« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月29日 (日)

なっちん発表会

昨夜の眠気を断ち切るようにして、朝っぱらから昭和音大ホール集合、なっちん発表会notes

湯山昭作曲、お菓子の世界より
「ソフトクリーム」「シュークリーム」を弾きました。↓

本番に強いなっちん。しかし春には四年生。さすがに「緊張」という二文字がちらつき始めてきた様子。曲が難しくなってきたこともありますが、その場の状況が読めるようになってきた、という成長の証でありましょう。だんだん、今までのハッタリはきかなくなってくるぞ〜smile 見ているカアカも少々ハラハラいたしました。舞台というものは本当に、もともと持っている本人の度胸と練習の回数によるもんです。

なんとか無難に弾き終わり、とりあえずお役目を終えたカアカの肩の荷がおりましたthinkpaperあ〜疲れた。

Img_2027 Img_2028

さて、あとはうちらの本番のみ。
人のこと言ってる場合でないので、ガンバロウ。

2015年11月28日 (土)

お堂ライブ

さあて、ようやく週末だ。

って言っても、トトもカアカもこの土曜は仕事。朝からバタバタ忙しかった。いつものことなんだけど。しかしそんな中でも、連休中に飾ったツリーが年末ムードを盛り上げてくれてますxmasshineもみの木もずいぶん大きくなりました。

Img_2026_2 Img_2020

札幌ジジババから今年もまた、ロイズのチョコアドベントカレンダーが届いたよsign03なっちん超〜大喜びheart04ありがとうジジババ〜lovely

さて夕方までドタバタと駆け抜け、夜は近所の幼稚園での、恒例お堂JAZZライブ。今年で4回目になりますが、トトとカアカは好きでけっこう行く。今回は、ここに姫の入園を決めたマリリン夫妻を誘ってみた。

Img_2022

立派なお堂です。
毎年花祭りも楽しみにしていて、よく散歩に来ます。
ここの住職さんがなかなか粋な人で、今回もギタリスト作曲の「妙常寺」というお経コラボJAZZをやってくれました。住職、いい声なんだよねえ。お経と音楽って、意外にもマッチするんだよねぇ。音程があるというのか?

客層にじっちゃんばあちゃんが多いから、スタンダードJAZZオンパレードに、赤とんぼやらふるさとやら、はたまた上を向いて歩こうやらのテーマでアレンジサービス付き。もうお客さん大喜び。思わず笑ってしまった。あっと言う間の2時間。なっちんは託児室にて映画鑑賞。

住職さんの、ありがた〜い説法でお開きとなった後は、予約してたイタリアンへ、ダブルデート〜。

Img_2023 Img_2025

明日なっちんはピアノ発表会だっていうのに、遅くまで遊んじゃった、楽しい夕べでありましたwinerestaurant飲む飲む。

2015年11月21日 (土)

詰めの最終レッスン

なっちんはようやく気付いたらしいが、来週は彼女のピアノ発表会である。

カアカも自分の本番が近いのでほったらかしだったが、時間はあっという間に流れるもんだ。

今日は港北最終レッスンに行って来た。長らくトトに送ってもらっていたが、本日は教え子の個展の手伝いだったため、1ヶ月ぶりにカアカの運転で。いやあ、1ヶ月前はあんなに長くしんどく感じた高速が、今回の早いこと!余裕である!回復を実感した日であったshine嬉しい。

今度の舞台では、湯山昭の「お菓子の世界」から「シュークリーム」と「ソフトクリーム」を 弾くことになっているなっちん。
自分で選曲しました。題名のインスピレーションだけで選んだ彼女。この曲集、けっこう難しいんだよね。音は濁りやすいし、リズムや流れも掴みにくいし、旋律の響かせ方も高度になってくる。下手すると、やかましいだけの曲になるんですよ、湯山さんの曲って。だから先生の指導も、それ相応に細かくなってくる。

本番一週間前のレッスンっていったら、まあだいたい、残り時間でできる程度の仕上げをするんだけど、なっちんの先生はそんなもんじゃなかったsmileすごいよ?

和音の旋律部(メロディーライン)は指の付け根から鍵盤に入れて浮かび上がらせて弾く、ペダルを使う部分の左手伴奏ラインは極力小さく音色を変えてピアニッシモで弾く、腕を使ったリズムや間のとらせ方、ほか、そりゃもう数小節ごとに止めてことごとく注意されていた。なっちんも割とやろうとしている感じはあるし、カアカだったら、子どもでこのくらい出来ていればよしとするところだが、妥協を許さず(笑)すごいな、そこまで要求するかァとため息が出るほどの熱心なレッスンであったthinkありがたや。

いつもだったらまあ先生の言ったことの半分くらい出来ればいいか、と思うカアカであるが、なっちんもだんだんお姉さんになってきたことだし、少し先生の期待にこたえて教えてみるか、と、バトル覚悟で補助に乗り出した。すると出来る。彼女はやはりピアノに関しては器用だ。左手の、2の指だけを音色変えたり、そういう芸当をやってのける。問題は、持続できるかどうかだ。まだ年齢的に、そこんとこが難しいんですよねthink いかに安定した演奏でキープできるか?がカギだけど、なかなかできるものではない。うちのコンクール組生徒たちも、毎回相当苦労する。

まああと一週間、どこまで出来るようになるか、温かく見守ってやろうと思うカアカでありました。

願わくは、なっちんよ。キーキーと怒らないでくれ。

2015年11月20日 (金)

初合わせと個別面談

さてこの日も引き続き、面談日用にレッスンは休講。

ということで朝から、来月のクリスマスコンサートのための初合わせをいたしましたnotes

体調はもうずいぶんいいカアカ。
2時間ばかり、ヴァイオリンのマリさんと2人で頑張ったpunch
アンサンブル、苦手だが楽しいhappy02 一緒に音楽を作り上げてく連帯感。あちこち弾けてない部分も露わになるのがまた、精進への気持ちが高まる。

12月12日(土)17:30〜綾瀬市役所ホールにて。入場無料です。
私にとっては復帰コンサートということになります。お時間ある方は、ぜひお立ち寄り下さいconfident

午後は学校個別面談。
担任は、若くて可愛い、なっちんの大好きな優しい先生であるlovely
なっちんは、クラスに女子グループの輪が出来上がりつつある中、やはり1人で個性的に動いているそうである。
「なっちゃん、自分の好きな遊びじゃない時は輪から抜けますがこの先大丈夫でしょうか?」って訊かれたけど、それは良かったです!って喜んだら拍子抜けされた。
いいじゃんね?様子を詳細に教えてもらったが、べつだん、その場の雰囲気を壊してまで自己中に動いているわけではない。それだったら、何も気を遣って、グループに合わせて行動することはないぞと母は思う。

どうも日本の学校は、協調性を重んじすぎる傾向があると思う。
私が教師だったら、まずは個性的であることを褒め、心配なんてしないけどな。
その場の空気を読むことは大切だけど、そんなの、そのうち自然と学ぶことよ。
空気が読めないオトナは困るけどね。まだ子どもだもの、自由に、デッカく成長してくれ。

と、考える、空気のまったく読めなかった幼少時代を過ごしたカアカ、同類でありましたthinkpaper

2015年11月19日 (木)

女子会、そして事件です。

体調も戻り、全速力で駆け抜けている11月punch

学校の面談週間のため、レッスン休講日を設けていたカアカ、本日は午後まで音楽家子持ちメンバーと女子ランチ会なりrestaurant
みんな腕によりをかけて、美味しい手料理を持ち寄ってくれましたdelicious

Img_1959 Img_1960
 

二人ともおっきくなったよ〜heart012歳半になると、泣いてあやす時間が減ってくるため、母たちおしゃべりも以前より増えた。3歳になってくれば、もうちょっと手がかからなくなるハズ?まあ別の意味で、手がかかりますけどね。ヒヒヒsweat02

学校から帰ってきたなっちん、ひとめ可愛い二人に会って満足すると、またカツオのようにすっ飛んで行ったrun

2時半にお開きになった後、我が家でもっか大変なことになっている「事件」についての対策を練る。

Img_1961

どうよこれ!↑1階ピアノレッスン待ち合い室の天井に浮かんだ、謎の影。
昨日なっちんが寝っ転がったときに見つけてくれたeyesign01
「カアカ〜、人の顔があるぅ!」coldsweats01 た、大変!水漏れ〜sign02いつからだ???

ジジがあちこち点検したのち、誰に相談するかと頭を捻らせ、たびたび世話になってるイケメン友人に電話してみた。

「はいよっ、オレの出番?」

Img_1962 Img_1963

いや〜、持つべきものは、技術のある友人よ!

カレ、カアカの元カレ…じゃなくって、カアカ小学校時代悪友のダンナさま。
高校の頃からの仲だからね、水道屋の彼にはちょいちょい、我が家の水回り修理に来ていただいてます。風呂上がりだって言うのに、作業着に着替えてわざわざ来てくれました〜。天井ぶち壊し工事覚悟してたら、アッサリとシンク下の欠陥が見つかりflairパイプの隙間から滴り落ちて、1階までつたっていたようです。ついでに配管工事の手抜きまで見つけてもらっちゃって…。小一時間で直してくれた。ありがたや。

さて、問題は、天井裏が無事に乾くであろうか?ということである。う〜む。
カアカが入院騒動してた間に、我が家がこんなことになっていようとは。

Img_1964

とりあえず気を取り直して、ボジョレー解禁でカンパイであるwinethink

2015年11月11日 (水)

10周年コンサート

本日は、ロータス室内管弦楽団の10周年記念コンサートnotes

トトとカアカがピアノコンチェルトで出演した立ち上げコンサートから、もう10年。早いなあthink

指揮は我らが親友、倉石篤志。コンサートマスターはN響の白井篤氏。
曲目は、
ディーリアス「小管弦楽のための二つの作品」
チャイコフスキー「弦楽セレナードハ長調op.48」
モーツァルト「交響曲第39番変ホ長調K.543」
オケもレベル高し。色彩豊かで楽しいプログラムでしたhappy01

さて、演奏会の詳細感想は、後ほど呑んだくれながら語り合うとして。
コンサートのおまけの楽しみといえば、知り合いが全員集合することである。

こちら、10数年ぶりに感動の再会をした生徒。↓
12年前、トトとカアカの結婚式にて、リングガールをやってくれた彼女、当時4年生heart01

Img_1915_4Img_1912_2

↓こちらは現在4年生の双子姉妹heart01
こりゃ、ニセ家族だけど、家族総出で聴きに来てくれました。
ありがとう!

Img_1913_3

↓これら、終了後バカ騒ぎをする同級生ら。こういうのが本当に楽しい。

Img_1916_2 Img_1917_2

↓受付をやってくれた生徒たち。こ〜んなにキレイな娘っ子になっちゃって…

Img_1920_2 Image

10年前はこ〜んな悪ガキであったのだsmileさて、どの娘がどの子でしょう?真ん中除く。
Img_1911

いや〜、ピアノって長〜いお付き合いです。年とるわけだ、ホントに。
そんなこんなで、すっかり同窓会気分の演奏会でありました。
我が友、素晴らしい夕べをありがとうgood

お疲れ様でした〜!

2015年11月 7日 (土)

ハリポタ祭り

本日はココ最近ハマっているホームシアター、ハリポタ祭りmovie

うちにはでっかいスクリーンがあるんですけど、たまぁに映画に連チャンでハマる。
ハリーポッター、遅ればせながら小説と共に借りてきて、時間の合間を縫って楽しんでいる。今夜は来客も巻き込んで鑑賞。第一話しか観てないらしく、いきなり「謎のプリンス」に飛び級してスマン。いや〜でもスクリーン+スピーカーに接続すると迫力満点punch映画館、行かなくってもオススメです。年末はリビングで観ようっと。

ついでに楽しかったのは、カアカ12月のコンサート用にさらっていた伴奏を、ヴァイオリンでサクッと合わせてもらったこと。私は伴奏が苦手でしてsweat02マブダチにダメ出しされとくと、大変たすかりますthinkpaper 「うわー、めっちゃソリストやな〜」「伴奏!伴奏だから!」「よく聴いてこっちぃgawkgood annoy 」などとケンカしながら合わせるのは、なかなか楽しい。

クライスラーの愛の哀しみを合わせていて思ったのが、男性ってやっぱロマンチストなんだねー!ってことである。女は現実的でたくましい。思わずビックリさせられるくらい、感傷的な演奏だったりすると、そこに男女の違いをはっきり感じさせられて興味深い。ポジティブなカアカにはそんな演奏は逆立ちしてもできない。陶酔はできるけど、哀愁はね。ちょっとね。

「失恋したことないの⁈」「そりゃあるよgawk(←私)」 ってな会話含めて、大笑いした夕べであった。 失恋の仕方ひとつにしても、男と女じゃ〜その後の断ち切り方が違うんでしょね。

ところでトトが最近ハマったもの。旧友の出版した、だしの本。これ↓

Img_1872

おかげさまで今夜は美味しい昆布だしのミネストローネを作ってくれました。
感謝満腹heart01

2015年11月 6日 (金)

多忙よ復活なり

11月に入り、仕事も完全通常サイクルになったとたん、急に忙しくなってきたtyphoon

そう、気が付いたらもう今年もあと2ヶ月じゃないか。
レッスン再開してからまだ一ヶ月経っていないなんて、ウソみたいであるthink

この一週間は飛ぶように過ぎ、慌ててコンサートの曲をさらい始める。
年明けからは発表会準備が始まるなんて、考えただけでおっかない。

ああ、そうだった。私の生活はこんなだったgawk あのひとときは、本当に貴重な休暇だったのである。一日一日がカアカの身体にとって貴重で、時間の流れがゆっくりだったのだ。今は散歩をしていても、音楽をやっても、あの時ほどセンシティブに、神秘的に感じられない。体力の回復と同時に、感受性も元に戻ってしまった。やはり身体が動かなくなるということは、人生の中でとても貴重な経験なのだと思う。今はあの時の10倍速くらいの回転モードで時間が進む。あっという間に年末になってしまいそうである。

さあ、週末のレッスンも頑張ろう(苦笑smilesweat02
健康万歳。

2015年11月 1日 (日)

公民館祭り

今日はすぐ近所の公民館祭り。このところめっきり冷え込んできたが、いい天気sun

Image

なっちんは朝から楽しみにしていて、昨日買ってもらったおNEWの水色の靴を履いてすっ飛んで行ったhappy01

無料の綿菓子や豚汁、つきたてのお餅が振舞われる。美味しいの何のって。町内の子どもや親たちと話せるいい機会だ。なっちんは、公民館の中で工作を楽しみ、近所の悪ガキ軍団と1日中飛び回っていた。

さてカアカ退院後2度目の幽霊生理を迎える。
1度目より断然軽くなっている。素晴らしいhappy02これくらいなら仕事は難なくできる。なんとも言えない下っ腹の重たい感じや眠気はあるが、痛みも怠さも貧血もなく、出血もしないとは何て楽なんだろう!このために頑張ったのだ、心の底から嬉しい。でも今まさに生理が来ているとハッキリ自覚できるなんて、一体私のお腹の中はどうなっているのだろうか?thinkぜひ主治医に訊いて、詳しく知りたいところである。

そんなこんなでわりと元気なカアカは夕方には冬支度をし、部屋中の扇風機とストーブを入れ替え、押入れをすっかりキレイにした。

なっちんは散々遊んでからピアノの練習をし、トトに買い物を命じられて1人でco-opまで刺身を買いに行ってくれた。買い出し行ってくれるなんて、何て楽なんだ!と喜ぶトトだったが、得意げに持って帰って来たものはマグロのたたき巻きであったgood

夜はハリポタ祭り。今夜は炎のゴブレット。ところどころ昔テレビで観た記憶を繋ぎながら、ああそういうことだったのか、と納得する我らと、興奮して観るなっちんでありました。

よき休日note


« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ