« 飯能へ | トップページ | ラストな日々 »

2015年6月17日 (水)

マンモグラフィー

乳がん検診で精密検査に送られてから3年。

ようやく無罪放免になり、1年おきの定期検診に行ってきた。
9時半からマンモ、エコー、そして診察。一度で結果がわかるから素晴らしい。マンモグラフィーは、かなり胸が張ってる日だったからわりと覚悟して行った。

マンモの技師さんは、めっちゃサンパな(フレンドリーな)女の人で、逆にこっちが気遣っていろいろ話さなきゃならん、的な雰囲気を持った人であった。わたしとしては、看護士と美容師は寡黙な人であってくれ。と思っちゃったりする。

「はあい、じゃっ、いきますよぉ〜sign02動かないで下さいねぇ?う〜ん、今日のこの感じだと、かなり痛いカモ…。痛いかなっhappy02かわいそうだけど!」
と、テンションあげて気遣ってくれたが、わたしち〜とも痛くも痒くもなかった。

「だいじょぶです。ぜんぜん痛くありません。」
「ええっ!珍しいですね!うわ〜助かるわぁ〜、痛くて、気絶しちゃう人もいるんですよぉ。おっぱいの柔らかさが決め手なんですよ。良かったですねぇ〜!!」

とか、褒められたんだか何なんだかわからないやり取りをして、「そうか、わたしはマンモ痛くないタイプの人間なんだなあ。そういえば前回もまったく痛みナシだったけど、あれは技師さんがうまかったからじゃないんだなあ。」と悟ったカアカでありましたthink

検査っていろいろあるけど、体質ってのは不思議だ。わたしは、手術前のあの60ミリだか100ミリだか注入する、浣腸が苦手だ。苦手だなんてもんじゃない。もれなく血の気が引き、全身汗だくになり、猛烈な吐き気と痛みに襲われて倒れる。でもトトはオレは大丈夫だと言っていた。イヤ、ほんと、人それぞれ。だから今回のマンモの痛みナシには、ちょっとした喜びと発見があった。笑。

Img_1291_2

さて、肝心な乳がん検査の結果は、異常なしshine
自分にお祝い、おひとりさまランチへGo。

Img_1299

しかし、寒川病院に出張の徳田先生、乳腺のエキスパートとあって、いつもながらに絶対の安心感。やっぱ名医ってカンロクがあるんだねぇ。カアカは医師に恵まれてるなあ、と思いつつ、ひとりパスタを平らげましたdelicious

« 飯能へ | トップページ | ラストな日々 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537165/61759781

この記事へのトラックバック一覧です: マンモグラフィー:

« 飯能へ | トップページ | ラストな日々 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ