« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月30日 (月)

伊豆二日目!

二日目は最高にいい天気だぜsign03sun

散歩好きなトトの血が騒ぐ。朝早くからワイナリー周辺を散歩foot
朝風呂に入って汗を流した後、えみこ嬢が付き合わされて、スタンプラリー散策コースに出た3名。大自然を満喫したらしい。

Dscf4883_2 Dscf4965

このプラン、ワイナリーホテルのブランチセットだったので朝食はつかず。11時から、シャトーレストランでかなり豪華なランチが出ました。デザートたくさん出るわ出るわ!うっま〜deliciousなっちん大喜び。

Dscf4981 Dscf4983

もう、ここまででかなり満足。お腹いっぱい!
さてと午後は、石川さゆり「天城越え」大ファンえみこ嬢とともに、歌詞に出てくる土地めぐり〜。浄蓮の滝ぃ〜notes

Dscf5013 Dscf5011

Dscf5016 Dscf5025_2

わさび沢。ホント、歌の通り!わさびソフトも食べたよ。

Dscf5026Dscf5039

さあ〜て、滝を後にし、砂利の峠道を越えたあとは、寒天橋じゃ!!ライダーたちもけっこう訪れてましたよ。それはそれはお喜びのえみこ姫。2人で天城越え熱唱中!smile

Dscf5050 Dscf5053

Img_0034_2
伊豆は広い。帰り道は、西伊豆側を通って沼津インターから帰ろうということになる。ラストにあっちゃんの助手席に乗るなっちん。途中、お花畑を発見して休憩cherryblossomcute

Dscf5064

そうこうするうちに、サンセット。夕日を眺めるのにギリギリセーフで間に合った、土肥の恋人岬heart04伊豆半島は、美しいconfident

Dscf5101 Img_0033

Dscf5085_2「永遠の愛を誓いまァ〜すsign03ゴ〜〜〜ンbellshinebyあつし」

って、カップルだらけの恋人岬で我ら、家族珍道中ご一行様は、かなり場違いな雰囲気をまき散らしてましたが楽しかったsmile

沼津に着いた時はもうかなりのお疲れモードでしたが、一同それぞれ無事帰宅。大満喫の伊豆旅行は、これにて終了〜!後日の打ち上げに乞うご期待beerwine

いや〜楽しかった。お疲れさんwink

2015年3月29日 (日)

伊豆へ!

日々予定がバラバラな、我々音楽隊。

ど〜にか都合を合わせて旅行なんぞしたら楽しいだろうなァというカアカのもくろみが無事成功して、このたび伊豆へ一泊旅行の巻!!cardash

で、一日目はおだあつ乗って、あっちゃんオススメの箱根のピカイチ美味しい蕎麦屋、暁庵にてまず昼食restaurant

Dscf4677 Dscf4680

こっちは一足早く、桜が満開shine

Dscf4684 Dscf4683

そして美味し〜!deliciousごちそうさま!

Dscf4697 Dscf4696

芦ノ湖まわって、伊豆スカイラインあたりで小雨が降ってきたrain
だけど元気元気!このくらいじゃ俺のオープンカーは閉じないぜっ。

Dscf4706 Dscf4715

道中長いので、途中休み休み。なっちんは、海が見えると大興奮happy02
2台で行ったから、乗車グループが交代するのも気分転換。いや〜、面白かったですねえ。このあたりからかなりテンションあがり、和気あいあい。

さて、ようやっと伊豆到着、バナナワニ園へ!

Dscf4724 Dscf4725

その名の通り、バナナとワニがたくさんいるのデス。
は虫類ってなんでこんなに面白いんだろ…見ててホントに笑える。

Dscf4733_2 Dscf4736

フラミンゴやレッサーパンダもいました。かわゆい。

Dscf4727 Dscf4748

Dscf4739

青いバナナたち。植物園は、南国の楽園でした。ここでとれた、パパイヤ盛り合わせがうま〜delicious

Dscf4776 Dscf4786

蓮の園も美しかった!
というわけで、3カ所くらいをバスでまわるんですが、思ってたよりも満喫。存分に遊んだ感アリ。雨の日でもだいじょうぶ!

Img_0029 Img_0031

ワイナリーホテルに向かう道中、へんなカエル屋に寄ったり。夜はバイキングで家族?団らんrestaurantこの後、温泉につかり、浴衣でビール飲んで明日の予定をくっちゃべりながら、楽しい夜は更けてゆくのでありましたnight

毎度の飲み仲間と旅行するのは、気兼ねしなくってめっちゃ笑えることを実感した第一日目。

二日目に続く!

2015年3月25日 (水)

判決

札幌から帰ってきてからのカアカは忙しかったwobbly

振り替えたレッスン、仕事仕事!それから東邦医大!

…そう、バタバタとMRIを撮り、その判決を受けに大先生のところへ出頭したのだ。
今回は待ち時間60分くらい。さほどストレスはたまらず。

さてドキドキの結果はsign03

「う〜ん、手術かなあやっぱり。キレイさっぱり取っちゃった方がいいかもねぇ〜」

って、やっぱしsign03チ〜ン…gawk

わたしの腹ん中は、どうやら難題ばかり抱えているそうで、オペをする理由は盛りだくさんだそうだ。ど〜りで体調が悪いワケだよこりゃ。そりゃ、倒れるだろうよ。この腹でよく頑張ってなっちんを出産したもんだ。この30年間、来る日のために働き続けてくれたワタシの子宮よ、ありがとう。一度は来る日がまっとうにやって来て、なっちんのために使えてよかったぜ…。なんて、感傷なんだか感謝なんだかわからぬ気持ちになりながら、病院を後にした。

病名は、子宮腺筋症&筋腫&内膜症。貧血もあった。どれもまだ軽度になるそうだが、軽度にしては壮絶に倒れる。経験上、たぶんだんだんとひどくなるだろう。それはわかる。漢方でずいぶん緩和してはいるけど、本番やここぞという日に、持ちこたえられる身体とはとても思えない現在think40代、仕事も一番ノッてる時に、体調気にせず、本番を迎えたい!フラフラ真っ青はもうごめんだぜ。

虚ジャッキーな身体とは裏腹に、基本的に前向きなもんで、その場でソッコー
「手術して先生!取っちゃう切っちゃう!いつにする?」
と言いかけて思いとどまった。

「2週間、よ〜く考えてきてね。ダンナさんにだって、相談しなきゃでしょ〜。」
と、先生にも諭されるcoldsweats01そうそう、今回はなっちんもいることだし、トトの協力なしじゃ、やってらんないのだった。まあ、相談ったって、ウチはサッパリしてるから、相談のソの字くらいなんだけど。

さて。どうしますかthink
2週間、いろいろ思いを馳せながら、検討したいと思いますpaper

2015年3月22日 (日)

また会おうね、大ババさま

木曜日の夕方。札幌から連絡が入り、大慌てで飛行機を取る。バタバタと金曜に出発airplane飛行機取れてよかった。こういう時、遠方って苦労する。思えばわたしのおばあちゃんが亡くなった時もそうだった。ブリュッセルからお通夜に駆けつけたっけ。夢でさよなら言ってくれた直後に電話が鳴ったのも覚えている。

Dscf4188

ようやく落ち着いたのが羽田にて。札幌ジジババに思いがけず会えることになり、ややはしゃぐなっちん。

Dscf4318_3 Dscf4190_2

ず〜っと会いたかった、なっちんのかわゆい従姉妹ともご対面。これまた思いがけない季節に会えることになった札幌ジジからの熱い抱擁heart04

トトも、懐かしい従兄弟たちと何十年ぶりかの再会。
わたしたちを引き合わせてくれたのは、なっちんのひいおばあちゃん、大ババさまでした。

Dscf4203 Dscf4198

夏に会えた時はお元気だったのに。93歳で天国に旅立ったおばあちゃん。
みんなで別れの言葉を書いた。なっちんは、「天国でまた会おうね。」と書き記していました。

夏には必ず会って、大ババさまのおうちにも何度かお泊まりさせてもらいました。なっちんは可愛がられて、いつもお小遣いをいただきました。大勢の孫やひ孫たちに囲まれたおばあちゃん。なっちんは初めてのお葬式で泣き、ショックだったと思うけれど、人間の命の尊さを教えてもらったと思います。いつも優しかったおばあちゃん、ありがとう。

Dscf4237

泣くとはいっても、子どもは子どもじゃ。まだ雪が深く残る霊園で、はしゃぐはしゃぐ!ついでにヒロさんも、はしゃぐはしゃぐ。

Dscf4419

短い週末の三日間だったけれど、家族の大切さが身にしみた濃い時間でありました。いろいろ大変だったけど来られてよかった。振り替えてくれた生徒一同ありがとう。トトも卒業式がすんだあとで本当によかった。

羽田に戻って来た時は、たった三日だったのに、なんだか浦島太郎になった気がした。さあまた頑張ろう。と深呼吸したカアカ。

Dscf4424

帰宅して、札幌ジジババのお蕎麦でハイチーズcamera
お世話になりました。ありがとう!また夏ねwink

2015年3月16日 (月)

魔法の石

ディスレクシアって知っていますか?

toraの独り言

学習障害のうちの一つと言われている、読み書きに困難をともなうものです。トトがお世話になってる方の本を読ませていただいたんだけど、いたく感動shineと同時に、うまく説明のできない子どもにとって、大人のかかわりというのはものすごく大事なんだと再認識think「なんでできないの?」とついなっちんに言ってしまう、我が身を反省think

親子っちゅ〜のは難しいもんでして、生徒一同にならどんとこいのカアカであっても、我が子とはバトルの毎日。優しく教えても、なっちんがキレる。そのうちこっちも爆発ドカーンthunderdashってなことはザラでして。ホント、親になって初めて、生徒の親の気持ちがわかったね。

わたしは勉強ができないタイプではなかった。だから、教えるのがニガテである。だって、つまずくことがなかったから、わかることが前提だったから、相手のわからないところがわかんないのだ。だからなっちんの算数なんかを教えてて、説明しても説明しても説明してもわかってくれないと、もうどこでひっかかっちゃってんのか、さっぱりわからなくて、お手上げなんである。ピアノならもっとうまく教えられるのに。勉強ってムズカシイ。

そこで学習障害の本に出会ったんだけど、ほんとうに感動しましたweepそうだよ、まずは勉強って楽しいと思えることだよsign03 どうしたら本人の「わからない」辛さがどこにあるのか、見つけてあげることができるんだ?「わかる」って楽しい!って思えることが大事なんだ。ぜんぶわかんなくてもいい。1つ「わかった!」があれば、意欲につながっていくはず。とりあえず、親子でポジティブに取り組めることだ。

と、ふと思い出して昔の小道具を取り出してみた。これも整理整頓したから成せる技。すぐに出てきたぜ、フフフcatface

Img_0985_3

ピアノの練習とお勉強、カアカ学校(日曜午前に開講される)が終わったら一つずつ石を塗ってって、一枚たまったら本物の石がゲットできるrockんだけど、やりたい?ってなっちんに聞いたら、

「やる〜sign03happy02

と乗り気にupよっしゃ〜(笑)

トトも見かねて、毎朝なっちんと3問クイズを出す交換日記を始めるって言っとりますが、激務の中まだ実施されておりませぬ。乞うご期待。

教師も親も、工夫をこらすのになにかと大変でありますthink暗中模索、四苦八苦paper

2015年3月15日 (日)

なっちんの秘密基地

Dscf4127_2 Dscf4118_3

庭の梅も美しく咲き、ババにあげる野の花を摘みに土手にのぼるなっちん。春もすぐそこですねぇ。

昨日はドキドキのホワイトデーheart01なっちん意中の君は、律儀にやって来て、クッキーのお返しをくれましたconfident しかも、「チョコありがとう。3年生になっても友だちだよ!」っていうカードまで添えて。なんちゅうイイやつじゃ!来年のバレンタインも、カレに決定〜lovelyと、勝手に盛り上がってるカアカでございましたsmile

さて。

Dscf4134 Dscf4137

今日は、なっちんがずっと懇願していた秘密基地を、いよいよジジが作ってくれるということで、プロジェクト開始!実家の広い庭に、本格的に建てることになった。土台はジジが2時間かけて水平をとる。すげ〜

Dscf4142 Dscf4143

なっちん大喜びsign03ジジ途中で公園に行かされるハメになったから、トトが代行して日曜大工の腕をふるう。それにしてもこの2人、なかなかやりますな。なっちんは、基地が出来上がったら毎日通うそうです。

どんなの出来上がるかお楽しみ〜smile

2015年3月 7日 (土)

整理整頓

「今年の目標」に設定した「整理整頓」shine

決めてはみたものの、なかなか整頓モードにスイッチが入らなかったカアカgawk
(わたしはスイッチが入らないと動けない。でもいつでもname入りのスイッチはいろいろと準備してあって、onになるのを意外と楽しみに待っているのだ。)

で、そのときはやって来たflair
なんか急に整頓がしたくなって、とりあえずず〜っと気になってた戸棚の一角にある書類と、ピアノ室にある仕事の書類を引っ張り出すことにした。ワタシの書類たちは、ココ2カ所のみ。さあ、こいつらを今こそやっつけてやるぜsign03と宣言すると、お〜、いいね。と前向きな賛同がトトから返ってきた。どうやらピアノ室が綺麗になるのが嬉しいらしい。

テキトーに、定期的には整理しているので我が家はむちゃくちゃ散らかってることはないんだけど、とにかく物が多い。捨てられないんじゃなくって、増えるスピードが早いのだ、物欲大魔王が住んでいるおかげで。それで、トトもカアカもなっちんも、勢いで捨てた物があったとしても
「あちゃー、まあいいか。捨てちゃったもんは仕方ないぜ」
とあまり後悔するタイプではないので
(後悔しないのは人生全般に言えることだけど)
片付けのときは思い切りよく捨てる。だから服とか、小物とかの片付けは早いんだけど、書類となると時間がかかるのよね…かかりませんか?gawk中身をいちいち読んでいかなきゃならないから、つい後回しにしてしまう。でもココを乗り越えねばならんのだ、がんばれわたしrock

片っ端から目を通していくと、出るわ出るわ、こんな資料もういらん。ってのが。それらをぜんぶ捨てるときの爽快感shineけっきょく、書類なんて1/3くらいに減って、2日ばかりで無事終了〜。う、うれしい。何がどこにあるのかが把握できている安心感。上っ面だけじゃなくて、中身まで整然とされてるのって、きっと人生においてもかなりのラッキーポイントになるんじゃなかろうか。と思っているカアカでありました。

あ〜スッキリ。

2015年3月 4日 (水)

東邦医大

前回書いた、カアカぶっ倒れシリーズ。

とうとう重い腰を上げ、10年前に筋腫&内膜症手術した東邦医大へ行って来ることにしたgawkhospital

10年も経ってりゃ、当然初診扱い。初診は朝イチから待って、膨大な時間を費やさなくてはならない。時は金なり。気が重いの当たり前downしかし、のんきにもしてはいられないから、とりあえずレッスン調整して、がんばって出かけたのだ。えらいぞ私。

電車に乗りつけないカアカ、特快に乗り損ねて横浜からノロノロと品川方面に向かい、着いたの11時ギリギリセーフであった。ここからが長い。呼ばれるまで3時間sweat02昼メシにありつけたの2時。そのあとさらに採血で50分。大学病院てホント大変ね…sad

だけど、カアカの崇拝する森田先生はかれこれ9年ぶりにお会いしましたが、ちょっと白髪が増えてダンディーになってたくらいでぜんぜん変わってなかったlovely

しかもセンセイ、
「どぉしたの〜?なに、また具合悪くなっちゃった?」

って、覚えててくれたのデスsign02感動〜happy02sign03

10年前。手術後ソッコーでなっちんを授かり、喜んでくれた先生自らが帝王切開なんてしてくれて、(←大教授なので、フツーはしないらしい)オペ室の看護士さんも、偶然カアカの妹の幼なじみであった。よってかなり強力に記憶に残っていたらしい。

森田教授、腹腔鏡オペの代表的医師で新聞にも載る、カリスマ的産婦人科医である。
そこらへんの婦人科医とは全くもって違う信頼感。そんでもって、優しくて超〜癒し系heart04どこへ行っても煮え切らない診察だったのに、イッパツで再発を見つけてくれた。

「うん、ココね。再発してるよたぶん。痛いでしょココ?あとね、筋腫じゃなくて、腺筋症ができてるかもしれないからMRIやらないと。慎重に調べないと。」

って、まさに患者にとっての神。ゴッド森田である。

産婦人科って、行ってみたことある人はわかると思うけど、どこへ行ってもだいたい似たようなもんで煮え切らない医者が多いものなのだ。患者にとって、「で、どうすればいいんでしょう?!」ってところで、お茶を濁す医者が非常に多い。腹が立つことこの上ないんである。だから、どうすればいいか結局わからなくって、生理痛も痛み止めで耐え続ける女性が多いのだと思う。だけどゴッド森田は違うshine明確に病気を言い当て、今後の方向性まできちんと説明してくれる。ものすごい信頼感。さすが、帝王切開なんてもう立ち会わないだけの名医であるcatface久々に感動して、ああ、自分も生徒たちにとって、こうでありたいと強く思った。

っちゅ〜ことで、結局レッスンにも間に合わず、生徒一同にも迷惑をかけ、疲労困憊したにもかかわらずカアカの心は晴れ晴れとしているのでありましたsun出会うべきは信頼のおける医者よ!森田センセーがやってくれるなら、2度目の手術もどんとこいだsign03と、大船に乗ったようなカアカでありましたpaper

次号へ続くgood

2015年3月 3日 (火)

ひな祭り

今年のひな祭りcute

なっちんは、今か今かと待ち構え、楽しみにしておりました〜。ひなあられが食べられるからでありますsmileおひな様と一緒に飾ってあるあられを、ずぅっと狙っていました。イヒヒ。

Img_0972_2 Img_0973

札幌ジジババからいただいたおひな様たちは今年も元気ですshineそして、えびなババが一日かかって折ったおひな様が届きました。どうもありがとうhappy02

Img_0969_2

ひな祭りディナー
手抜きちらし寿司に、真鯛のポワレ、はまぐりのお吸い物などなど。

豆まきとひな祭りは早く帰ってくる男トト、今夜は久々にそろって乾杯wine

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ