« また会おうね、大ババさま | トップページ | 伊豆へ! »

2015年3月25日 (水)

判決

札幌から帰ってきてからのカアカは忙しかった

振り替えたレッスン、仕事仕事!それから東邦医大!

…そう、バタバタとMRIを撮り、その判決を受けに大先生のところへ出頭したのだ。
今回は待ち時間60分くらい。さほどストレスはたまらず。

さてドキドキの結果は

「う〜ん、手術かなあやっぱり。キレイさっぱり取っちゃった方がいいかもねぇ〜」

って、やっぱしチ〜ン…

わたしの腹ん中は、どうやら難題ばかり抱えているそうで、オペをする理由は盛りだくさんだそうだ。ど〜りで体調が悪いワケだよこりゃ。そりゃ、倒れるだろうよ。この腹でよく頑張ってなっちんを出産したもんだ。この30年間、来る日のために働き続けてくれたワタシの子宮よ、ありがとう。一度は来る日がまっとうにやって来て、なっちんのために使えてよかったぜ…。なんて、感傷なんだか感謝なんだかわからぬ気持ちになりながら、病院を後にした。

病名は、子宮腺筋症&筋腫&内膜症。貧血もあった。どれもまだ軽度になるそうだが、軽度にしては壮絶に倒れる。経験上、たぶんだんだんとひどくなるだろう。それはわかる。漢方でずいぶん緩和してはいるけど、本番やここぞという日に、持ちこたえられる身体とはとても思えない現在40代、仕事も一番ノッてる時に、体調気にせず、本番を迎えたい!フラフラ真っ青はもうごめんだぜ。

虚ジャッキーな身体とは裏腹に、基本的に前向きなもんで、その場でソッコー
「手術して先生!取っちゃう切っちゃう!いつにする?」
と言いかけて思いとどまった。

「2週間、よ〜く考えてきてね。ダンナさんにだって、相談しなきゃでしょ〜。」
と、先生にも諭されるそうそう、今回はなっちんもいることだし、トトの協力なしじゃ、やってらんないのだった。まあ、相談ったって、ウチはサッパリしてるから、相談のソの字くらいなんだけど。

さて。どうしますか
2週間、いろいろ思いを馳せながら、検討したいと思います

« また会おうね、大ババさま | トップページ | 伊豆へ! »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 判決:

« また会おうね、大ババさま | トップページ | 伊豆へ! »