« いろいろ買った | トップページ | アポ取り »

2017年9月22日 (金)

ピアノの練習について

私は基本、レッスンにおいて、生徒たちが練習をしてくる云々よりも、子どもたちが

「今日センセーと話しに行きたいsmile

と思うような時間を作るようにしている。

昨日は、テンション低めの小6が来て、どうしたのかと訊くと、

「うん、別になんでもないよ…。今日は、学校がそんなに楽しくなかっただけ。昨日は超楽しい日だったのに!!今日は楽しいことも嫌なこともなかったの。フツーの日だったからテンション低いの。」

と教えてくれた。そしてレッスン終わる頃になってやっとテンション上がって帰って行った。かわいい。

またある子は、部屋に置いてあったトトのアコーディオンを見て、

「うわっ、センセこれ弾いてみたい!やらせて!」

と言って、レッスン時間を大幅に使って、前後同士の生徒で勝手にディズニーの合わせで盛り上がってた時もある。っていうか、もっか盛り上がり中である。(注:私がやれと言ったわけではないgawk)まあ、楽しそうだからヨシとするか。音楽やってるわけだから、良いのである。私の指示ばかりが音楽ではない。

それからレッスンに早めに来て、前の子のピアノをかぶりつきで見ている小1もいる。弾いてる子はお姉さんだから大らかに対応してくれているけど、かなりの近距離である。ちょっと下がってなさいと言っても、ヤダと言ってきかない。こないだお母さんに報告したら、大笑いしながら

「スミマセン!そりゃ近すぎますね…coldsweats01

と納得していただいたが、ピアノが大好きなゆえ、身を乗り出してまで聴きたいと思っちゃうのだからして、これもまあヨシとする。

最近全然練習してこないから、何してるのかと訊いてみたら、絵ばかり描いてるという中3に、その絵をぜひ持ってきなさいと言ったら、めっちゃうまいアニメーションを描いていて、たまげた。一枚ちょうだいと言ったら、喜んで下絵を描いてきてくれた。今度、出来上がったら教室に貼らせてもらう予定である。いつも嬉しそうに、画材を持ってきて見せてくれる。私も絵は大好きだったから、とっても面白い。ぜひ好きな道を突き進んで欲しいと思う。

レッスンの隙を今か今かと狙って、すかさず楽しい話を聞かせてくれる小6もいる。そういう時は、キラキラお目々でこちらを見ているから、すぐにわかる。ああ、何か話したいんだな〜。でも私が、「何?」って訊く前に喋り出すので、待ったなしなんだけど。

んな感じで、うちのレッスンは、雑談の時間がかなりある方である。もちろん、ちゃあんと練習してきた子は、一瞬の時間も惜しんで 「さあ、聴いて下さい」 と言わんばかりに弾く子らもいる。でもそういう子たちとも、日々の話はやっぱりする。今興味があること、そんなことを聞いていると、自然に「じゃあ次の曲はこれにすっか」というアイデアが湧くからである。

ピアノの練習なんて、その曲が大好きなら自然にやって来るものである。うちのなっちんもそうだ。大好きな曲は、言われなくたって毎日弾く。問題は、常にやらねばならない基礎練習の本とか、そういう類をどう組み込むか、ということであって、それをお母さんたちがさり気な〜く、生活の中に習慣づけてあげられれば理想だ。ある程度大きくなれば(まあ中学高校生以上かな)自分には練習が必要だと思えば自主的にやるようになるし、そこまで続けていかれれば万々歳である。

そう、ピアノって、中学になったらやめちゃう子が多いけど、本当はそこからが素敵な曲がいっぱい弾けるようになる。小学生の間は、その準備期間なのである。嫌いだったらやめたらいいと思うが、好きならばぜひとも、細々とでもいいから続けて行って欲しい。だからそれまでの間に、楽器が嫌いになって欲しくない。義務で続ける苦しい作業にはして欲しくないのだ。よって、レッスンの時間は楽しいものであって欲しいと思う。楽しければやめようとは思わないし、練習がおろそかになりがちな子も、じゃあそろそろ次は弾いて来ようかな、という気持ちにもなる。

私はあえて、練習して来ない組には点数をつけてやったりもするが、これも盛り上がります。45点!とか言うと、ゲー!もっかいやるー!とか言って、めっちゃ燃えたりしますsmileそんで1点しか上がらなかったりすると、モーレツに怒りまくってゴリラのようになるんだけど、それが面白い。そして次回は満点目指してきたりするし、やっぱりやらなかったりもするけれど、とにかくレッスン自体を盛り上げることがテーマなのでヨシとする。

私が練習に目覚めたのは、高校生の後半であった。ある日突然、音楽をやっていてよかったと気付くことがある。それまでは、別に練習をサボろうが、いいのであるthink まあ、私の場合、もっと早くから真面目にやっておけばよかった…と、しきりに思うハメにはなるのだが、それもまたヨシ、ということにしておく。(ホントか?gawk

ユルいカアカ、一教師の意見でありましたpaper

« いろいろ買った | トップページ | アポ取り »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537165/65822278

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの練習について:

« いろいろ買った | トップページ | アポ取り »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ