« マンモグラフィー | トップページ | ワイシャツ完成 »

2015年6月18日 (木)

ラストな日々

昨日。周期にして21日。たぶんお会いするのは人生ラストになるであろう、長年の宿敵がやって来た。「貴女に会うのが待ちきれない!」という様子でフライングまでして。

ハロ〜paperとドアを開けて入って来るなり、さっきまでパスタ食べて元気に庭を掃いてたカアカはいっきに急降下するdown面白いほどに。まず下腹部に鈍い痛みが訪れ、たちまち眠気に襲われ、脳内の細胞たちが停止し始める。気のせいだと奮い立たせてレッスンを行って、終了のゴングと同時にソファに倒れた。(チ〜ン)酸欠。貧血。サヨウナラ〜である。

当然、料理なんて作れないから実家にお世話になった。母とはありがたいthink食べてる間もろくに喋れず、栄養ドリンクもらってなんとかハンドル握って帰宅。なっちんは、心配して枕元にリカちゃん人形を座らせてくれた(笑)

もうろうとした頭で考える。

あの日、中学生だったあの日。部活動で演劇の稽古をしていた放課後。トイレに行って人生初めて出会ったあの日から、実に43才の今日までお付き合いをさせていただき感無量でございます。中学生だったあの時のわたしに、今のわたしが想像できただろうか?そう思うと、軽〜く走馬灯のように月日の流れが巡った。だから女性の象徴はやはり子宮なのであろうと思ったりする。なっちんが宿った部屋が、捨てないでと言っているのが聞こえてきそうである。しかし負けないぜ!フライングまでしてアピールして来る腐れ縁の恋人に、今こそ別れを告げてやる。君がいなくなったらどうなるだろうか。せいせいするだろうか。人生パラダイスになるだろうか。でももしかしたら、こんなハズじゃなかった的な、別の辛さがやって来るんだろうか。う〜〜〜む、まさに、腐れ縁の恋人と別れ際の悶々とした感じだthink

そんなこんなで、後々のために綴っておかなければならないであろう、カアカの記念すべき最後の舞台に幕が下ろされようとしております。健康だったらなぁ、もう少しお付き合いしてもよかったな。自然に任せることができなかった、コレだけが悔やまれるが仕方がない。男性諸君にはきっとわからなくて、女性一同には深くうなずいてもらえるであろう、記念すべきある一日のブログでした。

一週間後には無理やり更年期障害を迎えるカアカ著。

« マンモグラフィー | トップページ | ワイシャツ完成 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537165/61759640

この記事へのトラックバック一覧です: ラストな日々:

« マンモグラフィー | トップページ | ワイシャツ完成 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ