« 連休パーティー | トップページ | 風邪ひいた »

2017年5月11日 (木)

家庭訪問

月曜日にバレエに行って、夕方くらいからだんだん頭が痛いなァ〜、と思ってたら、それから体調は急降下down火曜はレッスンを後半キャンセルさせてもらい、水曜は昼過ぎまで寝てて、なんとか仕事時間には復活rock それでも夕飯支度はヨロヨロと頑張った。どうにかしてほしい、この持病。頭痛になっちゃうと3日は治らないし、めまいまでしてくるし、もう何もやる気が起こらないから困っちゃうのだ。

ということで、今日は元気復活、なかなか書けなかった家庭訪問便り。

月曜の4時に、なっちんの担任はいらっしゃった。

5分早い到着だったので、なつ嬢はちょうど外で泥んこになっていてバタバタと着替えに駆け戻り、先生、まだ来ちゃダメbearing とか2階から叫ぶわで、ずいぶんお待たせしてしまったcoldsweats01 うちの階段のところには、トトの小さい頃の絵やら、なっちんの絵やら、トトの学校の生徒さんたちの絵やら、もう絵ばっかり貼ってあるギャラリーがあるので、うちに来る先生方はだいたい皆んな、そこを眺めて時間を潰して下さる。

さて、なっちんの5年生の担任のU先生。

温和で、ユル〜い感じの、優しいパパである。年も、トトよりちょっと若いくらいの同年代で、話しやすい方であった。なっちん、今までもみんないい先生だったけど、一番話しやすいかもしれない。呑気だけど頭のいい先生で、こちらの言っていることも瞬時に察して対応してくれる。子どもの気持ちを一番に組んで、考えてあげようとする方である。いい先生で、嬉しかった。

高学年になってくると、中学へ向けていろいろ心の準備もしなければならないし、テストの採点基準なんかも少し厳しくなってくる。だけれど、厳しくして伸びる子もいれば、そうでない子もいる。子どもたちはみなそれぞれだから、要するにボクは、子どもたちが伸びれば、決まりは何でもいいと思っているんですよ〜。と、お話しされていた。私もそう思う。だけど学校は、団体であるから、難しいところも多々、出てくる。ヨーロッパでは日本よりももっと個人主義なので、個々の能力別に合わせて授業をしたり、落第させたりとシビアだが、ちょっと割り切れないところのあるこちらの教育では、先生方も悩むことも多いだろう。

いろんな話をしていたら、あっという間に30分が過ぎてしまいそうだったので、キリのいいところでサッと引き上げて下さり、(1人15分なのです)また次回の面談でお話ししましょう、とご挨拶申し上げた。

子どもたちが学校で、のびのびと生活することができたら、と心から思うカアカである。

« 連休パーティー | トップページ | 風邪ひいた »

学校行事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537165/65264773

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭訪問:

« 連休パーティー | トップページ | 風邪ひいた »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ