« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月26日 (金)

浣腸免除!

今日は体調、絶好調!

いやホント、こういうのって、素晴らしいshine
気分は明るく、お肌は快調、朝から意味もなくルンルンである。
それもこれも女性ホルモンのおかげ、現在上向き中up
つい先日から手術に向けて、この女神を封じ込めようという薬を使い出したが、どうやら更年期を迎えるのは薬が浸透してきたもう少し後になるらしい。(勘違いしてた)

ってことはですよ、この楽しいルンルン期を、存分に謳歌しておこうじゃないか。ど〜せ長くは続くまい。フシギですねこの感覚。明らかに見えない何かに左右されている気分。これをほとんどの女性が体感しているんだろうけれど、まさに月の満ち欠けだと思う。日々変わってゆくこの感じ、男性諸君にはわかるまいthinkホルモンとは偉大なのだ!

さて、水曜日に、数ヶ月ぶりの東邦医大に行ってまいりました〜。

センセイ、今日は何があったか、珍しくイライラしたご様子。
診察早く終わらせてくれよ的オーラ満載であったが、こちらとて貴重な受診日。訊きたいことは山ほどである。

そんなピリピリムードの中、カアカ多少尻込みながらもめげずに質問、ラストに持参したアホな浣腸4コマ漫画を取り出した(勇気いるぅ!)
受診で漫画を見せるなんて後にも先にもなさそうな話であるが、浣腸に悩んでたわたしに
「じゃ〜漫画でも描いて見せてこいよ。状況わかりやすく伝わるしgawk
とアイデアを出したのは、何を隠そうトトである。真に受けたカアカもアホであるが。

結果、
じゃじゃ〜ん、浣腸はめでたく免除となりましたsign03
(ええっ、いいのか?←心の声)

「じゃあもういいよ浣腸はナシ!手術前に倒れられたら困るもん〜。そのかわり、4日も5日も便秘しないでよぉ?ちゃんと出しといてよ?」
「ええっ、ナシでいいんですか?ハイ大丈夫です、今朝ももう2回も出ました!」

とか、ほとんど無理やりくさい会話をし、ホルモン剤の話をして受診終了〜。
人生、一か八かやってみるもんである。だいたい快便太郎なカアカ、浣腸なんてしなくたって、毎日が快腸なのである。3回は出るね(大いばり)。

ということで、次回受診は術前検査の7月末。
麻酔外来もあるし、準備はなかなか慎重なのであった。

待て、次号paper

2015年6月21日 (日)

ワイシャツ完成

初夏のカアカ作品。メンズワイシャツが出来上がり〜notes

Img_1306

いや、冬に生地買って、実にウダウダと半年もかかっちゃってたんですけどね。
こんなに時間のかかったワイシャツは初めてである。
なにしろ型紙はないし、ザラのシャツをパクったもので、さらに悪友Xのご要望(ご体型?)に合わせて仕立てるというタイヘンな代物であったからで。

何度か縫い直し、ようやく完成!shine トトも絶賛!smileイヤッホ〜up

そういやまだまだ、カアカの引き出しには眠ってるお気に入りの布たちが居るのだ。
仕立てたい熱が浮上中heart01

2015年6月18日 (木)

ラストな日々

昨日。周期にして21日。たぶんお会いするのは人生ラストになるであろう、長年の宿敵がやって来た。「貴女に会うのが待ちきれない!」という様子でフライングまでして。

ハロ〜paperとドアを開けて入って来るなり、さっきまでパスタ食べて元気に庭を掃いてたカアカはいっきに急降下するdown面白いほどに。まず下腹部に鈍い痛みが訪れ、たちまち眠気に襲われ、脳内の細胞たちが停止し始める。気のせいだと奮い立たせてレッスンを行って、終了のゴングと同時にソファに倒れた。(チ〜ン)酸欠。貧血。サヨウナラ〜である。

当然、料理なんて作れないから実家にお世話になった。母とはありがたいthink食べてる間もろくに喋れず、栄養ドリンクもらってなんとかハンドル握って帰宅。なっちんは、心配して枕元にリカちゃん人形を座らせてくれた(笑)

もうろうとした頭で考える。

あの日、中学生だったあの日。部活動で演劇の稽古をしていた放課後。トイレに行って人生初めて出会ったあの日から、実に43才の今日までお付き合いをさせていただき感無量でございます。中学生だったあの時のわたしに、今のわたしが想像できただろうか?そう思うと、軽〜く走馬灯のように月日の流れが巡った。だから女性の象徴はやはり子宮なのであろうと思ったりする。なっちんが宿った部屋が、捨てないでと言っているのが聞こえてきそうである。しかし負けないぜ!フライングまでしてアピールして来る腐れ縁の恋人に、今こそ別れを告げてやる。君がいなくなったらどうなるだろうか。せいせいするだろうか。人生パラダイスになるだろうか。でももしかしたら、こんなハズじゃなかった的な、別の辛さがやって来るんだろうか。う〜〜〜む、まさに、腐れ縁の恋人と別れ際の悶々とした感じだthink

そんなこんなで、後々のために綴っておかなければならないであろう、カアカの記念すべき最後の舞台に幕が下ろされようとしております。健康だったらなぁ、もう少しお付き合いしてもよかったな。自然に任せることができなかった、コレだけが悔やまれるが仕方がない。男性諸君にはきっとわからなくて、女性一同には深くうなずいてもらえるであろう、記念すべきある一日のブログでした。

一週間後には無理やり更年期障害を迎えるカアカ著。

2015年6月17日 (水)

マンモグラフィー

乳がん検診で精密検査に送られてから3年。

ようやく無罪放免になり、1年おきの定期検診に行ってきた。
9時半からマンモ、エコー、そして診察。一度で結果がわかるから素晴らしい。マンモグラフィーは、かなり胸が張ってる日だったからわりと覚悟して行った。

マンモの技師さんは、めっちゃサンパな(フレンドリーな)女の人で、逆にこっちが気遣っていろいろ話さなきゃならん、的な雰囲気を持った人であった。わたしとしては、看護士と美容師は寡黙な人であってくれ。と思っちゃったりする。

「はあい、じゃっ、いきますよぉ〜sign02動かないで下さいねぇ?う〜ん、今日のこの感じだと、かなり痛いカモ…。痛いかなっhappy02かわいそうだけど!」
と、テンションあげて気遣ってくれたが、わたしち〜とも痛くも痒くもなかった。

「だいじょぶです。ぜんぜん痛くありません。」
「ええっ!珍しいですね!うわ〜助かるわぁ〜、痛くて、気絶しちゃう人もいるんですよぉ。おっぱいの柔らかさが決め手なんですよ。良かったですねぇ〜!!」

とか、褒められたんだか何なんだかわからないやり取りをして、「そうか、わたしはマンモ痛くないタイプの人間なんだなあ。そういえば前回もまったく痛みナシだったけど、あれは技師さんがうまかったからじゃないんだなあ。」と悟ったカアカでありましたthink

検査っていろいろあるけど、体質ってのは不思議だ。わたしは、手術前のあの60ミリだか100ミリだか注入する、浣腸が苦手だ。苦手だなんてもんじゃない。もれなく血の気が引き、全身汗だくになり、猛烈な吐き気と痛みに襲われて倒れる。でもトトはオレは大丈夫だと言っていた。イヤ、ほんと、人それぞれ。だから今回のマンモの痛みナシには、ちょっとした喜びと発見があった。笑。

Img_1291_2

さて、肝心な乳がん検査の結果は、異常なしshine
自分にお祝い、おひとりさまランチへGo。

Img_1299

しかし、寒川病院に出張の徳田先生、乳腺のエキスパートとあって、いつもながらに絶対の安心感。やっぱ名医ってカンロクがあるんだねぇ。カアカは医師に恵まれてるなあ、と思いつつ、ひとりパスタを平らげましたdelicious

2015年6月15日 (月)

飯能へ

わたしは男女問わず楽しい友人に恵まれていると思う。

と書くと、友だちが多いみたいに聞こえるかもしれないが、ちょっと違う。学生時代は付き合いが多かったけど、この年になってくるともう誰だって毎日忙しいし、会う友人たちも限られてくる。その数少ない友人たちの、なんとも個性の強いことよ…thinkふと見渡すと、そこのアナタもキミも、一癖あるお方ばかり。人生を謳歌しているというのか。そんな中、1人の友人センパイに会いにはるばる、高速乗っておしゃべりしてまいりましたpaper

いや埼玉飯能、圏央道のおかげで近くなったね!ひとっ走り1時間で着くなんて、昔じゃ考えられなかったよ。予定だとまた今週末に再度倒れるんで、元気なこの週をエンジョイしようじゃないか!

Img_1297 Img_1298

田舎〜のカフェでいただいたランチ、二軒目カフェでいただいた珈琲、ごちそうさまでしたdeliciousうまかったでやんす。

彼女とは何年かぶりに会ったけど、20才の頃から知ってる同門のピアニスト。現在、3人の子どもを抱えて離婚後、バリバリ活躍中。どうやったら子育て真っ最中の3人抱えて舞台復帰できたのか、その自由奔放な生活っぷりも相当あっぱれである。そんでもって、まったくガツガツせず、人を憎まず、相手を和ませるゆる〜いキャラも見事である。

つくづく思うんだけど、単に気が合う以外にも、「コイツ、次に何が口から飛び出してくるんだろう」と思わせられる友人てのは一緒にいてほんとに面白い。わたしはマイペースな人間なので、同じくマイペースに、自分の人生を楽しんでいる人が好きだ。まわりから見たらつら〜い状況にいるような時も、一緒に泣くより笑える間柄が好きである。そして、常識よりは非常識に合点がいく。yahoo!知恵袋。なんかで相談しちゃったら、たいてい非難ゴーゴーで返ってくるだろう事柄なんか、面白くてしょうがない。人生いろいろなんだから、正論などないのだ。と、面白い友人一同を見ていて心から思う。

いや今日は楽しかった。彼女の宝物、アンティークなスタインウェイのたまちゃんも弾かせてくれて、ありがとうshine

2015年6月13日 (土)

淵野辺サーカス

Dsc08115_2 Dsc08114

あじさいが艶やかに咲きそろう今日この頃。玄関先にも、クチナシの白とあじさいの紫が映える。ああ6月。このまま涼しい梅雨が続いてくれてもいいぞ。

なっちんは最近買ったワンピースがお気に入り。

Dscf5721_2 Dscf5723_2

さて、カアカ復活の週末。コンクール前レッスンやら忙しい。トトももれなく忙しい。
忙しい合間にどうにか行きたくて、トトのガッコのすぐそばの、淵野辺にやって来たサーカスへ。夜の部を押さえましたgood

Dscf7010 Dscf7011
 

サーカスなんて、子どものときにウッスラと行った記憶があるくらい。いや〜楽しかったですねえ!人間ワザとは思えない曲芸続出。トリは空中ブランコ。2時間あっという間。観られてよかった!なっちん大興奮。でも一番楽しかったのは、ピエロのギャグだったらしいですsmile

2015年6月11日 (木)

痛いんですけど

新聞マンガを描き終わったら、お役目終了かのように痛くなった私のハラ。

ちょっと、痛いんですけど…gawk
3日ばかり倒れた。
まだ痛いぜ、ちきしょう。

何が痛いかって、尾てい骨の奥が痛いんである。歩いても座っても痛む。
ズキズキするし、痛みに伴って貧血もある。買い出しなんか行けなかった。
余談だが、一週間前から親知らずが噴火して、やっと鎮火したばかりなのに、もうず〜〜〜っと鎮痛剤を飲むハメになってしまった。おかげでお腹は壊すし、踏んだり蹴ったりのカアカである。

午前中はずっとベッドに横になってて、レッスン時刻になったら何事もなかったかのように平静を装い、レッスン終わっちゃ〜へろへろになってる始末。
月1以外にも体調が悪くなるなんて、悪化してる証拠だ。悪くなったらあっという間、というのも、この病気の特徴みたいだ。

トトも動じないのがこれまた長年の付き合いである。
「も〜わたしもいよいよ末期だよ」
「そうだな」
で終わりgawk
まさに阿吽の呼吸。フフフ…?

ということで、わたしの長年の宿敵ともお会いするのはあと一回。人生ラストを迎えます。長く苦しい恋と決別する気分よ。

次回、教授から処方される薬にて、どんな副作用が訪れるのか…
まて、次号。
いや〜、願わくは、仕事に支障が出ないほどで勘弁してほしいものよpaper

2015年6月 7日 (日)

遠足マンガ

やっとこさ、遠足新聞とマンガが出来ましたgoodイヤ〜、めっちゃ頑張ったね、わたし!

Img_1284

一週間、漫画家に化けました。以下、クリック拡大で読めるかな?読めるとも!

(スマホの方は、パソコン表示に切り替えて下さい。拡大できま〜す)

ちなみに、内輪ウケです。あしからずthink

Img093_2 Img097

Img098 Img099

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ