最近のトラックバック

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

ハロウィンパーティー

本日、クラシックピアノクラス、3年ぶりのハロウィンパーティーsun

なっちん昨日に引き続いて大ハッスルでありますdash クラッカーで「ハッピーハロウィ〜ンsign03」はじまりはじまり〜〜impact

Image_27

Image_20

まずは今日のメインイベント、仮装コンテストですheart01 厳選なる全員投票を行います!5人の賞に選ばれたのは〜〜?

↓「キュートで賞」の、魔女っ子2歳heart01なんちゅう可愛さlovely

続いて「愉快で賞」の座敷童(笑)こんな座敷童がいたらいいのにsmile 本人が考案したというんだから、ますます愉快です。

Image_21Image_22

↓それから、「似合うで賞」の殺せんせーbearing ほんと似合ってる。

「カッコイイで賞」ハリーポッターsign03 着こなしております!

Image_23Image_24

↓最後に、「ハロウィン大賞sign03」ホラーな魔女wobbly 美しいお顔を血だらけに塗ってのご登場。

入賞者はこの5名でしたが…。トト個人的に、ゴミ袋で作った衣装と手作り帽子の魔女が気に入ったそうで、コヤマ賞を贈りますbell 次回用意しとくぜっ。

Image_25Image_26

そうなんです。今みたいに、ハロウィンが大ブームになる前ではコスプレなんかも限られていて、生徒たちはほとんど手作りしていましたthink お面やら、ダンボールやら、シーツやら…あの時代が懐かしい。奇想天外な仮装が飛び出して、そりゃあ笑えましたよsmile

それではコンテストのお次はビンゴで盛り上がってから…
お決まりの、宝探しgood チームごとに分かれて、公民館に散らばる12枚のカードを探し出せsign03

Image_10

ヒントはipadの中の画像。わたくし、午前中から1時間かけて隠しましたから。

用意スタートsign03

Image_11

Image_12

「ないなァ〜」…座敷童ちゃんも、探しますsmile

Image_13

12枚無事集め終わったら、カードの絵をパズルのように台紙に貼り合わせます。塗り絵です。芸術的に。超真剣wink

Image_16

Image_17

Image_28

最後に、台紙をつなぎ合わせると、宝のありかがsign02
「たからのばしょは、しろいぶったいのなかだ」
ゴメン、作成してから気づいたのよ、冷蔵庫は白じゃなくて緑でした。ホホホcoldsweats01

Image_14

Image_15

今年はハーゲンダッツのアイスじゃ〜〜〜delicious

一番早くカードを見つけ終わったチームから選べます。ココが、超真剣。

アイスぱくぱく。美味しい?

Image_18

Image_19

盛りだくさんの3時間。子どもたちのパワーで熱気ムンムン、大騒ぎのパーティーでしたwink

手伝ってくれた中高生のお兄ちゃんお姉ちゃん、それにスタッフになってくれた、夏っちゃん。どうもありがとうございましたlovely

2016年10月23日 (日)

結婚記念日ディナー

来る26日は、13回目の結婚記念日heart01

平日なので、日曜日にお祝いrestaurant 最近気に入った、厚木のシチリア料理屋さんにGo!

Image

Image_2

フィーコディンディア。なかなか覚えられない店名coldsweats01 本格的です。美味しい。南口にあります。

ドルチェが美味くて雄叫びあげるなっちん。

前菜ムール貝に始まって、ディナーの一皿はだいたい2人前くらいなんだけど、それをわざわざ3人分に丁寧に取り分けて出してくれます。さすがサービス料込み。でもそこまで高くない。

Image_3

Image_4

マッシュルームのクリームリゾット↑このお店はリゾットが絶品。

それから上質なオリーブオイルとチーズだけのパスタ。シンプルでうまい。メインは蝦夷鹿を頼んだけどこれがまた柔らかくスライスしてあって、ジビエとは思えないくさみのなさ。

Image_5

Image_6

ドルチェはハーフにして選べますdelicious

Image_7

Image_8

久々に大ヒットのお店で、舌の肥えたトトも腹の肥えたカアカも大満足な夜でございましたgood

これからも健康で、人生ハッピーに過ごしたいね。

 

2016年10月22日 (土)

留学時代

ハロウィンパーティーの仕事が終わるまでは読まない!と決めていたのであるが、誘惑に負けて読み始めてしまった。

私はハタチの頃からずっと毎日日記をつけていたんだが、10年サイクルくらいで読み返すとめっちゃ面白いthinkある作家が、自分の日記はどんな小説よりも面白いものだ、と言ってたが、本当である。留学時代の頃。結婚するかしないかの瀬戸際の青春時代(笑)あー、こういう気持ちの流れで今の私がいるわけね!とか、納得してしまう。忘れていた出来事なんかもあって、人間の記憶なんて頼りないもんだなと思った。

中でも一番面白いのは、なんといっても貧乏留学時代から帰国後までの数年間である。先輩や友人や恋人?たちがワンサカ出てきて、その人たちが言ったセリフも自分の想いも全てが懐かしい。その時の気持ちにワープして、熱いものがこみ上げてくる。

若い頃の文章ってなんて生き生きしてるんだろう!自由奔放に、そしてがむしゃらに勉強していて、もうあんな時代は2度と来ないと思う。

ベルギーのコンセルヴァトワールは王立だけあってなかなか厳しくて、相当優秀でない限り容赦なく落第させられたのだが、カアカはもちろん、まわりの友人たちも揃って「試験落ちた…shock」と真っ青になっていたりしていた。しかも成績は廊下に大きく張り出される。その頃の日記を読むと、まさにのだめカンタービレの世界で、あのマンガは留学生たちの生活をよく研究して描いてるなあ、と感心したりする。お金がなくてもそれなりに楽しく、全力でよく遊びよく学んだ。今だから楽しかったと思えるけれど、あの頃は背中に背負った荷物が重くてしんどかった。悩んで、もがいて、帰国したらどうしようかとまた悩み。

今、物語を読むように客観視すると、あの時の出来事全てに意味があり、全てが今につながるために必要なことだったんだなァ〜。と思う。4年間日本とヨーロッパを行き来しながら感じたこと。せつなかったこと。感動したこと。そして帰国してからもう一度、自立するためにもがいたこと。

いや〜、覚えてたつもりが、日記って財産なんですねえ。忘れてた細かい出来事までフラッシュバック!shine
ザ、青春時代!てやつは、なんと輝いてることか。

ついでにトトの書いてた9歳の日記なんぞも出てきて(お母様が送って下さった)家族一同、爆笑しております。特になっちんの、喜んだこと喜んだことsmile

今の彼女のヒミツ日記とやらも、大事にとっておいてやろう。と思う母であった。

2016年10月16日 (日)

ざわわ

快気祝い…いや、快気仕事というべきか。いっちょ、久々に子どもたちのために開いてやるか〜 think rock というわけで、ハロウィンパーティーを計画している。うちの教室のイベントは、ご存知の通り企画がハンパではない。兄弟姉妹引き連れて2、3歳児も来るっていうから、幅広い年齢層で楽しめるハロウィン宝探しを、モーレツ検討中。

そんな日曜日、前から楽しみにしていた、森山良子さんのデビュー50周年コンサートに行ってまいりました、in厚木文化会館。 「ざわわ〜notes」で有名なさとうきび畑、トトが大好きなのである。これはもう、生ざわわを聴くしかないっしょ!

Image

うちらはクラシック以外でも、栗コーダーカルテットやらペンギンカフェやらJAZZやら好きなコンサートはいろいろ行くんだけど、いわゆるスターのコンサート、ってのはあんまり行ったことがないのでとても楽しみにしていた。チケット6,500円、決して安くはない分、きっと楽しませてくれるんだろなァ〜。なんて期待しながら。

そしてその通り。良子さんは素晴らしかったshineのっけのアナウンスからご本人が行ない、観客を惹きつける。あの、「携帯電話をお切り下さい…」ってやつあるでしょ。あれを本人がやるのだ、面白い。そして登場、もう最初っから最後までテンション崩すことなく、パワフルな歌声と踊りで全開、とても68才とは思えない。立ち振る舞いはダンサーのごとく。二の腕は引き締まり、背中の筋肉たくましく、日々の努力を思わせられる。そろそろこの歳になってくると、15歳くらいはサバ読んでいいのよ。って彼女がステージで言ってたけど、その通り15歳は若く見えた。そして年齢層の高い観客たちの、なんと年齢相応なことか。笑

スゴイなあ〜!2時間半、トークに歌にダンスでぶっ通し。(もちろん休憩はあるけど)尊敬と驚愕である。歌はもちろん素晴らしかったけど、中でも特に後半のクラシックアレンジとJAZZが上手かった。生ざわわは、聴けて感激!happy02

分野はそれぞれだけど、やっぱりステージに立ち続ける人は輝いている。ものすごく勉強になった舞台であった。少し前まで、死について考え、死ぬことは怖くなくなってきたんだけど、人生を生きる楽しみってなんだ?と自問していた。でもでも、人生の醍醐味ってやっぱり音楽だよ!と再確認できた日になった。ありがとう良子さんlovely

ちなみに、森山良子とカアカは同じ誕生日なんです。へえ、偶然。

そのあとトトとカアカは感動を胸に、美味しいイタリアンでお腹も満たして帰宅したのでありました。 なっちん預かってくれたジジババに感謝。

2016年10月15日 (土)

思い出に残る日

今日はなっちん港北ピアノから直行で、懐かしの幼稚園の、卒園生種目に参加してきました〜good 大興奮lovely

Image

Image_2

ずっとずっと会いたがってた先生と、3年ぶりに再開してギュウしてもらいましたhappy02heart04

めちゃ照れてるなっちんsmile さすが幼稚園の先生だよ、ギューなんて、小学校の先生やってくんないもんね。そりゃそうだけど。

園長先生も84歳で、元気バリバリアナウンスしてらっしゃいました。いやはや。

それからカアカは疲れて帰宅するトトのために(本日、修学旅行と前校文化祭連チャン)ちゃちゃっと夕飯支度をし、懐かしの顔と再開するために出る。

やっぱいつも思うけどね、懐かしの連中、と会うのっていいよね。久しぶりに会って幻滅されるのヤダから、人間として気合入るし。お肌のケアも復活させたし。なのに衝撃的だったのは、

「アレ、白髪目立ってきたねー。疲れて見えるよー。」

ってこのセリフであったcoldsweats02 (ちきしょー!coldsweats01 )そういや、発表会終わってから美容院、カットだけだったし。忙しくてしばらく染めてなかったし。くっそ〜、盲点だったぜ。指摘してくれて良かった。で、そういうことを、女子会だと気がついても言えない、言われなかったりするが、男友達にはなぜか言えるし、言われても嫌味にならないで済む。そういう意味で、女同士って微妙よね〜、男って気楽でいいわ〜。と、つくづく思うthink 男友達バンザイ。ぜったいカアカ、前世は男だったと思うよ。人間だったとしたらねsmile

 

2016年10月13日 (木)

卒業!

昨日、めでたくカアカ、卒業してきましたshine

なんの?って、おっぱいですよ、おっぱい。あ〜嬉しいhappy02

寒川病院にて傷口の診察。予約外だったから一番ビリ。3時間待たされて超疲れたけど、センセーの笑顔で「終了!」宣言された時の嬉しさはハンパなかった。

病院を後にして見上げた秋空の清々しさsun
やっと、あ〜終わった!と、正常な精神状態で痛感することができた。

傷口はまだ若干赤いけど、痛みも痒みも違和感もずいぶん緩和されたし、ケロイドにもたぶんならない。そう願う。

あの日、発表会終わってすぐの検診を受けなければ、この何ヶ月かの通院やら傷跡やらとは無縁だったかもしれない。と思うと、なんだったんだ…という気持ちと、いやいや、貴重な体験であったthinkという思いが交差する。まあともかくも、人間の「非日常」な精神状態はそうそう長くは続かないようにできている。最初の一週間もそうだったけど、わたしの気持ちはずいぶん日常へと戻ってきまして、さあ人生を楽しもう、と思えるようになった。でも、今回の一件で心に刻まれた想いは変わらない。経験しなきゃ、わからなかったこと。そう思うと、またひとつ修行させてもらったな〜と、しみじみ思うのでありました。

さあ、一年後の検診を目標に、健康管理がんばるぞpunch
さっそく今日からダンス再開じゃ〜。えいえいおー。

2016年10月10日 (月)

ウクレレ日和

雨が上がったから今日はちょっくら、チャリンコでGobicycledash

ウクレレ教室、in三川公園。

Image_3

Image_4

ウクレレ欲しくてたまらなかったミナ。誕生日にやっと買ってもらって、今日は初レッスンwink

Image_5

Image_6

いい感じで1時間みっちり特訓受けてましたgood

Image_7

Image_8

ちなみにカアカは弾けませんthinkpaper

「いま三川公園にいるよ〜!」

ってメールしたら、続々と集まってきた生徒たちsmile

こうなりゃ、クラシックウクレレクラスを作るか。

Image_9

15時お開き。朝から半日いると、な〜んもせずとも疲れます、外気浴。

楽しい三連休、これにて終了〜。カアカもめでたく平常心だいぶ取り戻したりscissors

 

2016年10月 9日 (日)

君の名は。

三連休中日。天気悪し。眠すぎて昼寝したあと、映画を観に行ってきた。ついでに、イオンで開催されてた宇宙展とかいうのになっちんが行きたい行きたいって言ってたんだけど…

Image

↑閑散とした場所に、これと、ちっさなロケットとパネルしか展示されてなかった(笑)そりゃないだろ、オイ…(うけたよ…)

そして今日のメインとなる映画「君の名は。」

トトが好きな新海誠監督。正直、予告編観てあんまり期待してなかったんだけど、新海誠なら裏切らないだろう、裏切らないでくれ〜。と願いながら観た。

ツボでしたbell 久々のヒット。やっぱり新海誠、ステキだ。観終わったあと、隣で感動してるトトと、おしっこ行きたくてはち切れそうな顔してるなっちんの対比が面白かったけど。

やっぱり映画っていいね。感動するのっていい。現実世界に戻って来られるわ。生きてる意味って、この感情を使うことなんだなあと思う。芸術万歳。

なっちんはこの日、ステキな夢をみたそうです。美味しい雲をたくさん食べて、夕焼け雲はみかん味の綿菓子だったそうで、途中でカアカに起こされてガッカリしてましたsmileそんな夢、うらやましいぞ。カアカも見てみたい。

さて、映画終わったあとは、ぶんゆりと合流して焼肉〜。

Image_2

厚木の飯山、焼肉の田口。ここうまいよdelicious

カアカのおっぱい祝いということで、カンパーイbeer

 

平常心

手術から1ヶ月を過ぎて、傷口がだいぶ治ってきた。もう歩いてもひびいて痛まなくなったし、こないだの受診でステロイド渡されてから、赤みと盛り上がりも一気に引いてくる。さすがはステロイド。使い方間違えるとおっかない薬だ。ただし夜中に急に痒くて起きちゃったり、不意にチクっとしてビビることはまだある。何でもそうだけど、日にち薬よねー。サクッと治りました〜!ってことはないんだねー。としみじみ思う、この頃。

精神面の回復は、というと、正直まだフワフワしてるところである。フシギなもんで、癌解除された日からドッと疲れが出て、口の端が切れたり頭痛がしたり、ひたすら眠かったりする。癌ですよと言われて、戦闘態勢に入った時はそんなことはなかったから、人間て気が抜けると調子崩すんだなーと思った。

でもこれまた面白いのは、昨年子宮の手術したり抜歯したり発表会に追われたりしていた間、イマイチ気分の乗らなかった美容関係に、また自然と興味がわいてきたことであります。それも、非常にシンプルに。そうすると、肌の調子も良くなってくる。あとは運動再開だ、と思っていたら、これまたグッドタイミングに、生徒さんから「大人のバレエ体験」のチラシをいただいた。その昔、カアカ子どもの頃に通っていたバレエ教室の宣伝である。これは神からの指令かと思い、重い腰を上げて体験に参加申し込みをしてみた。笑

とにかく今回の一件は私にとって大きくて、この世界の日常を、まだ平常心で楽しんでいていいですよー、
と言われてうまく馴染めない気持ちはしつこく続くらしい。

だからとりあえず、買い物をしたり、誰かと喋ったりして発散させたい気持ちが強い。

一度、何かしらの覚悟を決めた経験をすると、生死は常に隣り合わせにあると感じ、どこか冷めたような、身体の中で一部の回路が確実に変更されたような感じになります。身近な人の死という経験とはまた違った感覚。今のそれは自分の内側からやって来るものであり、愛する人の死から受ける衝撃とはまた違うと思う。

なんだか大袈裟なこったな〜。と笑われると思うんだけどね、こんなことを感じられるのは、音楽家にとっては貴重な体験なものでして、人よりも大袈裟に感じるのだとしたらそれもよし。またこれが次の機会にいきるだろ。と、あくまでも前向きに捉えているカアカであった。

早く平常心に戻りたい。
(本音)

2016年10月 5日 (水)

今の心境

引き続き、現実世界にうまく戻って来られないカアカ。

癌て、宣告される時も、解除される時も精神的に持って行かれるもんだと知った。待ったなしに忙しいのも手伝って、疲れるgawkdash

「癌です」と言われた時も、1週間くらいはあっちの世界にいた。不思議なもんで、「癌じゃないです」と言われた時もそうなる。これがもし、ほんの数週間で解除されたんなら話は別で、それこそホッとするだろう。でも、何ヶ月かかけて心のウチを整理整頓してきた者としては、頑張って100m走ろうとしてて後ろから渡されるはずのバトンが突然消えたというか、練習していたのに突然本番がなくなったというか、そんな心境になる。私は癌早期と言われていたので、死期切羽詰まったストレスだけはなかったけれど、治療しなければならないというストレスは少なからずあった。だから日々思い詰めるよりは、明るく楽しく華やかに、あわよくば癌を消してやろうcatface くらいな気持ちでいたわけであるthink 困るのは、仕事の予定をうまく立てられなかったことだけで、あとは本当に気楽に楽しくやっていた。でも、やっぱり治療に入らなければいけないと宣告されたら…。腹くくってやってやるぜ、と、身構えていたのである。

目の前の障害物が突然取り除かれると、あれっどうしよう!という気持ちになるのは私だけか。いや、そうじゃないと思う。誰でもそうなると思う。この、ヘンに空虚感に似た気持ちは、1週間くらい続くのだ。たぶん。

もちろん、癌じゃない方がよかったに決まってるthink 放射線浴びずに済んでとても嬉しい。でも、しばらく考えずにいられた、死生観についての思いがまたもや浮かび上がってきて離れない。

神様は一体わたしに何を言わんとしていたのだろう?夫婦の絆か?家族愛か?たくさんの友情に囲まれていることを教えてくれたのだろうか。これからわたしは何からとりかかればいいんだろう。

いっぱい食べて遊んで情熱的に仕事して、これで初期程度の癌なら消してやるぜと思ってた。結果、癌ではなかった。カアカの思惑通りに癌細胞は逃げて行ったのかもしれない。もしくはただの診断違いかもしれない。

身体って不思議だ。気持ちも不思議だ。

癌じゃないよって言われたら、もっと手放しで嬉しいと思っていた。なのにポカンとした気持ち。なんか、ぜ〜んぶ嘘でした!マトリックスでした!(古いけど、今我が家ではあの夢と現実のSF映画、マトリックスブームである)て気持ち。

たとえば演奏会成功させた時の方がよほど達成感があって嬉しいものである。

これから少しずつ時間をかけて、心が平常運行に戻っていくのかなァthink

2016年10月 3日 (月)

病理結果

金曜日に、病院にあらかじめ電話をしておいて、結果が出ていることは知っていた。

「出てますよ〜。」と聞いて、うわあぁ〜と動揺したのは15分間くらい。トトに連絡をし、その後、スチャッとやるべき日課に戻れた。土日もたくさん遊んだし。眠れない、なんてことは一切なかった。眠れなかったのは、6月一番最初に癌だと言われた日、のみである。進行性の癌だと言われたんだとしたら、話はまた別であるが。いや、それでも意外と腹が据わったかもしれないな。

そういうことで、月曜はなっちんを送り出してから、トトとソッコーで病院に向かった。8時に予約入れておいてもらったんだけど、なっちん登校するのを待ってからだと間に合わず、45分遅れで到着。トトは仕事、カアカはダイエット本とか読みながら、順番を待つ。読み終わっちゃったから、置いてあった乳がんのマンガなんかを手に取ったらすんごい気分悪くなり、やっぱこういうのはダメだと思うgawk 放射線で具合悪くなったなんて書いてあった日にゃ、それだけで暗〜い気分になっちゃう。やめたやめた!

待つこと2時間(今日は朝イチだったから早い)、診察室へ呼ばれる。
徳田ドクター、やや申し訳なさそうに、いろいろ説明していただいた後、
「結果は、良性でしたhappy01
と告げられた。

えっ、あ〜そうなの?へぇ〜。

拍子抜けcoldsweats02 なんならチャリで毎日放射線通えば?充実感あるぜきっと〜。なんて提案してたトトも、一緒に拍子抜け。

最終診断は、乳腺症、ということになった。無理やりつけた名前だがな。とにかく、癌てやつは、その境目が判断するの、とっても難しいんだって。増殖性のあるものだから、今後も癌ができやすい体質だと思って年に一度の検診は必ず大学病院で受ける、そしてとりあえず傷口は、ステロイドをもらい経過を見ながら、寒川病院まで通うことになった。おしまい。

病院を後にしながら、わざと「わ〜いよかったなあhappy01」とか声に出して言ってみた。トト無言(笑)だってこのセリフ、イマイチうちらの心境に合ってない。とりあえず身内と、心配してた友人たちに連絡をしたら、皆喜んでくれた。ホッとしたでしょう。と言われた。放射線を受けなくて済んだのは、本当によかった。でも、これ、経験してみないと多分わかんないと思うんだけど、ホッとした、とは何か違うのである。

カアカは後悔しないタイプだから、切ったことに対してはグチグチ思わない。
だけどもうすっかり何ヶ月もかけて、癌かもしれない、という心づもりをしてきていると、突然「やっぱり癌じゃ〜ありませんごめんなさいthinkpaper 」と言われても、はっきり言って面食らってしまった。

カアカ「なんだ、なんか癌じゃなかったなんて、申し訳ないような感じだな…」
トト「まあいいじゃん、また癌になるかもしれないし」
カアカ「そうだねえ〜。」

などとトンチンカンな会話をしながら、面食らった二人はチャリ屋にブラっと寄り道しながら帰路につき、とりあえず夕飯は寿司でお祝いしました(笑)

その後の心境、次回へ続く。

2016年10月 2日 (日)

三川公園

久しぶりにいい天気sun

Image_13

Image_14

今日の三川公園は、子連れの聖地ですsmile

Image_15

Image_16

朝10時からチャリで出かけて、遊んだ遊んだ。
往復7キロ〜。
木陰でもバッチリ日焼けしそう…。
日焼け止め忘れた…。

Image_17

Image_18

ウクレレの練習に励むトト
木陰でブログ作成するカアカ
なっちん公園で知り合った男の子と爆走中

Image_19

Image_20

この年頃になるともう、勝手に遊んでくれるから楽でいいわ〜〜。

2016年10月 1日 (土)

キャリーミー

今日はチャリの納車!
天気が怪しかったけど、山下公園沿いのグリーンサイクルまで行って来ました。
支払い前に、ちょっと試乗してきていいよ〜!ってお兄さん言うから、3人で港の見える丘までひとっ走り。

Image

なっちんはキックボード持参。トトのブロンプトンも無事直る。けっこう走りやすいんですよ〜、このミニチャリ、キャリーミー。

Image_2

Image_3

折りたたむと楽器のように持ち運べます。すごいべんり。でも組み立てなかなか難しいのよね〜coldsweats01トトは一発で出来てたのに、何で覚えらんないんだ…gawk

Image_4

Image_5

山下公園、走りやすくてGOOD。
また来たい。
中華街も楽しいし、かなり気に入った。

Image_6

Image_7

港の見える丘公園からちょっと足を伸ばして、13年ぶりに山手の教会まで行って来ました。
中にも入れたよ。なっちん大喜びsmile

Image_8

Image_9

この庭で写真撮ったよね〜。
懐かしいな〜。

Image_10

サイクリング中に見つけたカフェでランチ。
石窯で焼きたてのピザがめっちゃ美味しかった!

Image_11

Image_12

楽しい週末は過ぎ行く。週明けの病理結果をまちながら。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ