« 術後1週間 | トップページ | まったり日曜日 »

2015年8月29日 (土)

退院後の週末

退院後、はじめての土曜日。

今朝、手術前に落としていたペディキュアを塗ってみたshine ちょっと腹の傷口が痛むが、塗れる。嬉しいheart04 出歩けるようになったら、小さくなった指輪も新調しに行ってみようup

昨日からだいぶ腸の動いた時の痛みは減り、その代わりに、潜んでいた奥の痛みが現れてきた。子宮をえぐったとこの痛みである。立つと、ズキューン!thunder となる。なんていうの?血液が、一気に流れ込む感じ。けっこう不快だ。体力は、少しずつ戻ってきているが、まだまだ先は長そう。洗濯物が干せて、やったー!happy01 とか喜んでるレベルだ。

術後1週間て、こんなもんかなあ。前もこんなだったかなあ。それとも、やっぱり臓器がなくなるのって、かなりの負担なのかなあ。
レッスン再開、果たして予定通りできるのだろうか…
と、せっかちで虚ジャッキーなカアカは不安になってくるdespair

3、4時間ばかし集中してレッスンするの、普段ならなんてことないが、こうなるとね。
ほんとに、手術なんて若けりゃ若いほどいいと思うよ。
と、弱気にもなるカアカ土曜日。

そんなこんなしているうちに午後になった。
トトとなっちんは、夜までお出かけ。カアカ、ナイスタイミングで届いた本にかじりつく。

ひとつは、漫画家、得能さんが描く「子宮、応答せよ。」
もうひとつは、カアカの崇拝するセカンドオピニオンの大川先生著「愛せない理由」

得能さんは、おっきい子宮筋腫のために子宮全摘をされたんだけど、そのいきさつ、心の移り変わり、まさに共感できることばかりで、泣き笑いながら、楽しませていただきましたweep smile

子宮をとることについての想い。手術台にのぼっても、泣いている患者さんもいるという。わかるな。カアカだって、今となってはサッパリよ!などと言いつつも、ふとした瞬間に、嗚呼、私のハラの中にはもう、子宮がないのか?スッポリ空洞なのか?もう、絶対に、赤ちゃんはやって来ないんだなあ…と、寂しいような、不思議な想いが訪れる。これはきっと、この先も続くんだろう。なんとも、子宮とは無意識に、思い入れの強いモノである。

彼女の漫画を読んで、子宮とお別れするのは、恋人に別れを告げられた時の想いと似ていると描かれていたのも、全く共感できた。すごく具体的に描かれた本で、悩んでいる女性にはお勧めです。カアカもこのたびの手術についてマンガでも描くか〜と思ったが、いやいや、秋になればそれどころではないほど忙しくなるのだよ、と考え直しているところであるthink

ダラダラと寝ていたら夕方になって、椅子にまともに座れるようになってきていることが判明flairブログの更新だって、この方が楽である。でも、すぐに疲れちゃうけどね。

身体を休めるってことは、回復への何よりの近道なんだなあ。

と、身をもって知るカアカでありました。とりあえず寝よう!

« 術後1週間 | トップページ | まったり日曜日 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537165/62179045

この記事へのトラックバック一覧です: 退院後の週末:

« 術後1週間 | トップページ | まったり日曜日 »