« セカンドオピニオンへ | トップページ | 鮎祭り »

2015年7月26日 (日)

厚木青少年音楽コンクール本選

やってまいりました、厚木コンクール本選。

今年は、予選通過ミナミ、本選初挑戦!

Dscf8763

中田喜直作曲
「いもむしとちょうちょう」「夕方のうた」「元気なおどりとしずかなおどり」
を弾きました。

いつもは本番強い彼女、さすがに本選とあってか、やや緊張気味なムードで演奏。
3曲の個性を生かしきれず、アピール力70%くらいのステージでした。惜しい!

舞台とは水ものである。消しゴムで消せない。
「もう一回やらせて!」と何度思ったことか。技術と演技力の一発勝負というところが、フィギュアスケートと似ているなあと思うことがよくある。あのスピン、何万回練習したのだろう。でも、本番はたった一回なのだ。

やはり、舞台というのは、経験だと思う。

悔しい思いをして、次へのステップになる。落ち込んだ後に、次はこうするぞ、と前向きな気持ちが芽生える。100回の練習より、1回の本番なのだ。 何時間も練習したからといって成功するわけでもなく、サクッと練習していても入賞する、それが舞台。それがコンクール。

とまあ、書きましたが、私としてはコンクールで何よりいいのは、頑張ってる仲間と友だちになれることだと思いますconfident

毎年顔を合わせてると、「あ、あの子だ。うまくなったなァ」とか、舞台袖で話したりとか、衣装を着替えて私服姿で思いっきり鬼ごっことかができたりするsmile

「アイツ、ピアノあんなにうまくてすごいのに、フツーの子どもじゃん!」
っという感じで、子ども同士はすぐに仲良しになれます。

お互いに励ましあい、「来年も会おうな!」なんて別れたり。こういうのがいいですねえ〜。

そう、また来年があるのだ。来年は、どのくらい成長しているだろう。

みんな、本当に楽しみである。

« セカンドオピニオンへ | トップページ | 鮎祭り »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537165/61963363

この記事へのトラックバック一覧です: 厚木青少年音楽コンクール本選:

« セカンドオピニオンへ | トップページ | 鮎祭り »