身麻酔について、トトに相談すると、
「まあ、ずっと悶々としてるんだったらやればいいんじゃない。別に痛くないんなら、わざわざその程度で抜かなくてもいいんじゃない。」
と、ごもっともな意見でありました。

「カアカが死んじゃいやだ〜weep」というなっちんに、
「新しいカアカもいいかもな…think」という不届き者のトト。
「カアカが死んじゃったら、生きていけないくせに!」
と、なっちん言い返しておりました。

擦り込み成功。フフフcatface

総合病院へ

カアカには、この年までしっかりと守ってきた親知らずが4本も生えている。

一年に何度か痛むんだが、やり過ごせる範囲なので、この先もこのまま、墓場まで持っていこうと思っていた。ところが最近、カアカ妹ゆりゆりが、さっそうと親知らずを抜き、晴れ晴れとした顔でこう言ったのだ。

「お姉ちゃん、イイよ!抜いた方が。歯にモノも詰まらなくなるし、ぜったいオススメだよ〜shine

なにやら、口臭もキレイさっぱりなくなるらしいし、親知らずが原因だったあれやこれがいっきに解消するらしい。これに心が動いたカアカ、かかりつけのカリスマ先生のところへ直行。とりあえず相談してみることにした。

結論から言うと、抜歯をオススメされた。わたしの親知らずは半分埋まっており、神経に近くて非常に危険であることからして、全身麻酔。たぶん4本同時に抜く。4本って…coldsweats02

10年前の筋腫手術の時もそうだったが、一度行動すると納得するまで前進したくなる癖のあるわたし。紹介状を書いてもらい、ソッコーで総合病院の予約をとり、今日、行ってまいりましたthinkpaper

次号へ続く。

2015年2月 8日 (日)

贈る言葉

このところの土日レッスンは楽しいnotes

平日にはとても来られなくなった生徒たちがやってくる日なんだけど、皆、それぞれに学園ものの悩みやら青春をしょっている。今日は、長年レッスンに通っていた生徒Aの卒業であった。いつものように、世間話からレッスンに入ろうとした時。

「先生っ、あの…わたし、来月から一人暮らしするんです。それで、ピアノは持っていかれなくて、それで…」
「ありゃ、それは残念だねぇ。ずっと側にあったピアノなんだから、入る部屋があればいいのに。」

と言ったところで、こらえていたものがウワッとあふれだしたcrying 号泣。わたしじゃないよ。Aちゃんsmile

「泣くなよ〜」
「だってだって、16年間もやってきたピアノをやめるなんて…weep

そう言って、その先思う存分号泣sweat01

可愛かった。きっと朝から、何と言おうかドキドキだったのであろう。10年越しのうちの生徒たち、卒業の日はほぼ皆、感極まって涙なみだ。それも先生冥利に尽きます。嬉しいよ。ピアノ教えてると、普通に10年はおつきあいすることになるから、その子とはちっちゃい頃からの仲になる。あんな〜こ〜と〜notesこんな〜こ〜と〜あったでしょ〜notesという訳なんである。
chickchickchicktulip

昔はわたしも、可愛がっていた生徒がやめると言う時は少なからずショックを受けた。風呂場で泣いたこともある(笑)。一生懸命教えてたって、いつかはやめちゃうんだよなあ…私のやってることって、一体なにかなあ。と自問自答。だけどそんな若かりし時代は過ぎ、今思う。まさにこの瞬間、レッスンから卒業するこの日のために、レッスンはあったのだ。

音楽って、いいもんだと思う。一生自分の楽しみとなり、癒しとなってくれる。そんな音楽をいつでも自分で奏でられるために、お稽古はあったのだ。だからレッスンに通わなくなるイコール、終わりと思ってはいけないよ。これからは自分で楽しめるように、その日がまさにスタートとなるわけです。忙しくてしばらく楽器が触れない日が続いても、ふとまた弾きたいなと思った時に、ああ、やってて良かったなあ、と思うことでしょう。そのときまた、先生の意見が聞きたいなと思えば来ればよし。自分で弾ければなおよし。長く続けてきたものは忘れることはない。だから私は、号泣する生徒に笑って見送ることにしておりますwinkまた気軽にLINEでもしてこ〜い!と。

贈る言葉。あなたの幸せな音楽と、幸せな未来にカンパイwineshine
とりあえず、バレンタインの報告、待ってるぜsmile

2015年2月 7日 (土)

練習練習。

最近。

某ヴァイオリニストと共に、昔の演奏VTRあれこれを見返していたら、二人して唖然としてしまった。別に、昔は痩せてたからとかではないgawk(それもあるけど)演奏がたいへん若々しかったからであるsun

カアカは当時、この曲をこんなふうにとらえて弾いていたのか…オレはこんな曲をナゼ弾きたかったのであろうか?云々。そして、最近のVTRを観る。うわ、ぜんぜん違った解釈、感じ方。昔のようなピチピチ感ナシ、指の衰えを感じる分、どことなく熟された弾きっぷり。

俄然、練習意欲がわきましたね〜coldsweats01
あの頃、あの時、留学から帰ってきた直後の若々しさ!
生活のにおいもなく、ただただ無心で練習をしていた頃の初々しさ!

いけない。忘れていた。練習しなければ退化する。

生き物は、ただ生き続けるだけで円熟していく。それはまた素晴らしいことであるし、音楽もまた味わい深くなっていく。それは確かである。でも忘れてはならない、怠けるとその分、衰えていくことを!

そんでもって、この何日か前から、正月からひきずっていた怠惰を戒め(←まだひきずってた)ストレッチも筋トレも、ピアノ練習も再開したのであります。特にピアノは本番がないとなかなか練習する気がおこらない。しかし指はどんどん衰えるのだ。いかんいかん!

今年の目標に、コンスタントな練習。を付け加えるカアカでありましたthinkpaper
ああ、本番が目前ではない時の練習の楽しさよ!(笑)
学生時代に弾いた曲の、指の記憶の不思議さにカンパイthinkwine

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ