« 淵野辺サーカス | トップページ | マンモグラフィー »

2015年6月15日 (月)

飯能へ

わたしは男女問わず楽しい友人に恵まれていると思う。

と書くと、友だちが多いみたいに聞こえるかもしれないが、ちょっと違う。学生時代は付き合いが多かったけど、この年になってくるともう誰だって毎日忙しいし、会う友人たちも限られてくる。その数少ない友人たちの、なんとも個性の強いことよ…thinkふと見渡すと、そこのアナタもキミも、一癖あるお方ばかり。人生を謳歌しているというのか。そんな中、1人の友人センパイに会いにはるばる、高速乗っておしゃべりしてまいりましたpaper

いや埼玉飯能、圏央道のおかげで近くなったね!ひとっ走り1時間で着くなんて、昔じゃ考えられなかったよ。予定だとまた今週末に再度倒れるんで、元気なこの週をエンジョイしようじゃないか!

Img_1297 Img_1298

田舎〜のカフェでいただいたランチ、二軒目カフェでいただいた珈琲、ごちそうさまでしたdeliciousうまかったでやんす。

彼女とは何年かぶりに会ったけど、20才の頃から知ってる同門のピアニスト。現在、3人の子どもを抱えて離婚後、バリバリ活躍中。どうやったら子育て真っ最中の3人抱えて舞台復帰できたのか、その自由奔放な生活っぷりも相当あっぱれである。そんでもって、まったくガツガツせず、人を憎まず、相手を和ませるゆる〜いキャラも見事である。

つくづく思うんだけど、単に気が合う以外にも、「コイツ、次に何が口から飛び出してくるんだろう」と思わせられる友人てのは一緒にいてほんとに面白い。わたしはマイペースな人間なので、同じくマイペースに、自分の人生を楽しんでいる人が好きだ。まわりから見たらつら〜い状況にいるような時も、一緒に泣くより笑える間柄が好きである。そして、常識よりは非常識に合点がいく。yahoo!知恵袋。なんかで相談しちゃったら、たいてい非難ゴーゴーで返ってくるだろう事柄なんか、面白くてしょうがない。人生いろいろなんだから、正論などないのだ。と、面白い友人一同を見ていて心から思う。

いや今日は楽しかった。彼女の宝物、アンティークなスタインウェイのたまちゃんも弾かせてくれて、ありがとうshine

« 淵野辺サーカス | トップページ | マンモグラフィー »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537165/61750209

この記事へのトラックバック一覧です: 飯能へ:

« 淵野辺サーカス | トップページ | マンモグラフィー »