« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

大躍進

センセ〜!happy01paper

と、自宅前で呼び止められたら、昔教えてた生徒だったnotes

いや〜わからんわあ!すっかりお年頃になっちゃってナツキlovely街で会っても絶対わかるまい。なのに、気さくな話し方は昔のまんまで、何だかとっても嬉しかった。

病み上がりの身に染みるぜthink

それから昨日、励ましのお手紙がポストに入っていたloveletter

Image

なっちんと同い年の生徒からである。丁寧な字と、幼さと大人びた文章が入り混じるあたりが可愛らしい。思わず笑ってしまった。これでセンセ〜、回復速度が倍増ですだpunchありがとうね〜!heart04

さてカアカ、もっか大躍進中であるsign03

今日は爽やかな天気に誘われて、溜まってた役所の申請に思い切ってチャレンジしてみた。明日からリニューアルオープンの図書館カード更新や、なっちんのメガネの申請などなど。体力的になんとか問題なくクリアup

それから、今日の夕飯の買い出しと下ごしらえ。

ここまでやり切るとさすがに疲れたが、その後念願のマッサージにとうとう行く。痛みと闘ったし、ずっとお腹をかばいながら歩いてたので(今もだけど)身体はガチガチだったthunder

帰宅3時過ぎ。達成感!shine

今日は昼寝せんでも動けたぞ〜!happy02

明日はちょっとゆっくりしよう。

こうやって少しずつ、体力つけてく計画、実行中。

疲れても以前のように唸らなくなってきたことが嬉しくてたまらないカアカであったcatface


2015年9月29日 (火)

だいぶ動けるようになってきた

退院から今日で2週間と2日目。

あれだけ疲れやすかった身体が、ここ数日でずいぶん回復してきたup
もちろん、午前中はまだ寝てるけど。

トトにも、おまえ、夜だいぶ動けるようになってきたなあ〜、と言われるscissors

最後に残るのは、子宮跡地の痛みだけであるsweat02これがいつどうやって痛むかというと、トイレ行って膀胱がカラっぽになった時と、階段を上った時、それから少し離れた距離を歩く時、椅子に座って圧がかかる時であるdash

これらの後は必ず、下っ腹抑えて持ち上げてるカアカ。実にみっともない姿勢だと思うのだが、そんなことも言ってはいられない。願わくは早く治って欲しいところ。だって、座る体勢というのは、私の職業柄、必須だから。

さて、疲れやすくなくなる、
という今の中途半端な状況は、せっかちなカアカを非常に退屈にさせるgawk

毎日ひとつずつ、初めてできた体験を増やしたいと思い、今日は思い切って運転を再開してみた!car

運転だけは気をつけないと事故に繋がるので慎重に!
エンジンかけて、スタートしてみる。行けそうcatfaceflair

とりあえず、近くのコンビニとクリエイトまで走ってみる。車を降りてから歩く距離が少なくて済むところだし、底を突きそうな品を買いだすためだ。

元気な時には感じなかったのが、車で走ると内臓がシェイクされるのがわかる。臓器が収まるところに収まらないで、ユラユラと揺れている。不愉快極まりない感覚。腰の下にぬいぐるみを入れるとラクである。面白い。

夕方は、かなり台所に立つことができた。簡単な料理から少しずつ始めているけど、思い起こせば2度目の入院の前日など、しんどくて食器棚から皿もおろせなかったもんだ。それでもなんとか、なっちんには夕食を食べさせねばならんという使命感だけで、よくぞまあ動けたもんだと我ながら感心するthink

今日のなっちんは、学校にて親友のモモちゃんの最後のお別れ会をし、そのまま出発するため迎えに来たお母さんとさよならをして、寂しげに帰ってきたdespair

カアカも寂しい。

ええ子やったなあ。

今度関西、遊びにいくで〜!punch

2015年9月27日 (日)

月明かり

明日はスーパームーン。

寝室のカーテンに映る月明かりがきれい

鈴虫たちの声。

いい季節になってきたなあ
幸せだなあ

目を閉じるのがもったいくらい

考えてみれば、手術からたった1カ月しか経っていない。

でも、痛みと共に過ごすのは、長い長い1カ月に感じた。

治ったらやってみたいこと、

今1番やりたいのは、小旅行とショッピングだ。

元気になった身体で、旅行なんてどんなに気楽で楽しいだろう!

物欲が出てきたというよりは、いろんなものを見てみたい。

他にもいろいろ、やりたいことがたくさんある。

楽しみだな。

世の中には、大病をしている人がたくさんいるのだ。

治癒できることに、本当に感謝である。

レッスン再開予定

運動会終了後のまったり日曜日。

今日は生徒のみんなに、来月のレッスン再開予定日の連絡をしたmobilephone

予定通り順調にいくかどうかはわからんが、とにかくも仕事があるということは、ある程度身体が回復してくると気力につながる。すっかりのんびりしてたけど、来週からは少しずつ生活を元に戻すよう努力していかなくちゃいけない。買い出しのハードルはまだ高いが(たぶん、帰宅したらそこで力尽きるだろう)徐々に家事をこなし、手を抜きながらもまわしていこうと思っている。

まだまだ婆さん歩きに毛が生えた程度のカアカ、この下っ腹の痛みと疲れよ、早く去れ!sun

今日は伸び放題の庭の手入れをトトにやってもらって、気分もサッパリであったshine

2015年9月26日 (土)

運動会

今日はなっちんの運動会sun

昨日の雨で延期になるかと思いきや、花火が上がる。

意外と運動会を楽しみにしていたなっちん、元気に登校。カアカは昨日の闘志はどこへやら、疲れが出たのか沈没気味。下っ腹がズキズキするthunder不思議なもので、子宮がないのに子宮が痛む。午前中の種目は諦めて、トトに行ってもらった。残念。妹ゆりゆりがお弁当を引き受けてくれたので、痛み止め飲んでお昼ごはんから参加riceballジジ送迎car至れり尽くせりである。こんなに気合いの入れようもなかった運動会は、初めて。

そしてカアカ、まるまる肥え過ぎていて、とても病人とは思えないと我が妹に言われる。

Image

午後の種目は徒競走!run

うちの生徒たちは足の速い子が多いので、応援も力が入る。案の定、ぶっちぎりの1位続出。歓声が上がるhappy02

Image_3

ところで当のなっちんは、昨日の話だと5位目標らしかったが、堂々たる6位であったflagだいぶマシな走りっぷりにはなってきたが、だいたいスタート時点でよそ見をしておる。緊張のカケラもない。ピストルが鳴って初めて、おおっと!ってな感じで走り出す。闘争心ゼロである。足も長いし、フォームとやる気さえ出ればもう少しいいセンいけると思うんだけどなあ。トトもカアカもゆりゆりも、足は速かったのだ。いつの日か彼女に期待である。

ほんの2時間くらいの間だったが、久しぶりのお天道様の下はやっぱりいい感じで疲れたdash一足先に帰って寝る。生徒たちや、お母さん方とも久しぶりにお話できて、大満足な1日でしたhappy01

2015年9月25日 (金)

卒業!

運動会前日の今日。

東京インターから環八抜けて、退院後検診に1時間半かけてトトに連れてってもらい、無事合格!病院卒業してまいりました〜happy02

まだめっちゃ疲れやすいけど、やはり回復を実感。今日から風呂も解禁でサイコーである。これからぼちぼち体力つけて、レッスン復帰に向けて頑張ろうと思うpunch

結局、知りたかった腹膜炎の原因細菌は判明せず、常在菌に侵された模様。
摘出した子宮および卵管の病理結果は、ガン細胞はみとめられずshine

膣の縫合もきれいに治癒に向かっており、薬を入れてもらって終了。お腹の傷も、合格goodこれからもっとキレイになるよぉ〜、と励ましていただいた。

やっぱりこうした診察が入ると気持ち的にも節目になって良い。こないだまで、治んないよ〜と弱音を吐いていたのにとたんに治った気になる。ゴッド森田はまるでダンディなお父さんのようで、トトがしきりに「先生渋くなったな〜かっこいいな〜」と言っていた。
今日は金曜の午後で空いていたのもあり、お父さんすごく友好的であったheart01

「なんで感染症になんかなっちゃったんだろうねえ〜。意外と元気そうに見えて、体力なかったのかなあ〜?もう、社会復帰に向けて何をしてもいいけど、くれぐれもムリして戻って来ないようにねえ。」

と、頭ナデナデしてくれそうな雰囲気でありましたchick

残した卵巣の検診のために、1年後の9月を予約。他の病院に行きなさいと言われるかと思いきや、嬉しい約束をしていただいた。

後ろでポーカーフェイスで聞いているトトを前に、夫婦生活の今後のご指導まで丁寧に説明され、半年経ってから縫合部分が破けたオソロシイ話も聞かせてもらう…shock

こわっ。ゴッド森田の腕を信じるばかりである!

今日は疲れたけれど気持ちはすっかり前向きになれた、記念すべき1日だったsun

待っててくんろ、生徒のみんな〜sign03

2015年9月24日 (木)

オナラ君は素晴らしい

連休明け。

昨日は帰宅したトトと昼寝三昧で過ごし、そして今日もまた寝て過ごしたsleepy

午前中寝て、夕方寝て、夜もまた。
何故だろう、寝ても寝ても眠い。
何しろ、ひとつのことをやるたびに疲れるのである。

しかし今朝は退院後初めて、ハンバーグを作れたのだup台所に立てたのは嬉しい。ただ、こねるのがこんなに疲労するとはオドロキである。チャチャッと作ってたハンバーグ、実は腹筋使うのですねえ〜think

毎日毎日、亀のような前進なのだが、気づいたらひとつずつ、できることが増えてきている。微熱ももうない。痛み止めを服用しなくなってきた。

何よりも変わったのは、何を隠そうオナラが気持ちよく開通するようになったことである!

頑張ってみても申し訳程度にしか出なかったオナラ君。音を立てて開通するのはこの上ない幸せなのだshine素晴らしい。思わず、おお〜っと感嘆の声をあげてしまう。今、カアカの腹の中は重たいモノが入ってくるといちいち苦しくて、食べ物でもオナラでもウ◯チでも、とにかく出てくれると大変ラクになるのでありがたい。ただし、食べ物は、切れるとダメということもわかってきた。空腹になると、痙攣が起きそうなイヤ〜な感じになってくる。だから食事はきちんと摂らねばならない。

毎日微量ながら前進中のカアカ、明日で再入院から3週間、そして1度目の退院から1カ月である。腹膜炎で3週間経ってやっとこさ退院できたマダムを思えば、落ち込んでいられない。

願わくは、早いとこレッスンできるくらいの体力を回復したいbearing
明日の退院後検診も楽しみである。


2015年9月21日 (月)

連休の体調

さて、世間はシルバーウィーク真っ盛り!sun
お出かけして楽しそうな友人たちの写真を見るたび、いいなァ〜羨ましいなァ〜gawkと指をくわれる病人カアカ。くそぉ、今に私も復活して、楽しいバカンスを送ってやるぅ!と、力なく燃える今日。

しかし私もポジティブ思考、それはそれで楽しくやっておりますscissorsトトは仙台に学会発表へ。取り残されるカアカを案じて、友人を派遣。伊豆旅行チームが総出で、わたしの身の回りの世話をしにやって来てくれた。感謝!lovely

昨日は秋の味覚の栗ご飯やら、太刀魚のあんかけやら、それはそれはクオリティの高いご馳走を並べてくれた。おかげで私は良いんだか悪いんだか、ちっとも痩せていないrestaurant

ピアニストえみ姫は2泊泊り込みでなっちんの遊び相手やら掃除洗濯買い出し、それに長らく放ったらかしにしていたピアノの練習を付き合ってくれるnotes

カアカは素晴らしい友人に恵まれました。本当にありがとうshine

体調の方はというと、こないだ夜中に倒れた日を境に少しずつ回復の兆しが見える。まず、お腹の張りが緩和されてきた。抗生剤をやめたことが大きいと思う。点滴抗生剤の威力やいかにである。細菌コテンパにできた分、身体の方も相当なダメージをくらったらしい。

お腹にガスがたまらなくなってきたのはずいぶん楽である。あれは本当に石を詰められたオオカミだったtyphoon

今あるのは、立ち上がると重力で落下しそうになる下腹部、その鈍痛、階段のしんどさ、疲れやすさ等。ちょっとお喋りに花が咲くと疲れるから寝る。どんだけ体力失ってるんだろう。少しずつ身体を慣らしていかなきゃなあ、と、気力だけがカラ回りして金縛りに遭っている気分の私である。

2015年9月19日 (土)

一進一退

やっぱり、一進一退である。
昨夜は夕方から急降下して、お腹めっちゃ張って苦しくなったdown軽い痙攣と、吐き気。夕飯ほとんど食べられなかった。夜中トイレ行ったあと、倒れる。いつまでこんなのが続くんだよと、泣けた。

なのに今朝は別人のように元気になる。たまにズキっと痛むけれど、笑顔で動けるhappy01あまり動き過ぎてもダメだし、動かなさ過ぎてもお腹が張るようで、難しいbearing何より、私の仕事時間である夕方から具合が悪くなるのはカンベンして欲しい。こりゃあ、先はほんとに長そうだ。

今日は用心深く、夕方前からロキソニンを飲んでみた。これは張りの痛みには効かないんだけど、ズキズキしてきたから服用。その後何故か調子がいいup昼寝した後、夕暮れ時を散歩してみる。散歩って言ったって、50mノロノロ歩いて引き返す程度なんだけど、お腹の運動にはいいかもしれない。速やかに帰宅(笑)

あ〜、気分がいい日って幸せだhappy02
健康一番!
こんな日が続いてくれますように。

2015年9月18日 (金)

抗生剤終了

昨日、抗生剤をめでたく飲みきった。そしてもう、ブログに書くネタなんて何にもないほど、一日中寝て、寝て、寝て、

イヤ〜〜ほんとによく寝たわ〜。

そしたら今日は、ほんのちょっとだけ良くなっていた。嬉しいconfidentでもこれで油断してはならぬ。明日はわからない。一進一退なのだ、骨盤内腹膜炎。

少し机で作業ができそうだったので、パソコンで今月と来月の家計のやり繰りをようやく終わらせたdash札幌から帰ってきてから2度の入院で何もできず、我が家の財布はメチャクチャであった。絡まったヒモを一つずつ解いていく感じ。何しろ、旅費やら入院費やら修繕費やら、こういう時に限って請求がいっぺんにやって来るのだdollar人生、山あり谷ありである。

体調の話に戻るけど、もっかカアカの痛みには3種類ある。

炎症ズキズキの痛みと、ガスで張った痛みと、これらをかばって婆さん歩きするための腰の痛みである。

で、昨日でめでたく抗生剤終了となったため、これからは腸内善玉菌を増やすべく努力をしようと思う。張った痛みをやっつけるのだpunch

処方された漢方と、ヨーグルトをとにかく食べる!がんばれ!私の善玉菌!増えろ増えろ!shine

あとはひたすら時間薬。

果たしていつ治るのか、なっちんの月末の運動会が見に行けるのか、来月から再開したいレッスンができるのか、さっぱり見通しがつかない今、回復を信じて寝るのみである。

あ〜〜、しんどい!bearing

2015年9月16日 (水)

治んのかコレ?

今朝の体調はあまり良くなかった。
昨日、片付けをしたツケがしっかりまわってきた感じ。ちぇっ、ダメだこりゃ(ドリフ調で)もう、おとなしく寝てることにする。いや、起きていられない、といった感じかgawk

昼ごはんはゴソゴソ起きてきて、昨日のムール貝のスープで作り置きしてくれた、雑炊をいただく。

Image_10

めっちゃうまいっ!happy02持つべきものは、料理上手の友人&ダンナだ。

起きたついでに、早めのシャワー。
さっぱりして、再度寝るsleepy

朝、トトとなっちんが出た後の時間が、わたしの静養時間であるconfident子どものエネルギーというのはすごい。こっちは虫の息、とまではいかないけれど、タイヘン弱った状態であるからして、あのパワーがぶつかってくると穏やかではない。事情が理解できるようになった小学生だってこうなのだ、ちびっ子の母親は病気になってる場合ではない。お察しする。

それにしてもコレ治んのか?sweat02だんだんこの痛みに飽き飽きしてきた。日に日に良くなっていく実感があまりわかない。もう少し手ごたえがあればいいんだけど、毎日毎日、悪くなるわけではないがおんなじ状態。それともある日突然、いい感じでまわり始めるのだろうか。痛み止めなしでも動ける日が来るのだろうか?weep
だから今日は、声に出して泣いてみた。ひと通り泣いたらスッキリした。

さて、今夜はup中華の夕べ。トトの念願だったサンラータン!
なんとラー油から手作りっス。すげ〜。めちゃうまdelicious

Image_6

Image_7

Image_8

Image_9

カアカとなっちん用には、ラー油も唐辛子も抜きでやってくれたんだけど、それでもすごく美味しかった!


2015年9月15日 (火)

なかなか治んない

今朝も爽やかな天気!confident
トトは仕事へ。なっちんも学校へ。
入院してから、初めてひとりきりになった。静かである!虫の鳴き声しかしない。

朝から体調が良かったので、ぼちぼち部屋の片付けをやってみた。まずは帰宅したまんまのスーツケース。それから、山積みされている、学校からの書類。先生が気を遣って、私が目を通せないだろうという類のものは、コピーをしてくれていた。なっちんの、散らかし放題の部屋の整頓。これらは、座っていてもできる。大事なものが埋もれていてはマズイ部分は、ようやく整理し終えた。なぜかずぶ濡れになって汚れていた靴は、もうざっと流してから洗濯機に放り込む。上履きなど、この2週間洗っていないらしい、可哀想にsadここで一旦休憩。横になる。窓からの風が心地よい。部屋が片付いていくって、サイコーであるshine

午後はまた下降線なので、早々にシャワーを浴びて寝る。

夕方、少し痙攣起きる。なんとも言えない怠さ。
グッドタイミングで来てくれた我らが友人、今夜は看護師&家政夫をやってくれることに。こんなに具合悪いとは思わなかったよ!と叱られ?上げ膳下げ膳で、洗い物までやってくれた。イヤ、午前中は気分良かったんだよ…coldsweats01と言いつつ、感謝!

Image

Image_2

Image_3

Image_4

↑冷えピタとポカリ買ってきてくれた。怠くてエラソーなわたし。

ムール貝は、激安だったらしい。あとは油を使わない蒸し焼き料理。この他にも人参のキンピラやら…小一時間でパパッと出してくれる。帰ってきたトトも絶賛。

ご馳走様でした!明日もよろしくお願いしますsmilepaper

2015年9月14日 (月)

我が家

目が覚めたら自宅だったconfident
病院にはなかった、夜の鈴虫たちの声、まだ泣き続ける蝉たち。そよぐ風。ああ帰ってきたんだ私はconfidentついこないだもオペを終えて戻ってきたが、フシギなものであれは遠い過去の出来事に思える。今となっては、腹膜炎治癒が私のもっかの目標であり、子宮全摘したことなど頭にはない。面白い。

今日はトトが代休なので、お互い疲れた身体をゆっくり休めることにした。
幸せでとても良い休日であった。

朝は調子が良いので、とりあえず生徒たち全員に連絡をする。

今回はもう絶対に無理してぶり返すわけにはいかんので、今月レッスンぜんぶ休講にさせていただいた。連絡取り終わったらすごく気持ちが楽になった。ありがとう生徒のみんな。人生の休養期間と思ってガッツリ休んで治しておきますrock人間にはある意味こういう時期も必要なのかもしれない。

部屋がとっちらかっているが、とりあえず部屋が汚れていても死ぬわけではない。前回は早々に片付けを始めて失敗したので、ひとつひとつ、ゆっくりやろう。退院してきた荷物もいつもならソッコーで片付けるんだけど、そのまんま。開き直るとイライラもしない。ちょこっとずつ、動ける時に一箇所ずつ片付けるのもオツなもんである。それにしても、なっちんの散らかしぶりはすごいなgawksweat02

夕方からはやっぱり体調下り坂であるdown朝が永遠に続けばいいのに。とりあえず食後はお腹が張って痛い。何故か?それは、抗生剤で叩きに叩いた結果、お腹の善玉菌も一緒に死んでしまったからだと思う。周期的に、炎症のズキズキした辛い痛みにも襲われる。そのたびにうずくまるので、トトに心配をかける。だけど夜の熱は36.8℃、少しずつ治ってきているのかもしれない。

願わくは、当分の間なっちんが元気でいてくれ!と、神に祈るカアカである。

2015年9月13日 (日)

今度こそ退院

朝は36.2℃。やはり朝は下がる。
清々しい朝!sun
青空に魅せられ、窓を開け爽やかな風を通し、ついに病室の個別カーテンを全員開け放ったのであったupみんなでめっちゃお喋り。めでたしめでたしsmile

朝ごはんを食べ、荷物をまとめる。一階の退院支払い受付へ。これだけでめっちゃ疲れたdash腹痛いわ、立ちくらむわ。まだまだ、先は長そうだ。

10:30、トトとなっちんお迎え参上。1週間ぶりの再会。

Image_6

同室のみんなとお別れし、リストバンドを切ってもらう。待ってました、この儀式。ようやく下界へ!

東名は少し渋滞したが、無事我が家到着。帰ったらなぜか部屋がメリークリスマスになっていたxmas

Image_2

Image_3

Image_4

Image_7

なっちんよ、ありがとうlovely
独自の発想で素晴らしい。
部屋めっちゃくちゃなのは、見なかったことにしておこう…。

とりあえず、トトと昼寝、爆睡sleepy
なっちんは元気に遊びに出かける。
長旅ご苦労さん!

カアカほんとに今回は動けないので、我がダンナ、テキパキと動いてくれて助かるぜ。感謝感激。我が家バンザイ。

帰って早々、ウン10万のオーディオやら、椅子やら絨毯やらをせがむのには、まあ目をつぶろう…gawk

夜、なっちんはトトと、モモちゃん家族と一緒に最後の花火をやった。カアカも少しだけ参加。だって、もう会えなくなってしまうのだ。

Image_8

Image_9

楽しかったね!
残りあと2週間、まだまだ遊ぼうね。


2015年9月12日 (土)

土曜日

朝5:50。震度4の地震で起きたsadあと10分で爽やかな目覚めの音楽が流れるっていうのに、なんてこったい。9階なのでかなり揺れ、全員起きて騒然となった。

昨夜はなんだかお腹が張って寝苦しく、辛かった。今朝は平熱。とりあえず今日の採血を待とう…と思ってたら、朝の巡回で夜勤の看護師さんが、血液検査のオーダーが入っていないよと言う。はァ⁈冗談はよしこさんである。何言っちゃってんの?Dr.イケメンのミスか?と 憤慨gawkしかもそれを看護師が当直の医師に告げたら、じゃあ採血はやらなくてもいいと言ったそうだ。さすがに腹立って、検査ナシで帰らされるなら退院しませんと言い切る。何度も言うけど我が家は遠いのだ。プンプンしてたら、代理の医師がやって来て、採血やった方がいいです、それにお腹もガスで張ってますねと言って、去って行った。まったく。

それでもラッキーなことに、今日の日勤担当看護師さんは、私たちに大人気の笑顔が素敵な肝っ玉母さん、ナース井上だったheart01彼女に採血してもらう。救われる思いhappy02恐竜好きのふくよかな井上さんは、いつも笑顔で可愛いらしくて、それでいてベテランの頼もしさに溢れているgood

腹膜炎は完治に時間がかかること、抗生剤を飲みきっても、夜の微熱や痛みが続くのは心配ないこと。急に熱が上がった場合や、痛み止めを飲んでも痛みが強くて治らない場合は電話をすること。ずっと私の様子を見てきた限り、経験上、退院して静かにしていれば治っていくと思うこと。と、優しく穏やかに、頼もしく告げてくれたconfident

人間とは不思議なもんである。この説明はすでに医師から受けていたのだが、自分が慕っている相手に大丈夫だと太鼓判を押してもらえると、ひどく安心する。ましてや医療のこと、専門分野外はお手上げである。あれこれ妄想しちゃうから、今日の担当がナース井上で助かった。ありがとう天の神様。

11:20、採血の結果持って、代理医師来てくれる。
CRP1.2、白血球5500まで下がった。

やったー!嬉しいshineその後、何人かの代理の先生がやって来てくれたが、カアカにとっては同じ説明でも、恐竜好きの井上さんに言われたコトバが一番信頼出来た。よし、ひとつ信じて家に帰ろう。と決心した午後。

彼女のおかげで、今日は退院前の不安も吹き飛び、心穏やかな日を過ごすことができたsun

テレビは観る習慣がないので読書。皆が持ってきてくれた本や、デイルームにあった本などを片っ端から読破。座ると痛いから、寝転がって読む。現在は、村上春樹。

小説読みながら考えるthink思えば私のここまでの人生、もし痛み棒グラフを作ったならば、第1位がスカイツリーくらいの高さで腹の痛み、第2位がぐっと下がって歯の痛み、第3位がその他でくくられるくらい、腹痛には悩まされてきたと思う。

これでこの1位が崩されれば、もはや向かうところに敵なしであるsign03
楽しみだ。

夜は37℃。痛みは出てくるが、昨日よりもいい感じ。

夜勤看護師は、これまた大好きなベテラン松田さんheart04
ラストデーを飾る1日で、幸せであった!写真撮影で、盛り上がる盛り上がるup
同室の皆さんとも、相当仲良くなって楽しかった。

明日は今度こその退院。
順調にいくことを願うばかりである。

2015年9月11日 (金)

金曜日

いい天気!sun

Image

初めて、9階の病室から富士山が見えたfuji窓を開けて、同じ部屋の患者さんたちがワラワラと集まってくる。
室内は閉鎖的で、いつも個別カーテンを閉め切っていたので、今朝、初めてみんなで交流した感じ。ワイワイお喋りしたhappy01嬉しい。こうでなくっちゃ。

最初に仲良くなったのは、お向かいさんの、京都よりお越しの腹膜炎マダムだった。それから、廊下側のお茶目で可愛い70才マダム。4人の子どもたちがいつも入れ替わりでお見舞いに来ている。こないだは、車椅子で90才のお母様が見舞いにみえて、驚いた。同じく子宮全摘されたようだが、長丁場の手術で、たぶんガンを患ってらっしゃる。それでも大変お元気で賑やかな方だ。

カアカの隣の方は、引きこもりの君で、普段ほとんど出てこないんだけど、今朝は富士山騒ぎに集まって来た。それから、声が高校生みたいに可愛い、不眠症30代マダム。肩に羽織っている水玉模様のケープが印象的である。
もう1人、妖怪砂かけイビキババアみたいなヒトが居たんだけど、彼女は昨日退室して行ったので昨夜からはあのイビキには悩まされなくなった。

腹膜炎マダムと、引きこもりマダムは今日めでたく退院であるbell

ああ、今朝はなんて清々しいんだろう!confident昨夜点滴がようやく終わったから、この腕からようやく針も抜けたshine富士山も手伝って爽やかである。まだ痛み止めは飲んでいるが、朝の痛みもだいぶ減ってきている。

Image_2

昨日、チルドレン嬢にいただいた、お花に化粧水などを眺めるカアカ。すっかり華やいで女子力も上がりそうな勢いheart01やっぱりキレイな女性に贈ってもらうのって嬉しいね〜。気分は初恋であるlovely

今日はコインランドリーの旅に出る。もう洗濯しないと着替えがないからだ。ヘルパーさんにも頼めるんだけど、調子がいいのでやってみるrockまっすぐ地下に降り、乾燥機かけて4往復。パリッと仕上がって、気分爽快happy02

どうでもいいが、入院していて面白いなあと思うことは、患者さんの性格によって、身の回りの荷物整頓が個性的だということである。カアカはこういう時、棚の上も引き出しの中も、カテゴリーごとに整頓されていないと落ち着かない。それが雑然と物置きにしている人、簡素な人、様々だthink

それから下界に降りる時、すなわち退院する日、皆、きちんとお化粧をして帰るのだけど、そのあまりの変貌ぶりに驚くwobbly病室では「スッピンの付き合い」だったわけで、「そんなアンタ、化粧なんてしない方が可愛いよ?gawkpaper」なんて、思っていても言えない(笑)

あとは、つくづく良かったなァと思うことは、カアカにあまり好き嫌いがないことが判明すること。
病院食を心から美味しいと思い、毎度完食するdeliciousでも周りの人たちはけっこう、「食べられないのよね〜コレ」とか、「美味しくないんだもん…」とか言っている。そうかなァ。そりゃあ、下界で喰ってるもんと比べちゃそうかもしれんが、フレンチ食べまくりで舌の肥えたわたしでさえ、感謝して食べるぞ?と唸ってしまうのである。

と、ヒマなのでどうでもいいことをツラツラと考えているうちに夜は更けていくnight

夜になるとどうやら、下腹部の鈍痛は増すように思う。ガマンするよりはやはり、痛み止めを飲んだ。

ああ、早く飲まないでもよくなる日が来ないかな。
けっこう長くかかるもんだ。
熱は、今夜は37.5℃。さすがに感染症。朝は快調だが夜になると凹む…。

明日に期待confident


2015年9月10日 (木)

木曜日

昨夜、ロキソニン切れたあと、またカアカの腹は痛み出したthunder

夜中ということもあり、めっちゃ不安になってくるgawk

ねえ、数値下がったからって、痛みもまだあるのに退院しちゃってヘーキなの?見切り発車じゃないのか?

オペの時ならわかる。多少痛みが残ろうとも、家に帰って安静にしていればそのうち治る。だけど私はこじらせて出戻りなのである。まだ夜、微熱もあるのに、痛み止めで抑えながら退院でいいのかよ?Dr.イケメン、病棟の回転を上げたいだけじゃないのか?何しろ我が家は遠いのだ。気軽に外来に行ける距離ではない。昨夜は眠れない不安な夜であった。

さて、病室と外とで通信する毎日であるが、朝食時に、なっちんの大の仲良しモモちゃんのママから連絡が入ったmailto
なんと、今月いっぱいで京都に転勤らしい。また急な!ショックである。なっちんが聞いたら悲しむだろうな…。何しろ、放課後毎日のように遊んでいる仲だ。どんだけ泣くか、今から心配な私であるcrying

午後になり、案の定眠いので昼寝する。爆睡したsleepy寝るとかなり体調良くなるup3時のおやつをコソコソと食べて、夕方シャワー。シャワー浴びるとますます体調良くなる。温まるからか?そんでもって、お許しが出た売店に行ってみる。たかがエレベーターで地下に降りるだけなのに、けっこうな疲労。ナノブロックシリーズを探したかったんだけど、残念売り切れ〜〜crying

それから夜7時。
わたくし、今日はお見合いの日lovely
この何カ月、私のブログを通じて仲良くなり、毎日のようにメールしあっていた、森田チルドレン嬢が訪ねてくれたのであるheart04
彼女もオペ仲間。小一時間ばかり、弾丸トークで盛り上がりました。いや〜楽しかった!
若くて美人な彼女のお姿は、オフレコということで、カアカの独り占めといたしますsmile

元気になったら、またお会いしたい!
来てくれてありがとう〜happy02

2015年9月 9日 (水)

水曜日

おはようございます。
朝から快便、完食のわたし。
ロキソニン飲んで2時間後は1番痛みが遠のいてヒマ。とりあえず、世界最小ナノブロック完成。

Image

なっちん、台風で学校休校になったので、病棟から連絡取り合い、トト9時半に出校。ジジにバトンタッチする。彼女は何やら工作に勤しんでいるらしい。

「かか、あのね、かかが帰ってきたら、女のサンタのクリスマスっていうのをやってるんだよ!だから早く帰って、かか〜happy01
「なんじゃそれは?」
「かかが帰ってきたらかかに見せるの!happy02

うーむ、劇か何かのことなのか?gawk
楽しみ?である。

お昼は蕎麦。ぜんぜん足りん。冷蔵庫からゴソゴソと、妹が持ってきてくれたチーズやらプリンやらを補給delicious午前中ヘルパーさんが新しいシーツに取り替えてくれたので、スッキリ爽やかshine体調もずいぶん良くて、夕方シャワーがようやく解禁になるhappy01

昼過ぎると何してるわけでもないのに、やっぱり疲れてくるのでウトウトするsleepy4時過ぎ、ナースマヤちゃん、オフ日だというのに、台風の雨ざあざあの中、ケーキ持ってお見舞い来てくれるheart04

いつもは仕事あがりに、パッと顔出してくれるだけだったが、今日は久々にくっちゃべって楽しかった。盛り上がりマックスの時、イケメンDr.高橋入ってきて慌てる我らsmile

コラコラ、ケーキ食べてそんなに盛り上がっちゃって、おとなしくしてなさいよ?的な微笑で退院を告げられた。日曜日決定goodただし、土曜の採血で炎症値が跳ね上がっちゃったら延期。帰宅後も絶対安静が条件であるthink

アナタは、うっかり動いちゃいそうですからねえ…しっかり釘を刺しときますよ〜(ニヤ〜)

さすが、お見通しでございまする…coldsweats01


2015年9月 8日 (火)

火曜日

月曜の夕飯restaurant

ようやく常食が食べられるようになり、昨夜遅く、めでたく補液剤の点滴がとれる。バンザーイ!sun
それからというもの、メシだけはあっぱれな食いっぷり。9割はいけるscissors

あとは1日2回の抗生剤点滴のみ。抗生剤は1時間くらいで終わるから、始終点滴に繋がれていることはなくなる。なんという解放感shine犬はクサリに繋がれて飼うべきではないと心底同情するcatface

痛みは、まだ波がある。
歩き出すとズッシリ来る痛みthunder
思わず下っ腹を底から持ち上げたい気分。
寝てれば痛まなくなったから進歩だけど、長く座っててもいたたた…となる。

Image

トトが置いてった、世界最小ナノブロック。何しろヒマだから、こんなのをやってみる。しかし5分で疲れるのであったdash道のりは遠い。

夕方、自分で髪の毛を洗う。あ〜サッパリshineまだシャワーはお許しが出ていないので、ひたすら身体拭き。とりあえず、自分の身の回りのことはできるようになってきたが、まだまだ安静の身であるthink

あ〜あ、すっかり振り出しに戻っちゃったなあ〜。せっかく退院後、身体も馴染んできてたのに!とんだスゴロクの負け気分をしみじみ噛みしめる今日。こんな気持ちになるのは、少しは回復してきた証拠であろうか…。

夜ごはんはエビフライ。
完食!
しかし鉛のような下っ腹は治らない。
悔しい悔しい、悔しいよ〜〜bearingsweat01

2015年9月 7日 (月)

月曜日

昨夜、可愛いエールが届いたheart01

Image_2

LINE
生徒 : フの上にいる動物はな〜んだ?
私 : パンダ?
生徒 : ピンポーン!flair大正解!wink

って、相変わらずなお茶目っぷり。頼む、まだハラが痛いんだから、笑わせないでくれ〜〜happy02

さて、病棟での楽しみのひとつが、患者仲間と仲良くなることである。今朝、向かい側の腹膜炎の方と、もっとお話してみたgood

彼女、先月の夏休みにこちらの実家帰省中、ここに運ばれたのであるが、なんとお住いの遠方の病院で、1カ月前にポリープの手術をしていたそうである。膣からのオペだ。

やはり、術後ってあなどれないんだな…と、2人でおおいに盛り上がってしまった。彼女など、抗生剤が効かず、造影剤にもアレルギーが出て、いろいろ遠回りをして大変みたいだthink

昨夜トイレに行った時も、また他の患者さんが術前浣腸のため、気持ち悪くなって唸り苦しんでいるところを目撃。可哀想にdespair

毎日病室から、誰かの名前を叫んでるおじいちゃんもいる。たぶん呆けているのだろう。個室ではなかろうに、大変だなあ…sad

とまあ、入院してると数々のドラマがある。

今日からは食欲も出て、ごはんは完食!deliciousお粥では物足りなくなってくる。お腹の痛みのコントロールも慣れてきた。ロキソニン飲んで9時間経てば、下っ腹が重力に耐え切れず痛み出すことがわかってきたので、その間隔でサクッと服用。亀歩きからは脱出できたが、まだまだ歩行はお年寄り。

今朝採血。炎症値は少し下がってきた。
CRP9.6
白血球8500

一時はCRP17.1 白血球18400だったから、抗生剤が効いていることが判明。よくやったぞ抗生剤。でかしたgood

夜はナースマヤちゃんと、仕事帰りの妹ゆりゆりも顔を出してくれる。2人は幼なじみなので、入れ違いだったのを残念がっていた。

消灯間近になっちんからTEL。
夜になって心細くなってきたのだろう、泣いていたweep

オマエ〜〜、さっきカアカが電話した時は妖怪ウォッチ観てる最中だからって、早々に切っただろが〜〜、マイペースなやつめsmile

そんなこんなで今宵もまた、病室の夜は更けていくのでありましたnight

2015年9月 6日 (日)

腹膜炎?

今朝は36.6℃。午後から上がりそうな気配はするが、目覚めた感覚では腹痛もやわらいでいる。

調子に乗った私、ルンルンで洗顔。しかし8時過ぎ、2度目のトイレタイムにて、快便太郎のカアカはお通じとともにまたもや腹痛に襲われるthunderロキソニンロキソニン!子宮がないので、刺激されて以前のようにぶっ倒れはしなかったが、まだまだお腹は治っていないのだ。フウフウdash一歩歩くのもズキズキする。まるで亀のよう。いや、それでは亀にも失礼か。

痛み止めで落ち着くのを待って、朝ごはんを食べる。それから看護師さんにシャンプーしていただくshine

すっかりいい気分になり、痛み止めが効いてるうちに!と、置き手紙を残して地下の売店に行ってみた。昨日先生が、ヨーグルトとか食べてもいいですよーって言ってくれたから、今日は誰も見舞いに来ないしちょっくら買い出ししておこうと思ったのであるfoot

どうでもいいが、ここの病院の朝9時のテーマソングが気に入ってるカアカ。10年前からずっと変わっていない。一度聞いたら忘れられない快活で可愛い、ひょっこりひょうたん島に登場しそうな曲であるnotesちなみに起床6時の音楽は、スイスの山々を想わせる壮大な曲である。それで気分が上向きになってるせいもあったup

病棟に戻ってきたら、カアカの残した置き手紙をみた看護師さんとイケメン先生が大騒ぎとなっていたtyphoon廊下から目が合ったので手を振ったら、happy01paper

「ダメダメcoldsweats01絶対安静!すいません、言わなかったですっけ?今回はオペの時とは違うんですよー、腹膜炎かもしれないんですから…。そんなに早く治らないんだから。動くのは、この病棟内だけにして下さいねっ!やっぱり退院後、その調子じゃあ、けっこう動いたんじゃないですかあ?gawk

と、ポーカーフェイスイケメン先生が珍しくニヤニヤしながらお叱りになるんだから、カアカも自分の仕出かしたことが可笑しくって、笑うと痛いハラを押さえながら笑ってしまった。

しかしこの一件で、どうやら事の重大さを悟るカアカ。

そうかあ、お腹もかなり痛いし、炎症値も高い。そうそう簡単にはいかないのかもしれないなあ。一体いつ退院できるんだろう。計画書には、1〜2週間って書いてあったけど…。2週間⁈それはちょいと、長すぎやしないかい?仕事もなっちんも待ってなけりゃあ、ゆっくり静養させていただくとするけど、そうも言っていられない。しかしどっちみち帰っても動けないんだとしたら、周りにますます迷惑かけるばかりか…う〜むthink

そしたら。

カアカは今、以前入院してた大部屋に入ってるんですがね。前回寝てた窓側のベッドの、向かいの窓側に居るんです。

そしたら、その前回私が寝てたベッドにいる患者さんが話してくれたんだけど。彼女、なんと私の退院した日に入れ替わりで入院してきて、しかも腹膜炎なんだって。手術受けた後とかじゃないんだけど。

もう2週間越えで、抗生剤が合わなくて何回も…とおっしゃっておられた。

うーむ、なんか、因果を感じるぞ。
年もたぶん同じくらい。
子どもの年も、同じくらい。

うおー、願わくは、カアカの抗生剤はどんぴしゃで効いてくれsign03bearing

現在、まだまだ熱もあり、炎症値も白血球も若干下がりつつある程度であるカアカであった…

人生の休養期か?gawk

2015年9月 5日 (土)

土曜日

昨夜は座薬のおかげでようやく眠れたsleepy
もうホント、ボルタレン25、座薬様様である。
妹ゆりゆり、昨日仕事帰りに寄って、充電器買ってきてくれる。生徒たちにもとりあえず連絡。退院の見通しがつかないからだ。

昨日は、執刀医、ゴッド森田先生もオペ終了後、飛んできて下さる。他、私のオペを担当していただいた先生方、みんな駆けつけていただいた。どうやら、カアカが大変な痛みとともに出戻ってきた、とオペ室でかなり話題となったらしい。婦人科ラパロでこうなるケースは珍しいからだ。ナースマヤちゃんの耳にもソッコーで入ったと後で聞いた。笑coldsweats01

毎日、採血採血。絶食点滴。抗生剤投与。午前中から熱は38℃。座薬やると痛みとともに去り、気分は薬チュウである。

まる2日絶食すると、さすがに精神的にキビシクなってくる。が、身体は「いらない」と言ってるのがわかる。細菌が入って、もしかしたら腹膜炎もおこしているのだ。腸が拒絶するのも無理はない。

腹腔鏡オペって言ったら、合併症のリスクはかなり低いことで有名である。カアカはその確率の中にどんぴしゃで入ってしまった。どうせなら宝クジが当たればいいのに。

今、術後2週間経っているから、手術の時の感染は考えにくい。たぶん、退院後になんかしらの影響で、細菌が入ってしまったのだろう。下腹部の手術はあなどれない。ああ、運が悪かった〜。清潔にしてたのに!bearing

午後になって、なっちんとトト、それからジジも来る。トト、荷物サンクスheart04
↓座薬で少し元気になってるワタシ

Image

なっちんは、金曜日学校から帰ってきたらカアカが居なかったので、電話してきたのだが、「カアカ、また入院しちゃったんだよ〜」と言ったらオドロキモモの木であった。すまぬ。

夜も引き続き38.4℃

懇願して、ようやく夜からお粥が出た。しかし三分の一くらいしか食べられず。

当分安静の刑のカアカであった…。


2015年9月 4日 (金)

再入院

木曜の朝のこと。

回復の兆し絶好調だったカアカに突然、下っ腹の腹痛が再来したthunder

なんだろう、薬も効かない。排卵のせい?イヤだなあ、手術のあとが災いしてんのかなあ…とマヌケなことを思って耐えていたら、あれよあれよといううちに、歩くのもしんどくなってきた。

下っ腹に鉛のかたまりが入ってる感じ。ガマンできない激痛まではいかない、ギリギリのラインである。これは体力を消耗する。せっかく、今日からはいよいよ運転も再開して、食料買出しもしてみよう!と思ってた矢先。術後次の日よりも痛む。

とりあえず、東邦医大に電話してみる。受診しないとわからないとのこと。そりゃそうだ。でも遠いし、とても行ける体力はない。明日まで様子見てみようと思ってたら、一晩中苦しんで寝られないということになってしまったsad

朝方37.4℃。おかしい。ここでようやく炎症が確かなものと判断して、もう一度病院にTEL。トトは、金曜日で仕事休むの大変な日だったそうであるが、朝っぱらから仕事仲間に連絡しまくり、オマエ東邦なんて行けるのか?と言いつつ、高速飛ばして連れてってくれた。感謝。車の振動と闘いながら1時間半、我ながら頑張った。到着。

着いたら、90才のおばあちゃんよりヨロヨロして、今にも倒れそうなカアカをスタッフが車椅子で婦人科まで運んでくれた。それから、CTやらエコーやら、血液検査。炎症反応が13。かなり高め(フツーはゼロに近い)白血球1万を超える。

ザ、術後の感染症であったsweat01

ああ、よかった、頑張って来て、原因がわかって!でもまず検査より、とりあえず今この痛みをとってくれよ〜!coldsweats01

そしてカアカ、そのまま緊急入院となったのでありました〜hospital

身ひとつで入院してしまいましたが、教訓になったのは、携帯の充電器をカバンに入れておくべきだったということでありますthink

2千円も使っちゃったぜ!

2015年9月 2日 (水)

新学期

なっちんの新学期も始まり、いよいよ明日から給食となったdelicious 助かります。

すっかり秋になってしまったかと思うこの頃だったが、午後からは蒸し暑くなった今日sun 蝉たちも大合唱復活である。

カアカの体調は、日に日に一歩ずつ回復していく感じ。
今日は、毎週配達してもらっている生活クラブの荷物を持って2階へあがれたupハ〜ハ〜休みたいdashとはなったが、腹に問題はなし。今朝から頭痛があったので薬を飲んだら、気になる下っ腹のシクシクも遠のいた。む〜、痛み止めで遠のくとは、やはりあれは鈍痛だったのか…think 痛みまでとは感じなかったけどな。さすがに、痛み慣れした私である。

それからもう1つ。ずっと貼りっぱなしにしていた、お腹の傷のテープを剥がしたshine
コレ、自然と剥がれるのかと思ってたら、まったくこのまま1年くらい貼付いてそうな勢い。「1週間くらいでとっちゃって下さいね〜」と指示されたような記憶もあったが、忘れてしまったgawk 困ったあげく、わたしの心のメル友、森田チルドレン嬢に訊いてみる。彼女、術後6日目に剥がすよう指示をもらったと教えてくれた。感謝!おそるおそる剥がしてみたら血だらけのテープの下から、キレイに治ったおへそが出てきた。嬉しいっhappy02shine

面白いのは、ホルモン治療をやめてからの卵巣ホルモンの回復っぷり。
ホットフラッシュ(ほてり)や、めまいも薄れてきた。気づいたら、ほとんどない。早いぞワタシ!点鼻薬の方が、注射よりも楽だとは聞いていたけど、本当である。

この薬は、手術準備のために、身体に勘違いをさせて排卵をやめさせ、いわゆる更年期へもっていくモノなんであるが、薬をやめてからは、身体の方が「アレ?」と思い直し、大急ぎで支度しなおしている感じがわかる。

まずは、せっかく手術で1キロ痩せた体重の改修。しなくてもいいものを、毎日せっせと増え続け、あっという間に元以上に戻ってきた。毎日体重計に乗っているワタシだからわかることであるが、オンナの体重というのは、排卵期に合わせてすごく増える。もう、今か今かと体力つけて、その準備をするかのようである。ちなみに、ホルモン治療で排卵を止めている時は、体重の増減はゼロであった。面白いですねぇ。きっとそのうち、この体重も周期と共に急降下すると思う(してもらわないと困る。)

その他もろもろ、ザ、卵巣復活に合わせた身体の動きが、手に取るようにわかる今日この頃であったpaperthink

面白いので…っていうか、もう月のモノも来なくなるわけで、身体の周期がよくわかるように、基礎体温だけは定時で毎日つけるようにしているカアカでありました。マメ〜。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ