最近のトラックバック

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

春休み

4年生も無事終了し、春休みは毎日、プールへと繰り出す日々のなっちんとカアカ。

だいたい2人で500mくらい一緒に泳いで帰ってくるwave 子連れだと、潜りっこなんかやりながらのお遊びが入っちゃうからコレが限界。でも楽しいconfident なっちんもずいぶん泳げるようになった。普段はどうしても時間が取れないから、レッスンがない日が続くとパラダイスである。もちろん、子どもたちと話すのは楽しいけどねnotes

この春休みで目処をつけた仕事は、来年度のレッスン時間割の組み替えと、新しいチラシとお月謝袋の作成。チラシは以前、イラストレーターである友人が描いてくれた素敵な絵をスキャンして構成したもの。お月謝袋は、毎回プリンターでガーガー印刷してたので、業者に頼むべく(それのが安いし楽)デザイン入稿したもの。で、何が一番大変だったかといえば、「レッスン時間割の作成」であるgawk これがもう難解パズルばりに難しい。そんなもん、毎年毎年いちいち組み替えないわよ…ってピアノ教室もあるかと思うが、うちはそうしないと全員がうまく入らないのだ。まだ未確定ではあるが、今年もなんとか完成。というわけで、なっちんと優雅に泳ぐ、に至る。

自分で言うのもなんだが、虚ジャッキーなわりに我ながらパワフルに仕事をこなしてるもんである。これで身体も丈夫になったら鬼に金棒よ!とか思ってるが、なかなかどうして、そうは問屋が卸さない。だからうま〜く自分の身体と付き合ってくしかないのである。ちぇ。

最後におまけ、なっちんが春休み前に学校から持って帰ってきた折り鶴と、仲良く遊ぶ姫たちの図。

Image

くしゃくしゃの鶴たち、どうすんのこれ?って思ってたら、鶴の結婚式を製作していた。あっぱれ。

Image_2

秘密基地だから写真撮っちゃダメ!と叱られたが、特派員はそうも言ってはいられない。

Image_3 Image_4

今年は寒くてまだ桜が咲かないのですが、土手にはたくさんの可愛らしいお花たちが気持ちよさそうに太陽の光を浴びていましたconfident

2017年3月20日 (月)

増富温泉へ

3日目。宿の庭でフリマをやってました。思わず楽しくて、昼まで居座ってしまう我ら。

Image_30

昼ごはんもココで食べたよ〜んrestaurant

それから信玄餅工場へ。

Image_31

Image_32

信玄餅ソフト美味しかったheart01

まだ時間も早いってことで、ちょっと足を伸ばして、これまた人里離れた「増富の湯」へ行ってまいりました。黄色く濁ったぬる〜い温泉。よいところ。

Image_33

Image_34

帰り道は案の定、大月インター〜八王子JCTまで2時間の大渋滞。一か八か、大月から都留で降りて、道志峠で帰ってみた。結果、少し早いかな程度だったけど、渋滞でウンザリするよりは良かったかなというデータなり。

ああ、楽しい小旅行でありましたhappy023日分の洗濯と、荷ほどきの手間がなければ!

2017年3月19日 (日)

甲府へ

朝の清里は清々しいですconfident 2℃とかだったけど。でも全然、寒さを感じない。

Image_16

赤ちゃんペンションの庭は遊具でいっぱい!

Image_17

広〜いsign03子どもたち、朝から元気に遊ぶ遊ぶ。

Image_18

Image_19

10時チェックアウト。そこから甲府へ向かいます。

Image_21

Image_22

途中、ウサギさんと遊びながら。

夏じゃないからホント、清里、ガラッガラです。

混んでなくて大いに結構delicious

Image_25

Image_26

さて甲府到着。お昼はお決まりのほうとう屋、皆吉(ミナキ)。かつてないほどの混みっぷり。1時間強、並んだよ。えみちゃんカップルと合流なりheart04

Image_27

それからトト、念願のワイナリーめぐり。今回は思う存分ハシゴして幸せ満喫しておりましたwineカアカもお気に入りのワイン見つけて購入。

Image_28

Image_29

宿は川口園という、ネットでも評判のいいところ。期待通り、良心的なお値段で、ご飯も美味しくお部屋も綺麗な静かな場所でしたshine

ほったらかし温泉は三連休ということで激混み。1月の方がオススメですthinkpaper

3日目へ続くup

 

2017年3月18日 (土)

清里へ

清里、甲府へ2泊3日の旅rvcar

まずはトトの行きたかった、人里離れた文房具と天然石のお店へ。小さな店内にアコーディオンミュージックが流れ、気分は何だかパリ。素敵な天然石と、文具をゲットしましたhappy01

Image

Image_2

この時期の清里は閑散としてます。気温4℃。空気がパリッとして、北海道に似ていて好き。人も全然いない。昔来たのはなっちん生まれる前だったから、10数年ぶりに来ましたconfident

Image_3

Image_4

昔、萌木の村で箒を買ったんだけど、今回も箒ゲット。刺繍用の布やら、ハンドメイド品も次々ゲット。

Image_5

Image_6

今回泊まるのは、赤ちゃんペンションめーぷる↑なっちん大喜びsmileプレイルームは絵本でぎっしり。仲良しになったちびっ子ちゃんもいたよlovely

Image_7

Image_8

夜ご飯は鍋。ペンションで鍋かい?と思ってたけど、これがまた、この寒さの中格別に美味しくってdeliciousなっちんも雑炊が気に入りました。

Image_9

もっと騒々しいかな?と思いきや、そうでもなく。9時にはパタッと静かになるのも、赤ちゃん連れらしいなァ〜とニヤけてしまった。

2日目に続くup

 

2017年3月17日 (金)

配布終了

明日から3月の小旅行だ、わ〜いhappy02shine

午前中のレッスンを終え、明日の荷物の準備をし、午後のレッスンまで昼休みに至る。

ご近所まわりのPTA仕事は無事、終了。1週間弱で全軒配り終えた。

普段喋ることのないお母さんたちを、レッスンの合間に訪ねるのは何だか楽しかったし、いい運動であった(何気に坂道が多い)。うん、けっこう楽しかった。なんならもうひと回りしてきてもいい。感動するくらい感じが良くて仲良くなったお母さんもいたし、朝っぱらからつけまつげバッチリでびっくりさせられた若いママもいたりした。玄関先を見るだけでその家庭がわかると言うけれど、ほんとだよな〜thinkとかね。いやいやとにかく、限られた時間の中でも仕事っていうのは要領しだいで出来るものである。出来ない、間に合わないのは、自分のキャパを超えて忙しすぎるか、自分の力量を想定できていないことが原因かと最近つくづく思うカアカなり。

ということで、ちょっと空いた時間に、トトからもらった引き継ぎフォームを参考にして、次期の役員になる人のために今から少しずつPTAの仕事内容の流れを年間にまとめておこうと思う。説明しやすいし、何より自分がやった仕事を見返せるからスッキリする。いついつ、どんな仕事をするのか表記しておくのは、たぶん一番わかりやすくてどの仕事においても応用できるんじゃないかな〜という気がする。

毎日なんだかんだと忙しいが、わたしの強みは通勤時間が省けること。身体弱くて朝も弱いカアカにとって、これは本当に両親に感謝している。毎朝通勤ラッシュにもまれてフルタイムで働くお母さんたちにとって、PTA活動なんてお荷物意外の何者でもないだろうと思う。なのに全員、子どもの数だけやらなきゃならなくて、しかもその内容が「面倒くさいよね〜shock」ってな噂話のみになっちゃってると、もう脅威でしかない。

もっとうまくいかないもんかねぇ〜。
とボンヤリ思う、わたしであった。

2017年3月10日 (金)

外回り

資料が出来上がったので、来年度のご挨拶兼ねて、ご近所にPTA地区資料配布に行ってきた。地図見て、ベル押して。気分は外回りの営業マンである。今日は中学の卒業式ということもあってか、3軒しかヒットせず。あと12軒も残ってるgawk 説明も含めて、1時間半もかかった。こりゃいい運動である。時間さえあればね。来週はほとんど予定埋まってるし、果たして全員と無事に会えるのか?という感じ。

最初はそういうのってやったことないから少々キンチョーしていたが、商売柄、お母さんたちとのお話はお手の物であった。新一年生のお母さんたちには、大事なポイント押さえて丁寧に説明するよう心がける。ああ懐かしいなあ、私もなっちんが進学するとき、一生懸命話を聞いたっけ…彼女ももう、次は5年生。立派な高学年ではないかconfident

で、話をする中で、一年生のお母さんたちには、いつか回ってくる役員への脅しと(笑)、再来年度に最上級生になるお母さんたちには、次の役員への打診をするんだけど、この「次期役員への打診」が、めっちゃ面白かったsmile

いやいや、出るわ出るわ、みんなそりゃ当たり前のように嫌がって、理由を述べてくれる。そりゃそうだよね〜。めんどくさいもん。出来れば避けたい。でも仕方ないのだ。次の役員を決めるのも、我らの役目。どんだけ気苦労あるかなァと気が重かったのだが、意外にもココでカアカの元演劇部魂が出る。

役員を勧めるとき、みんな決まって「お願い…できないですかねぇ…」って、それこそ暗黒の地を這うような声で来る。わたしはコレが嫌でたまらなかった。バサッと、次はソコのあなたです!やってくれ!って来られる方が、よっぽどいい。ああそうかい、じゃ、やってやろうじゃないの。と思える。だから自分がその立場になったら、努めて明るく誘おう、と決めていた。だいたい、普段から生徒の保護者にお願いするときもそう。だから慣れてる。

それでもやっぱり、気は重いな…。と思ってたんだけど、意外や意外、
「うわ〜、嫌がってんな〜smile
って、面白がってる自分に気づいた。笑

誰もが嫌がる押し売り。でも、誰かがやんなきゃ仕方ないのだ。
わたし、けっこうイケるかも?

2017年3月 8日 (水)

PTA引き継ぎ

PTA役員の前任からの引き継ぎ会に行ってきた。

今日はどんな感じになるんだろう。と思って行ってみたが、一言で言うならば
「こんがらがった毛糸玉を整理する」
感、漂う代物であった。
私が訊かなければ出てこない(説明されない)仕事内容もある。というか、むしろそればかりである。
これは、委員会の長の責任である。

まず、後任者に仕事の流れをもっと全体像を持って、詳細を把握させるべきである。
具体的には、まず初めに取り掛かるべき仕事、次に何月にこれこれ、というように、年間を通して見通しが立てられるようにすべきである。それらが、ここ2ヶ月くらいの見通ししか詳細書いていないし(多分、そこまで把握できる脳みそを持っていないとお察しのことなのであろうが)、さもなければ大まかな仕事内容がどっさりとファイルに詰められているだけである。気合いを入れて読んでも「?」が出てくる箇所が多いし、第一読まない人も多いだろうし、まあテキトーでいいや〜、と思う人にはいいだろうが、仕事を持っている身としては、いつ、どのタイミングでどの仕事を片付けていけばよいか把握できていないと困るのだ。こちらはヒマではない。忙しい時期もある。急にもらった仕事をやっつけでは、できない。

二言目には「これ、ラクよ」というセリフが出るが、はっきり言って大事なのは、楽をすること(仕事が少ないこと)ではなく、「やりやすい」ことである。
これがどれだけ難しいか。自分一人で仕事をするならばそれなりに大変ではあるが、自分だけがわかっていればいいわけだからそれこそ楽だ。問題は、「人を使う」もしくは「分担する」ことである。

私は初めての発表会、初めての合宿、それらを運営するとき、せっかく人を雇ったのに全く指示ができなかった。せっかく来てもらったのに、自分だけがテンパってしまって「人を動かせなかった」のである。今もずいぶん落ち度はあるが、それでも「人に伝えることと、動かすこと」の難しさについては身にしみて学んでいるし、経験値とともに結果も上がってくる。PTAは、本部こそ2年ものだが、1年間の役目を終えて終了となるので、やっと仕事を覚えたと思ったら終わり、「あ〜よかった」と同時に「やり終わってはじめて仕事内容がわかったわ〜。」と、なってしまう。

言わせてもらうが、それじゃあダメだ。いいですか、私が言っているのは、何もPTAの仕事を極めろ、真面目にやれ、と言っているのではない。

仕事は皆で分担できるもの。たいした仕事ではないのだ。最初っから、一人一人が見通しを立てられるような書類を、もっとわかりやすく、見やすく、まとめておくべきである。

それを口頭で井戸端会議ふうに、前任者から後任者へと伝えられる、「あ、これはこうした方がいいわよ〜。」的な詳細事項。年々この繰り返し。コレはぜひとも改善されるべきである。そうすれば、もしかしたら全体の仕事を見渡せた時に、これはこうした方がいいんじゃないか、という建設的な意見も出てくるだろうし、やらされてから出てくる不満も減るでしょう。料理だって、手順があって、出来上がり図があって、取りかかれるではないか。その都度指示されてたら、塩加減だって好みで調整できない。そのくらいわかるんじゃないかな?

とりあえず、まず初めにワタシの頭に浮かんだ問題定義と感想はそんなところ。せめて自分が後任者に引き継ぐ時は、わかりやすくしておきたいと思うカアカであった。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ