« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

あさきゆめみし

今日の一大仕事rock初めて掃除機をかけてみる!

ところがどっこい、こういう時に限って、目詰まりをおこす。解体して掃除するハメに…gawk 詰まってたホコリを落とし、ついでに風呂洗いもした。で、できるじゃないか!ぜーぜーはーはーdash 子宮が痛いぜ…(←無いのに。)下腹部のシクシクした痛みよ、早う去れpaper

次の行動に移る時、椅子から立ち上がる時など、よっこらしょ感が拭えないカアカthunder ピンポーンと鳴る玄関のベルは、セールスばっかで無視しているのだが、今日は嬉しい訪問がsign01

ゆう君ママ、花束なんて持ってきてくれました。嬉しいheart04部屋中に飾ったよ。ありがとう〜!happy02

Img_1612

Img_1613_2

週末にも実家母の仲良しおばさまから、たくさん美味しい果物をいただく。紀美子さま、ありがとう〜!

午後はグッドタイミングで届いたマンガを読みふける。

Img_1614

あさきゆめみし!

懐かしい〜と思う方いらっしゃるんではないでしょうか?catface
カアカ、高校時代、授業中にコソコソ読んでいた作品。源氏物語に忠実に描かれていて、そりゃもう面白い!昔の本なのに、すっごく綺麗shine な状態で梱包されてきました。感激!

こうして今、読み返してみると、平安時代って面白いなあ〜、と感心させられるthink 人間の自然な性におもむくままに生きていたというのか。今よりずっと、寿命が短かったせいでもあるのだろう。面白い。内容ややこしいから、読むのにちょっと時間がかかるけど、ヒマ〜なカアカにはうってつけである。興味のある方は、ぜひとも読んで下され!smile

2015年8月30日 (日)

まったり日曜日

今日は朝からだいぶ回復の手ごたえを感じたカアカgood

何が?って、たぶん、めまいが軽くなってきたのだ。よしよしいい調子!happy02引き出しにしまっていた、手帳やらメモやらを引っ張り出してきて、来月に向けて予定も整頓できた。札幌帰省の領収書も、家計簿記載完了。脳みそが、だんだんと回転してきて嬉しいshineしかし眠いな。身体が、寝ろと言っているのがわかる。

午後は、もう、トトもなっちんも一緒にずっ〜〜と昼寝sleepy
このエンドレスの眠さ!
風邪ひいた時も人間、眠くなるけど、身体ん中いじられた時も同んなじである。寝て寝て治すようにできてるんだなあ。治癒力ってのはすごい。

ウトウトしている時、懐かしいブリュッセルの夢を見たconfident
一緒に住んでいた大家さん一家や、郊外の広い草原の中に住む、フランス語のおばあちゃん先生の夢。私にとって、師匠よりも懐かしい人たち。みんなどうしているだろう。逢いたい。夢の中で、一生懸命ランデブーを取っていた。

なっちんも大きくなってきたことだし、もう体調を気にして旅行しなくてもよくなるし、元気になったらまた遊びに行きたい。

なっちんも行ってみたいと言っている、カアカの暮らした「ボンジュールのお国」へsun

2015年8月29日 (土)

退院後の週末

退院後、はじめての土曜日。

今朝、手術前に落としていたペディキュアを塗ってみたshine ちょっと腹の傷口が痛むが、塗れる。嬉しいheart04 出歩けるようになったら、小さくなった指輪も新調しに行ってみようup

昨日からだいぶ腸の動いた時の痛みは減り、その代わりに、潜んでいた奥の痛みが現れてきた。子宮をえぐったとこの痛みである。立つと、ズキューン!thunder となる。なんていうの?血液が、一気に流れ込む感じ。けっこう不快だ。体力は、少しずつ戻ってきているが、まだまだ先は長そう。洗濯物が干せて、やったー!happy01 とか喜んでるレベルだ。

術後1週間て、こんなもんかなあ。前もこんなだったかなあ。それとも、やっぱり臓器がなくなるのって、かなりの負担なのかなあ。
レッスン再開、果たして予定通りできるのだろうか…
と、せっかちで虚ジャッキーなカアカは不安になってくるdespair

3、4時間ばかし集中してレッスンするの、普段ならなんてことないが、こうなるとね。
ほんとに、手術なんて若けりゃ若いほどいいと思うよ。
と、弱気にもなるカアカ土曜日。

そんなこんなしているうちに午後になった。
トトとなっちんは、夜までお出かけ。カアカ、ナイスタイミングで届いた本にかじりつく。

ひとつは、漫画家、得能さんが描く「子宮、応答せよ。」
もうひとつは、カアカの崇拝するセカンドオピニオンの大川先生著「愛せない理由」

得能さんは、おっきい子宮筋腫のために子宮全摘をされたんだけど、そのいきさつ、心の移り変わり、まさに共感できることばかりで、泣き笑いながら、楽しませていただきましたweep smile

子宮をとることについての想い。手術台にのぼっても、泣いている患者さんもいるという。わかるな。カアカだって、今となってはサッパリよ!などと言いつつも、ふとした瞬間に、嗚呼、私のハラの中にはもう、子宮がないのか?スッポリ空洞なのか?もう、絶対に、赤ちゃんはやって来ないんだなあ…と、寂しいような、不思議な想いが訪れる。これはきっと、この先も続くんだろう。なんとも、子宮とは無意識に、思い入れの強いモノである。

彼女の漫画を読んで、子宮とお別れするのは、恋人に別れを告げられた時の想いと似ていると描かれていたのも、全く共感できた。すごく具体的に描かれた本で、悩んでいる女性にはお勧めです。カアカもこのたびの手術についてマンガでも描くか〜と思ったが、いやいや、秋になればそれどころではないほど忙しくなるのだよ、と考え直しているところであるthink

ダラダラと寝ていたら夕方になって、椅子にまともに座れるようになってきていることが判明flairブログの更新だって、この方が楽である。でも、すぐに疲れちゃうけどね。

身体を休めるってことは、回復への何よりの近道なんだなあ。

と、身をもって知るカアカでありました。とりあえず寝よう!

2015年8月28日 (金)

術後1週間

今日で術後1週間が過ぎた。

身体の具合はというと、まず、寝ても寝ても眠いsleepyこれには、動きたがりのカアカもたまらず、もう昼寝するしかない。

痛み止めは、今朝から飲むのをぼちぼちやめてみた。腸の痛みが少々落ち着いてきたし、昨夜まで大暴れしていたオナラも緩和されてきた模様。

少し動くと、身体が「休みなされ」と言ってくる。ダルい。横になりたいなあ〜、って感じgawk腹腔鏡で開けた、お腹の傷口がちょっと痒くなってくる。ヘソは血だらけでかなり痛々しいのに、最初っからほとんど痛みはナシ。たぶん、内臓の痛みの方が勝っているからだろう。人間って、うまくできているcatface

なっちんは、お友達のママに良くしてもらい、一緒にプールへ連れてっていただいた。感謝!おかげでカアカはゆっくり寝られました。朝は7時に起きたけど、昼前から2時間くらい、ずっと寝ていた。それでも、まだまだ眠い。これも身体の、治ろうとする力なんだろうと思う。

明日の予定が、寝ること以外ないというのもけっこういいもんである。あ〜、明日もゆっくり養生できるんだという安堵感!たまにはいい。

ヒマなので、同じような摘出手術をした人たちのブログを読んだりしているんだけど、子宮を失くした喪失感がある人は、手術までの日数が浅い方が多いように思った。

カアカは今、痛みはあれど、喜びに溢れているsun

この半年、散々考えて考えて、悩んだからだ。いや、基本的に楽天的なもんで、きっとそこまで落ち込んだ訳ではあるまいが…coldsweats01それでも、私なりにいろいろ考えた。だからこそ、こんなにサッパリした気持ちになれたんだと思う。

もう、これからは、あのしんどい生理痛がないのだと思うとsign03

この先、もうあの痛みやら、貧血やら、まわりのみんなにメイワクかけることもなくなるのかと思うとsign03

やったーsign03やったーsign03
今までよく頑張った!
10代の頃から、よく闘った。
バンザイ三唱であるsign03

もう、レッスンも毎月休みを入れなくてもすむ。
本番だって、旅行だって、危ない橋を渡らなくてもいいんだshine

喪失感?
あんなに悩んでいたのに、嬉しさパワーに跳ね飛ばされて、何だか不思議なくらいである。

子宮がなくたって、オンナはオンナであるkissmark
それにまだカアカには、幸いなことに、卵巣が残されている。

これからはまた、美容に燃えよう!そんで10才は若返るのじゃ〜〜!smile

そんな決意あらたな、おめでたい、術後1週間のカアカ43才でありました。

2015年8月27日 (木)

帰宅2日目

ああ、我が家の寝室はなんて開放的で気持ちがいいんだsunhappy02

狭くて風も通らない病室のベッドで、何度か自宅を想い焦がれていたけれど、風通しの良い我が家は最高である。3階で昼寝する幸せsleepy

朝起きたら今日もまたトトが洗濯物を干してくれていた。感謝confident

我が家の普段の家事分担は、料理以外はほぼカアカだが、このヒトは頼んでもいないのに私ができないことはササッとやってのける気の利くオトコである。ここぞという時に、それは絶対的な信頼感をもって発揮される。普段はクールだけど、できないと察した時の気の利きようは、ハンパではない。年老いたらぜひ、私の方が先に介護してもらいたい人材であるpaper

今日の体調は、昨日より良い。一晩寝るごとに回復していくようであるup今朝は、朝ごはん食べてから1度ソファで休まずに、そのまま片付けに入れた。よっしゃgoodしかしまあ、そこでいったん力尽きる。

腸の動きは依然として活発で、モーレツにボコボコ走り回っているtyphoon臓器のなくなったところに移動中で、収まりがいいように検討中なのか、はたまた覆われていた癒着がなくなって喜んでいるのか、お腹をいじられてびっくりしているのか、手術で使ったガスがたまっているのか。とにかく普段とは全然違う。オナラもウ◯チも何度も出たがるし、だけどうまく腹筋に力を入れられなくて、けっこう出すのは難しい。身体にメス入れるって、臓器たちにとっちゃあ、もう元に戻すべく必死なんだろうなと思う。

なっちんは、久々にご学友の家にお土産渡すハシゴをして、ちょこっと遊んで帰宅。楽しかったが、暑かったらしい。そりゃ〜札幌とは違うからね。これから運動会の練習も始まるし、大変でありますrock

ご飯は今日も実家で世話になる。母の餃子はうまいdelicious昼は天ぷら、夜は餃子と張り切らせたもんだから、あまり疲れて倒れないようにしてもらわないと。

術後6日目の今日は、とにかく腸の動きがすごいのと、それに合わせて出るオナラとの闘いと(そりゃもう、5分おきに出る感じ)眠気。

そんな具合でありました。

明日はどうなるんだろう。
毎日が、新しい身体との出会いですshine

2015年8月26日 (水)

帰宅1日目

朝起きたら自宅で、あ〜、帰ってきたんだなあ〜と実感した今日confident

なっちんは、毎年だが札幌恋しい病にかかり、ジジババに電話する〜と言って泣くweep

トトは今日から忙しく、ブルー全開で仕事へdespair

カアカ、ついつい家事がやりたくなり、というか、フツーに食器の片付けとかしたいし、でもちょっと動くとすぐに息が上がるし腹も痛い。

なっちんの靴洗おうとしても、
風呂洗おうとしても、
洗濯しようとしても、
家事のハシゴができんsign03

すぐ、フラーっとなる。くそっ!
あらためて、臓器を取るってことは、身体に負担がかかるんだと思い知らされる。

ま、当たり前か。
欲張らずに、少しずつ前に進もう。

家にいると動きたくなるので、実家に避難。
運転は、まだできない。

母の手料理に感謝である。

寝ていながらのブログ更新やら、作業ならなんとかできるが、立ってor座りながらの仕事がサッパリできん。
歩いたり階段のぼったりは、割とできる。

まだ手術から1週間も経たないもんなあ、せっかちなカアカは頭の中だけが動きたがって仕方ない。

慌てない慌てない。
一休み一休み。

2015年8月25日 (火)

退院

術後4日目。

ひと昔前と違って、1日早い退院である。大丈夫なのか?gawkと心配だったけど、医療は確実に進歩している。身体の回復が早いshine10年前の手術の時は、腹ん中焼かれた感が強く、いつまでも引きつれていたけど、今回はそれがない。腸の痛みと、めまいと疲れやすさのみである。すごいなあconfident

いざ終わってみれば、痛みが遠のくと同時に嬉しさでいっぱいになり、いろいろ選択肢があるだけに悩みに悩んでみたけど、とことん悔いなく考えた分、今はサッパリして清々しいsun

もうこれであの激痛ともオサラバよsign03コンニチハ、わたしの健康paper
今までお役目ありがとう、私の子宮よ、なっちんを育ててくれてありがとう。感謝heart01

ってな心境good

毎月浮き沈みなく、仕事もできるし遊びにも行ける。昔っから悩まされていた婦人科は、ゴッド森田いわく、

「卒業です!up

それが本当なら。う、嬉しいっ…!happy02

まだ外を歩ける人から見ちゃ、私なんて病人だけど、日に日に少しずつ回復していくのがわかる。すごいなあ、人間って。すごいなあ、医学って。

先生に説明をされて驚いたのであるが、カアカには子宮がなくなっても「生理」はあると言う。なぜなら医療に携わる人間に言わせると、ちまたで言われる「生理」とは「月経血」のことであり、医学的には、「生理」とは、「排卵周期があること」。そしてそれは、閉経するまで続く。

だからカアカは卵巣は残したため排卵は行なわれ、「生理」はまだ終わらないことになる。オンナが続くってことかしらlovelyheart01出血がなくなる分、健康になるだけで、生理はあるよと聞くと、なんか嬉しいような、気がぬけないような、複雑な心境。ホントに女性というのは、ホルモンに支配された複雑な生き物だと思うthink

さてなっちんは無事に搭乗し、トトは予定通り、羽田へ向かった。
ほぼ定刻に到着!おかえりなさい!
久々の親子再会shine

Image

Image_2

ムリ言って午後退院にしてもらい、会計上がってくる1時半まで待って、エントランスまで看護師さんにお見送りしてもらって病院を後にした。

外に出たら涼しくてびっくりである。24℃くらいかな。札幌帰りのなっちんも、カアカも助かった〜。トトの運転により、環八を抜けて東京インターから30分。あっという間に着いた我が家はやっぱりサイコーhappy01

ただし家に着くといろいろ家事をやりたくなってしまうのが女のサガというもの。休み休み荷物を片付け、やらんでよろしいと言われても動いていたら、ヨロヨロとソファに倒れてしまったsad

まだまだ、活動的なわたしに戻れるのには時間がかかるらしい。
暑いんだか寒いんだか、よくわからぬタイミングで訪れるホットフラッシュ(カーッとなってシュワ〜っimpact)とも付き合いながら、ぼちぼち動いて行こうと思います。

おやすみなさいsleepy

2015年8月24日 (月)

術後3日目

術後3日目。

喉の調子はだいぶ治ってくる。お腹はまだボコボコして痛むが、がんばってこの仕打ちから立ち直ろうとしてもがいている感じ。朝6時から、お通じ無事出て、調子が完全ではないものの、わたしの日頃の快便の意地を感じるthink今日は5回は行った。すっごいね!good

トトは昨日1日グウタラとゆっくり休んで、今日から出勤した模様。
カアカ明日退院予定であるが、まだベッドを離れると疲れるし、めまい続行中typhoonなんで、シャバの世界に馴染めるかは不安。でもきっと、徐々に慣れていくんだろう。人間の回復力はすごいup

ここの病室は婦人科だけど、半分がカアカと同じような手術の人たち、もう半分が、たぶんおそらくけっこう深刻な患者であると思う。よって明暗がはっきり分かれていて、彼女たちはなかなか目を合わせてくれないdown婦人科オペ組は、今日が手術の方が3名。数日前の私を見るようで、まさに病院の流れ作業的なものを感じさせられる。昨日までピンピンしてた彼女たちが、手術を終えて別人のようになって戻ってくる姿を見て、いたたまれない。がんばれsign03と応援する気持ちである。

ヒマな午後をゴロゴロと過ごしていると、ゴッド森田教授の回診。
「ど〜お?」
と、のんきなお顔を見せてくれる。
お腹がボコボコ、痛いです〜と訴えると、
「そりゃ〜そうだよぉ、浣腸免除にするくらい、腸の動きがいい人なんだから術後は痛いよ〜。良いことです!」
とおっしゃって、さっそうと帰って行かれた。
めまいがあることについては、えぇ〜?なんでめまい?ま、一か月検診の時にまたね!
と言うことで完paper

ヒマな午後は続き、しかし友人たちが入れ替わり立ち替わり、LINEやメールを送ってくれたおかげで退屈することなく、夕飯の時間を迎えられた。ありがとう。ホント感謝heart04みんな、ブログやら何やらで嗅ぎつけて(笑)心配して送ってきてくれる。

しかし、一人で療養できるということがこんなにヒマ…いや、楽なことであるとは、あらためて感謝。

帝王切開の時は、痛むのに授乳せねばならず、当然なのだがかなりしんどくて、産後ウツになった。

明日は退院shine
今回協力して下さった皆さまに、心からお礼を申し上げます。

本当にどうもありがとうhappy01sign03

2015年8月23日 (日)

術後2日目

術後2日目。

昨夜はようやくあらゆる管から解放され爆睡して、朝6時起床sunまだお腹は痛むが、快適な目覚めである。早速、夕方のシャワー予約を済ませる。

熱は下がってきたが、やはり器官に管を通したせいで、痰がひどくなってきたsadカアカはもともと咳喘息持ちなので、ちょっと危ない気配を感じ、呼吸器の薬を持参しなかったことを後悔。トトは今日はゆっくりさせてあげたかったし、ジジにわざわざ持って来させるのも悪いので、病院にきいてみると、なんと処方してもらえることになった。ありがたや。普通は、婦人科以外の処方は難しいのに、先生ナイスである。吸入したらかなり楽になったdash

お腹の痛みは、食事前にあらかじめ薬を飲んでおくと、腸の激痛が緩和されることがわかり、服用。朝食無事に食べられて感激。助かった。だけど腸の活動に息が切れる。休み休みでないと食えん…。

今日からは1人の時間でゆっくりするため、生徒たちにも連絡を取る。みんな、応援ありがとう!中には私と同じ日に元気な男の子を出産したお母様もいらっしゃってsign03おめでとうございます!happy01heart04

午後になると、体調が下り坂になる。お腹が張って苦しくて、息が切れる。
そう思っていたら、急にトイレに行きたくなり、祝bell術後ようやく開通。やった!腹筋に力を入れられなくて、ビビっていたのである。こうなるともう、普段のあれこれが全て、生命の神秘に思えてくる。神様ありがとうshine

夕方シャワーを浴びて、夕食。1日があっという間だ。特にやる事はないのに、1日を過ごすことだけで身体がしんどいから、身体とマジメに向き合うだけで、時間の流れが早く思える。

術後初めての普通米は美味しい!happy02
美味いが、やはり食べるのはひと苦労である。もうろうとしながら食べる感じ。痛いしキツイthunder頭がぐわんぐわんするtyphoonカアカは生理痛で、こういった類は慣れているけど、たぶん普通の人が体験したらまともに食えないと思う。それでも完食する私はエライ。だって、腹が減っているのだ〜sign03これじゃ当分、痩せないな…gawk

食べ終わってまだ7時。
病院の、ヒマな夜は続く。

早くめまいとお腹が治りますように。

エンジョイ円山動物園

なつ姫、石飛び連休で、あちこち連れてってもらっております!
日曜日は、トト姉夫妻、ヒロさん華ちゃんと、円山動物園happy01

Image_3

Image_4

美女華ちゃん。追いかけるヒロさんゴリラ、逃げるなっちんsmile

Image_5

Image_6

Image_7

Image_8

まっ白ふわふわなぬいぐるみも買ってもらっちゃったらしい。
そりゃもう、大満足だったに違いないconfident
ガッツリ遊んでもらって、ありがとうsign03

最後に、一度やろうとして熱出してできなかった花火
リベンジup

Image_9

なっちんはカアカの退院日に、アテンダントさんに付き添われて、1人で札幌から帰宅します。
しばし両親と離れて心細い思いもしているんだろうけど、大好きなジジババや、札幌の家族みんなに囲まれて良かったheart04本当にお世話になりました。カアカは安心して、療養できます。

ありがとうshine

2015年8月22日 (土)

術後1日目

次の日。

1時間くらいしか眠れなかったが、意外と元気に朝を迎える。まあ、当日の夜なんてこんなもんだ。

24時間、待ちわびたお水解禁happy02sign03
オナラでさえ、生命の神秘である。大感謝。そして、流動食。味噌汁に感激。うまい。これぞ日本人の心であるshine

朝10時、担当のベテラン看護師と一緒に、いよいよ歩くリハビリ開始foot

麻酔で寝てしまうと、ガクっと体力が落ちてしまう。お腹の痛み止め点滴も切れたが、痛みはそれほどでもなくむしろめまいがキツイ。頭を起こすこと1時間。足を伸ばしてみるのに30分かけて、徐々に慣らしていく。頭がグラつくが、なんとか歩行に成功。帝王切開の比ではない。アレはもう、後陣痛も手伝って、人生一番の痛みだったと思う。

歩きだしたらもう、トントン拍子で回復していく。人間の回復力はすごいup

尿管を外してもらう。午後に点滴が取れる。ゆっくりシャワー浴。もうサッパリ!気分も上がりますshine

午後はトトand友人Xが見舞いに来る。

まだまだ手術は昨日の話、疲れやすいし微熱もあるから、油断ならないんだけど。ココで退院させられる欧米は、できなくもないと思うが、やはりすごいthink

夜、痛み止めも切れた頃、食べ物で腸が動くとめっちゃ痛いことが判明するthunder拷問である。痛いが食べたい…くぅ〜〜。

自らの手術画像も見せられ、あらためて傷の深さを感じるカアカであった。
腸に付着していた癒着の膜を剥がし、子宮をえぐり、卵管もついでに切る。
子宮は壁が厚く、大きくなっていた模様。
卵巣は丁寧に残して、無事終了。
医療電気メスもずいぶん進化したようで、お腹の焼かれっぷりが昔ほど衝撃的ではないのがわかる。
医療の進歩は素晴らしい。

さあ、明日の回復を待つばかりである!good

2015年8月21日 (金)

子宮腺筋症 腹腔鏡手術、当日の巻

オペ室へ!いざ、決戦の時bearing

朝8時5分入室。まずはお決まりの記念撮影。トトに撮ってもらってパチリ。ゴッドハンド森田教授と、イケメン高橋先生とで両手に花のわたし。ゴッド森田、普通はお出迎えしてくれないのだそうだけど、カアカのオペ時には何故か過去3回ともいらっしゃっていただけた。感激happy02

Image

いよいよトトの手を握って一時のお別れをし、断頭台へ。カアカ妹の幼なじみ、ナースマヤちゃん(オペ担当)の依頼のもと、続々と頼もしいチームが集まってくれる。予定している10:30終了を目指し、手際よく事が進められていく。ただ今回は、麻酔点滴担当の彼だけが研修医だったため、なかなか針が刺さらない。失敗。また失敗down

見兼ねた先輩が、「どれどれ、では中ボスがやってみますよ?おおっ、奇蹟的に入りました!」とか、芝居がかったことをやってくれて助かった。手術の点滴針は太く、カアカの血管は細いので難しいのであるthink

今回の全身麻酔はマヤちゃんいわく、カアカの要望に合わせて細心の注意を払ってくれた作品らしい。吐き気が出ないよう、静脈麻酔と組み合わせてどうのこうの、と説明してくれた。その代わり、麻酔にかかる瞬間は気分のいいものではなかった。前回はスウーっと気持ちよくフェイドアウトしてったのに、今回はぐらんぐらん揺れて落ちてった感じ。そして、次の瞬間…目覚めた時も、最悪な気分であった。

名前を呼ばれて、目が覚めなきゃ良かったと後悔。覚めなきゃ困るんだけど。

もう、身体はガクガク震えてるし、腹は痛いし膀胱は刺激されてるし、車酔いのようにやや気持ちも悪い。トトが居たような気がしたが、ほとんど記憶のないままに病室へ。それからしばらく、寒くもない震えとの闘いである。すかさずボルタレン座薬。これで少し、腹痛と尿意は遠のく。全身麻酔をやったことのない皆様、寝ている間に終わっちゃうと思ったら大間違いである。寝ていたツケは必ずやまわってくるのだ。このたび、手厚い看護により吐き気こそ少なかったので助かったが、麻薬の怖さをあらためて感じさせられた一コマでありました。あ〜疲れたgawk

午後になって、我が父が現れる。

Image_2

まだバリバリ、酸素マスクが外されていない時だったので、開口一番、
「あ〜、こりゃ、まだメールに返信できないわけだ!あれ?あんまり痩せてないねえ?」
と、本気ですっとぼけたセリフを吐く。何か言い返したかったが、体力がない。残念である。トトとしばし、雑談して帰って行った。

そのあと酸素マスクを外してからは、震えも止まり、だんだん痛みも和らいでくる。ひと昔前とは違った感覚。ベッドで腰が浮かせられるなんてすごい!痛み止めも進化したもんだ。

今夜は、絶飲絶食。
点滴と尿管に支配されながら、眠れない一夜を過ごすカアカであった…。

明日へ続くup

なっちん札幌にて。

さて、なっちんは、カアカ入院中は札幌に残り、エンジョイしているご様子です。

ぶんちゃんゆりゆり夫妻と共に、念願の遊園地へ!
まずはずっと行きたがってた、お化け屋敷。
化け物好きのなっちんにとって、これ以上満喫できるところはない。
大興奮だったようでsmile

Image_5

岩見沢のグリーンランド、もう北海道は新学期が始まったのでガラすきらしい。

Image_8

Image_9

大好きなぶんちゃんと、ラブラブですheart04

Image_11

Image_13

初ジェットコースター、楽しくって3回も乗ったらしい。
お次はトト姉夫妻にも動物園に連れて行ってもらう約束になっていて、風邪も治ったなつ姫はご機嫌ですhappy01

札幌の皆さま、本当にありがとうsign03happy02

2015年8月20日 (木)

入院

さて、いよいよ入院の日となった。

今日はあいにくの雨で、こんな日に荷物抱えて移動は困ったなあと思いきや、マブダチえみ姫が、自ら荷物持ちを申し出てくれて感激である。病院にムリ言って入院を昼ごはん後1時にしてもらい、ペラペラとお喋り。だって今回は3度目の入院。午前中に入ったって、ヒマ極まりないことはわかっちゃってるのである。

入院手続きを済ませ、9階の婦人科病棟へ。前回は2回とも、8階の産婦人科病棟だったから、ここは初めてだ。ちょい残念。それに、大部屋でみんながカーテン締め切ってるのも残念。昔はワイワイ仲良くなったのに、誰が隣にいるんだかサッパリわからなくて気持ち悪い。まあ、私みたいなヤツの方が珍しいんだろうけれど。

Image_4

えみ姫とお喋りしたり、荷物整理したりしてるうちに、入院病棟の説明会みたいなのに呼ばれる。それに続いて、看護師からの、明日の手術説明。回診医からの挨拶。

この回診医が、イケメンでちょっとしたウワサの素敵な感じの先生であった。ナイス。更に引き続き、カアカ妹幼なじみ看護師マヤちゃんが顔を出してくれて、ベッド周りは常に賑やかであった。

トトも順調に、千歳から羽田到着。この病院と空港は近いので、今夜はホテル泊。一度顔を見せて、えみ姫としばし盛り上がり、夕食前には引き上げて行った。ここで初めて1人になる私。しかしあちこちからメッセージが届き、返信やら通信やらで、感傷に浸るヒマもなかった。手術の緊張感がまぎれて、友情に感謝である。

現在、9時。消灯時刻。

病棟のテーマソングは、10年前と変わらなくてオドロキである。

これから2本の経口補水液を飲まされるカアカ(こんなに飲めるかい)浣腸はめでたくナシ!

さあ、明日8時5分入室、私の身体の大改革。がんばってまいります。


2015年8月17日 (月)

金寿司さん

なっちんのお熱もようやく平熱に戻り元気一杯、トトとカアカは実家の裏にある、美味しい金寿司さんへdelicious

Dscf0136_2 Dscf0147

今回、なんといっても美味しかったのはアナゴ!shineふっくらして絶品でした。わさびがまた、全然辛くなくって美味!

Dscf0146

ウニ食べ比べもよかった。むらさきウニ(右)と、蝦夷バフンウニ(左)
どっちが美味しかったかって、蝦夷でしょう〜〜。

大将、毎回手を替え品を替え、楽しませてくれます。大満足。

Dscf0154 Dscf0150

Dscf0148

それから、円山公園近くの一軒家カフェ、森彦へ。
毎年トトが来たかったけど、混んでてなかなか入れなかったお店。
雰囲気すてきなところでしたが、ちと暑かった。
うちら的には、もう少し風の流れる開放的なカフェの方が好きである。

明日はカアカ、羽田に戻るので札幌ラストであります。
一日なっちんを預かってくださり、デートさせてもらってありがとう、お父様、お母様lovely大変お世話になりました。
トトはあと2日ばかり、なっちんは1週間ばかり続きますが、どうか無事うまくいきますように、楽しかった札幌を想いながら、わたしは一仕事に向かわせていただきます。

みんなありがとう。そしてまた来年sign03happy01paper

2015年8月15日 (土)

金婚式

さてさて、喜茂別からの旅も無事終了し、今日は大宴会shinerestaurant

札幌ジジババ結婚50周年祝い、金婚式兼ねてのパーティー、いってみよ〜sign03

Dscf9904 Dscf9903

おとうさん、おかあさん、オメデトウ〜〜happy02heart04

Img_0043_2Dscf0024

竜宮城のごとき、ごちそうの数々。トトもリクエストにお応えして、鴨を焼きましたdelicious

Dscf9919Img_0044_2

サプライズsign03
おとうさんおかあさんの連弾&独奏notesshine
ピアニストジジ、初めてカアカの前でその腕前を披露してくれました、
感激〜〜〜happy02
おかあさん、人生初の連弾confident 特訓の成果です!

ワタシも感激sign03

Dscf0020 Dscf0010

なっちんは、はしゃぎすぎて急に熱を出しました。早く治れ!!

Dscf0032 Dscf0040

子どもたちが眠った後も、宴会は続きます…。

2015年8月13日 (木)

あべっちの畑と、雪月花廊

札幌からちょっくら1時間半ばかり。田舎町の、喜茂別へ!

去年はなっちんが体調崩してお邪魔できなかった、我が高校時代友人あべっちの畑。

まずは腹ごしらえ。札幌でスープカレーを食してから向かう。

Dscf9555_2 Dscf9557

soul storeのカレー。1時間も並んだ。うまいよ!

Img_0042_11

それから。トトが見逃すはずがなく、八剣山ワイナリーへ寄り道。この辺りからめっちゃ涼しくなってまいります!23℃くらい。

Dscf9569

さて〜、見えてまいりましたのは、あべっちの畑!赤い屋根と、メロンスムージーの看板が飛び込んでくる。

Dscf9718

The、3年ぶりの再会sign03
なっちん同い年のゆ〜りちゃんとも、5才だったからぜ〜んぜん覚えとらんが再会!

Img_0037_5 Img_0038

Img_0036 Img_0041

一杯300円のメロンスムージーを、ごちになりました。うまいっdelicious
倉庫でやるバーベキューの美味しいこと。
野菜もお肉も、パンにチーズも、あべっちのところでいただくのはほとんど手作りが絡み、絶品なのである。ラクレットのせたパン、うまぁ〜!

Img_0039 Img_0040

↑高校時代の寄せ書きTシャツが出てきたよというから見せてもらった。
オマエの字も発見したぞというんで、見たけどなかなかわからない。
もしや、「らくちゃん愛してる♡あきより」
これか?!coldsweats01
そういや、文化祭で一緒に主役組をやって…あべっちが台本を書いて…
体育祭じゃ〜応援団で、一緒にペア組んで踊り…私が、衣装まで縫ってやったとか。だんだん思い出してきたぞ!

畑の隣には、こちら、雪月花廊という、変わった宿泊所がありまして。
旧小学校を改造したキャンプ場になっております。なんでも昔、びっくりドンキーの内装を手がけたご主人がやっているとか。
わたしたちは、教室に布団敷いていただきました!おいし〜い朝食600円。宿泊代は、1人1500円。
面白かったのは、ここのご夫婦の呼び名も「トトさん、カカさん」だったこと。自己紹介を受けたときに、思わず盛り上がりましたsmile

Dscf9708
Dscf9597

平屋の廊下をキックボードで走り回れます。なっちん大興奮。

Img_0035

体育館で遊べます。小さな図書室には、本がいっぱい。家族風呂にも入れます。
ライダーのおっさんたちや、子どもたちでにぎわうアットホームな雰囲気。

Dscf9581 Dscf9583

そしてバーベキューも宴たけなわ、子どもたちはすっかり仲良くなり、スイカ割りに、花火にと興じる。昔の同級生が北海道に移住し、同い年の子どもができるなんて、あの時の我らに想像がついたでしょうか?人生って不思議である。
そういやあべっち、「北の国から89'同級生」を演じて、「オレはぜったい北海道へ行って店をやるんだ!」と言ってたことを実現したオトコ。本人は覚えてないようですけどsmile

Dscf9619 Dscf9625

Dscf9643

今回の帰省は、わたしにとってちょっといつもとは違う。
楽しくて日常を忘れることに変わりはないが、ややプロジェクトみたいな心持ちである。
体調もいつも通りではなく、常にめまいとホットフラッシュとの隣り合わせ。
一足先に帰り、退院日に合わせて無事なっちんが帰宅するその日まで、計画通りうまくいくようにと、ピタゴラスイッチの仕掛けを組み立てている気分である。

何はともあれ、今日も楽しい楽しい一日でありましたshine
ありがとう、あべっちに奥様!

2015年8月12日 (水)

札幌へ

さて、始まりました!今年の札幌帰省。

猛暑の関東を後にし、25℃の世界へ〜。涼っし〜happy02sign03
今朝は、札幌ジジの蕎麦打ちを教わるべく、若旦那がんばります。

Dscf9456 Dscf9457

初めてのわりに手つきがいいぞとお誉めにあずかりましたsmile

Dscf9463

だいぶコツがわかってきたトト。

Dscf9464 Dscf9467

Img_0034

出来上がり〜!shineうまい!delicious

それから。札幌の朝は早いのです。なっちん興奮のあまり、4時起き。
蕎麦打ってから、お墓参りへ。

Dscf9473

さて、そして午後は!
初日っから飛ばしてくよ〜、恒例、夫婦水入らずのフレンチだぜheart04
今年は、ル•ミュゼへ。前から気になってたお店。

Img_0027

カンパ〜イwine

Dscf9489 Dscf9493

こちらは、目の前で仕上げていただく、ハーブのコンソメスープ。
メニューは「森の洗礼」から始まって、実にアートでユニーク。器もいちいち凝っています。キノコ仕立ての一口前菜も面白い。

Dscf9491

クルミパンと、バターも絶品。

Dscf9503 Dscf9504

ミュゼサラダ。↓色とりどりのハーブを使って、これがメインかと思わされるほどゴージャス。量的にも、うちらにピッタリで最後まで美味しくいただけました。
鯛と豚も焼き加減サイコウ!

だいたい、フレンチっていうと、魚か肉かを選ぶでしょ?
でもここは、両方出てくるか、両方ナシか(ベジタリアンか)しか選べない。思い切ったメニューである。だけどその理由が、食べてみるとわかる。ちょこっとずつ、ぜんぶ召し上がれ、ということなのだ。バジルトマト仕立ての鯛ポワレから、わさび醤油の豚肉に移行する時の味わいは素晴らしかった。

Dscf9506 Dscf9509

Dscf9511

さあ、デセールもアートなマジックです。
スイカボールに入れたジュースに、かきまぜまぜ…。グラニテの出来上がり!ワンダフォー!接客のお兄ちゃんの会話っぷりを含め、大満足のフレンチでございました。今のところ、札幌ナンバーワンsmile

Img_0028 Img_0031

ただいま〜!
って、帰ってきたら、また宴会だった…(笑)
 
Img_0032 Img_0033
竜宮城は続く!

2015年8月 9日 (日)

誕生会

今日は我らが友人ピアニスト、えみ姫の誕生パーティーbirthday

春の伊豆旅行メンバーが集結して、カアカの入院前見送り会をかねて、今年も夏の宴会が繰り広げられましたsmilerestaurant

えみ姫が買ってくれた、金ちゃんのお友達、おとひめさん。綺麗な金色である。もっか、金魚に夢中の我が家。

Img_1411

Dscf9265_2Img_1412

さて、いってみよ〜!豪華絢爛なディナーの数々。すべて午前中にカアカとシェフが買い出していったん解散、午後はBBQ帰りの酔っぱらいを含め、わらわらと集合。

Dscf9215_2 Dscf9297_2

Dscf9298 Dscf9299

Dscf9300 Dscf9313

撮りきれなかったの、ありますが、今回も素晴らしい出来映えの友人シェフでありました。酔っぱらって気持ち悪かったのに執念で作る。ワンダフォーup

さて、シメの花火。そして、そのあとは…

Dscf9314_2 Dscf9361

手作りレアチーズケーキ!トッピングは、桃の白ワイン漬け!happy02

これはすごい。えみ姫、リクエストだっただけに、超感動shine

Dscf9362

いや〜、いつもながらに、たいした腕前です。(酔ってたのに) このたびも深夜まで盛り上がりました。ごちそうさまdelicious そして行ってきます、札幌へ!


2015年8月 8日 (土)

金魚と指輪

我が家にやってきた金魚ちゃん。

暑さのせいか、山場を越えられず、一匹がお亡くなりになってしまったweep
なっちん、庭に金魚のお墓を掘り、カアカは慌てて残り一匹のために水槽買いに走るrun
このクソ忙しいときに金魚に翻弄されるわたし…縁日の金魚すくい300円のために水槽セットうん千円払うことになるgawk しかし持つべきものは、アクアリウムのスペシャリストである。サッパリ知識のないカアカに、的確に指示してくれてアリガトウ、ケイタパパpaper

Img_1407

これでひとまず、夏休み中は安心か…?

さて、今週末までツメツメになってたレッスンも無事終了し、残るは〆の宴会と、荷造りのみ。いやいや!部屋の最終掃除もある。忙しいのだ。そんな中、我が友人♂に、どうしても抜けなかった指輪を外すという処置をしてもらった。手術で外さなければならないからである。

Img_1399_2

いたたたたっ!(真っ赤)
石鹸でやっても、なにやっても抜けなかった結婚指輪。けっこう痛かったけど、タコ糸で、器用に外してくれました感謝!!すごい。

こちら動画。ご参考までに…↓

2015年8月 4日 (火)

全摘にしよう

札幌帰省前、そして入院と、長いお休みをいただく前の、ラストレッスン週となりましたpaper

生徒のみんなには、それぞれ休み中に練習するための曲や、その練習方法などをしっかり伝えておかねばならない。まさに、仕上げのバタバタ週間であります。レッスン再開は9月末。そうしたらもう秋、そろそろ来年の発表会に向けて選曲も始めていかねばならないthink …早い。待ったなしだ。願わくは、わたしの身体の回復が早いことを祈る。

毎日が怒濤のように過ぎていくので落ち着いて書くヒマもなかったんだけど、7月末に主治医との最終面談やら術前検査やら麻酔外来やらが終わり、そりゃあもう七転八倒するくらいに悩み考えたあげく、センセイの優しい瞳に負けて…

「全摘、お願いいたしますthink

と、腹をくくってきました。

いろいろ、選択肢はあったのだ。

頸がん検査、セカンドオピニオン。日々の忙しい合間に、本当によく考えさせられた。

術後の身体への負担や、QOL(生活の質)を考慮して、一部温存するか。
それとも、発ガンリスクを考えて、全摘をするのか。

今言えるのは、「やってみなけりゃ、わからない。」
ということだ。

どっちに転んでも、メリットデメリットがある。決めるのは自分しかない。
究極の選択である。医師にも、二通りの意見が存在する。

ギリギリのところまで悩んだけれど、最後はもうエ〜イどうにでもなれ!
ってな心境で選んだ。

そしたらセンセイ、
「あ、そうだ、卵管も取っちゃっていい?どうする?」

って、唐突な質問を…coldsweats01 そんなの、急にわかるか〜い!(笑)

ホルモンバランスを考慮して卵巣は残すのであるが、なんでも、卵管は残しておいてもなんの役にも立たないらしく、将来の発ガンリスクも減らせるそうで。

ハイハイハイ、も〜、取っちゃって下さい!gawk
よろしく頼むよ、ゴッド森田先生!

と、まな板の鯉状態なカアカでありました…。

そんなこんなで、今月を駆け抜けるわたしであります。
うぉ〜〜〜sign03

バタバタしすぎて、ようやく我に返ったオペ前日はきっと泣くだろうな…。

なっちん、浣腸される

うちにやってきた金魚たちは、朝から気持ち良さそうに泳いでおります。

Img_0026

しかしこれが水換えがたいへん。
エアーポンプ買ってこないと、半日で水面ぱくぱくし始める。
金魚が3日生き延びたら(健康体であるのを確認したら)真面目に考えよう…。

そしてこれは、今日午前中のレッスンが終わってからなっちんと作製した、夏休みの工作。午後もレッスンあるけど。

Img_0024

ケーキBOXだそうです。かわゆい。女子力高めじゃないのheart01やるねえ。

さてそんな女子力高めななっちん、昨日、病院にてエライ目にあいました。

朝食後からお腹イタイイタイと騒いで寝てた彼女、ちっともよくならないから、近所の病院へ行ってみた。そこは、じいちゃん名医のいるところ。寝台上のなっちんのお腹を押さえるなり、

「浣腸!」

なつ、人生初浣腸にあうcoldsweats01

軽い便秘だったようです。トイレでうめいた後は、ケロッとよくなって、先生に
「よっしゃ、治った!」

とお腹をはじかれて、終わりました〜。病院中、笑いに包まれる。

なんでしょうね?ほぼ毎日出てるんだけどねえ。

子どもって、意外と便がたまりやすいようです。
お気をつけてpaper

それにしてもなっちん、浣腸で倒れなくてヨカッタ。
少々気持ち悪くなったようですが、カアカのあの悶絶とは大違いじゃ…。
術前60〜100cc注入はね、けっこうキツいんですよ。

もっか、カアカの手術書には、
「この患者浣腸ナシ」
と赤字で記載されておりますthinkpaper あしからず…。

2015年8月 2日 (日)

鮎祭り

連日35℃と、梅雨明けから飛ばしすぎの日々。

部屋の中はまさにこんな感じで、暑さにゆがんで見える。

Dscf9125

ぐるんぐるんwobblytyphoon

朝から室温30℃。午後には33℃。我が家は風がめっちゃ通るから、夕方までエアコンは入れません。朝からエアコン入れた日にゃ、身体がおかしくなるからである。3時過ぎて、熱気を冷ますためにスイッチオン。

こんな日はもう、冷やし中華に限るぜ!(トト作)

Dscf9093

しかし、なっちんは元気です!

Dscf9105_2 Dscf9109

お祭り三昧。昨日もすくった金魚のお友達を増やすために、繰り出した鮎祭りwink

Dscf9124

リンゴ飴ゲット〜。

Dscf9099

夏といえば昆虫。うちの通りにはカブトムシのなる木があって、なっちんの飼育熱がウズウズしているのだ。この木、ホントに何十匹もとまっている…カアカ的には、気色悪い…gawk あとちょっとで札幌だっていうのに、金魚にクワガタにカブトムシに、どうするつもりじゃ、なっちんよ。

Dscf9080_2

そして夜。鮎祭り、といえば花火でしょう!

ちっとも涼しくならない夕べに、どか〜んと打ち上げられる花火を見ながら、8月のために夏休みの宿題をソッコーで終わらせた自分を誇らしげに思うなっちんでありました。

すごいぞそのパワー!paperpapershine

暑いが楽しい8月は続く!

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ