« 子宮腺筋症 腹腔鏡手術、当日の巻 | トップページ | エンジョイ円山動物園 »

2015年8月22日 (土)

術後1日目

次の日。

1時間くらいしか眠れなかったが、意外と元気に朝を迎える。まあ、当日の夜なんてこんなもんだ。

24時間、待ちわびたお水解禁happy02sign03
オナラでさえ、生命の神秘である。大感謝。そして、流動食。味噌汁に感激。うまい。これぞ日本人の心であるshine

朝10時、担当のベテラン看護師と一緒に、いよいよ歩くリハビリ開始foot

麻酔で寝てしまうと、ガクっと体力が落ちてしまう。お腹の痛み止め点滴も切れたが、痛みはそれほどでもなくむしろめまいがキツイ。頭を起こすこと1時間。足を伸ばしてみるのに30分かけて、徐々に慣らしていく。頭がグラつくが、なんとか歩行に成功。帝王切開の比ではない。アレはもう、後陣痛も手伝って、人生一番の痛みだったと思う。

歩きだしたらもう、トントン拍子で回復していく。人間の回復力はすごいup

尿管を外してもらう。午後に点滴が取れる。ゆっくりシャワー浴。もうサッパリ!気分も上がりますshine

午後はトトand友人Xが見舞いに来る。

まだまだ手術は昨日の話、疲れやすいし微熱もあるから、油断ならないんだけど。ココで退院させられる欧米は、できなくもないと思うが、やはりすごいthink

夜、痛み止めも切れた頃、食べ物で腸が動くとめっちゃ痛いことが判明するthunder拷問である。痛いが食べたい…くぅ〜〜。

自らの手術画像も見せられ、あらためて傷の深さを感じるカアカであった。
腸に付着していた癒着の膜を剥がし、子宮をえぐり、卵管もついでに切る。
子宮は壁が厚く、大きくなっていた模様。
卵巣は丁寧に残して、無事終了。
医療電気メスもずいぶん進化したようで、お腹の焼かれっぷりが昔ほど衝撃的ではないのがわかる。
医療の進歩は素晴らしい。

さあ、明日の回復を待つばかりである!good

« 子宮腺筋症 腹腔鏡手術、当日の巻 | トップページ | エンジョイ円山動物園 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537165/62138743

この記事へのトラックバック一覧です: 術後1日目:

« 子宮腺筋症 腹腔鏡手術、当日の巻 | トップページ | エンジョイ円山動物園 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ