« あさきゆめみし | トップページ | 再入院 »

2015年9月 2日 (水)

新学期

なっちんの新学期も始まり、いよいよ明日から給食となったdelicious 助かります。

すっかり秋になってしまったかと思うこの頃だったが、午後からは蒸し暑くなった今日sun 蝉たちも大合唱復活である。

カアカの体調は、日に日に一歩ずつ回復していく感じ。
今日は、毎週配達してもらっている生活クラブの荷物を持って2階へあがれたupハ〜ハ〜休みたいdashとはなったが、腹に問題はなし。今朝から頭痛があったので薬を飲んだら、気になる下っ腹のシクシクも遠のいた。む〜、痛み止めで遠のくとは、やはりあれは鈍痛だったのか…think 痛みまでとは感じなかったけどな。さすがに、痛み慣れした私である。

それからもう1つ。ずっと貼りっぱなしにしていた、お腹の傷のテープを剥がしたshine
コレ、自然と剥がれるのかと思ってたら、まったくこのまま1年くらい貼付いてそうな勢い。「1週間くらいでとっちゃって下さいね〜」と指示されたような記憶もあったが、忘れてしまったgawk 困ったあげく、わたしの心のメル友、森田チルドレン嬢に訊いてみる。彼女、術後6日目に剥がすよう指示をもらったと教えてくれた。感謝!おそるおそる剥がしてみたら血だらけのテープの下から、キレイに治ったおへそが出てきた。嬉しいっhappy02shine

面白いのは、ホルモン治療をやめてからの卵巣ホルモンの回復っぷり。
ホットフラッシュ(ほてり)や、めまいも薄れてきた。気づいたら、ほとんどない。早いぞワタシ!点鼻薬の方が、注射よりも楽だとは聞いていたけど、本当である。

この薬は、手術準備のために、身体に勘違いをさせて排卵をやめさせ、いわゆる更年期へもっていくモノなんであるが、薬をやめてからは、身体の方が「アレ?」と思い直し、大急ぎで支度しなおしている感じがわかる。

まずは、せっかく手術で1キロ痩せた体重の改修。しなくてもいいものを、毎日せっせと増え続け、あっという間に元以上に戻ってきた。毎日体重計に乗っているワタシだからわかることであるが、オンナの体重というのは、排卵期に合わせてすごく増える。もう、今か今かと体力つけて、その準備をするかのようである。ちなみに、ホルモン治療で排卵を止めている時は、体重の増減はゼロであった。面白いですねぇ。きっとそのうち、この体重も周期と共に急降下すると思う(してもらわないと困る。)

その他もろもろ、ザ、卵巣復活に合わせた身体の動きが、手に取るようにわかる今日この頃であったpaperthink

面白いので…っていうか、もう月のモノも来なくなるわけで、身体の周期がよくわかるように、基礎体温だけは定時で毎日つけるようにしているカアカでありました。マメ〜。

« あさきゆめみし | トップページ | 再入院 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537165/62204569

この記事へのトラックバック一覧です: 新学期:

« あさきゆめみし | トップページ | 再入院 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ