« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月26日 (日)

この季節になりました

さてさて、我が家にもやってきました、この季節xmasshine

そろそろメリークリスマス。一年って早い!

86df5892ed6d4f368e36a13d725fb7e1

7d98266457644d5ab6e791cf77e98cd7

ピアノの部屋にも、玄関にも、廊下にも。

7bec4a0a41514cf99d1bcc34b10a9da0

Fb219808716d4cf1bf7dfd899712d029

オフにしかできないこの作業!頑張ったsmilepunch

Bf744e19a6e9409cba9d2e477c0a226c

そしてこの季節と言えば…

日曜に一日こもらなければ出来ない、この作業。今年もそろそろやって来ました、発表会の選曲!

日曜の爽やかなお天気の中、トトと一緒にちょっくらコジマまで、洗濯機の下見がてら散歩して(←買う気満々)気分良くなってから、ピアノ室にこもる。それでも今年は、恋人シゲル君がいるから気持ちも弾むheart04だって本当にいい音なのだよ。うっとりしちゃうlovely

今年も選曲だけは、いいものにしたい!

まずは今回取り入れたい曲をピックアップし、それぞれの生徒たちの顔を思い浮かべながら、あの子にはこれだ!と、ピーンときたものから名簿に書き込んで行く。

そして、生徒たちからのリクエストもあるから、それに似合うような曲を付け足す。

コンクールに出る予定の子には、更に慎重である。選曲は大事。これで、7〜8割がた、合否が決まると言っても過言ではないくらい。今度の発表会は6月末なので、夏のコンクールにもその曲を使うことになるだろう。

たった一人でやるこの作業。好きでなければやってらんない。いや、好きだって重荷だよ、ホントcoldsweats01 だけどこれだけはやっつけ仕事にはしたくないから、時間をかけて、楽しい気分で選びたい。

で、苦労して選んでも、生徒から

「ヤダgawk

とか言われちゃったら、振り出しに戻るわけです。チ〜ン。(そしてうちの生徒たちはヘーキで言うし)

ま、いいんだけどね。やりたい曲を幸せな気持ちでやる。

それが一番ですconfidentpaper

 

2017年11月24日 (金)

シゲルレッスン開始

さて、今日から新しいピアノ、シゲル君でのレッスン開始ですnotes

もうみんな、息を弾ませて、目をキラキラさせてやって来るshine「走ってきちゃった!」と言う子も。可愛いなァsmile

まずはやっぱり、椅子チェック。ちびっ子たちの椅子に対する評価は何故か厳しいのだ。でもそれによじ登る姿を見ていると、自分の小さかった頃を思い出して、ちょっとわかるような気がするthink まずは椅子の座面の穴を数えて10個あることを確認し(笑)座り心地を確かめる生徒たち。「うん、いいねgood 」と合格を言い渡す子やら、「なんか、この穴にお尻を食いつかれる感じでヤダ!」と敷物を要求する子、さまざまで笑える。オイ、ピアノより椅子かよ。と、突っ込みたくなる。

4才の子なんか、お母さんが言う前に覚えていて、
「今日は、センセイのところのピアノが新しくなってるんだよね。こうやって、シュシュシュシュ〜って、文字が書いてあるピアノなんだよね!」
と言っていた模様。シュシュシュ〜、と言うのは、KAWAIの文字が筆記体チックに変更になっている、という意味。

そして1年生くらいまでのちびっ子たちに言わせると、
「前のピアノの音を忘れちゃったから、違いがわかんない」
そうである。だろうねsmile

でもある程度大っきくなってくると、
「なんか違う!なんか違う!」
と言って、ニヤニヤしている。面白い。

でも、もっと面白かったのは、弾くその子によって、この楽器はだいぶ音が違うという点である。

このシゲル君。弾き手を選ぶようだ。奥ゆかしく、誰にでも心を開かず、デリケート。誰が弾いてもわかるような、きらびやかな音ではないので、まだパワーのない小さな子たちは、弾いても「ま、こんな感じで。」程度の音しか鳴ってくれない。それがちょっとタッチの強い子になってくると、シゲルの方も「お。」と思うのか、少し心を開いてくれる。でも、そこまで。もっとボクを研究してくれよ。と言わんばかり。しかも、ちょっとでも汚い叩き方をすると、これ見よがしにその通りの音を返してくる。これは面白いぞ。今日は、興味津々で聴いてしまった。

私はだいぶ彼と友達になってきているので、少し弾いてみせると後ろでお母さんが
「うわ、センセイ弾くと全然違う。コンサートホールみたい。」
と言っている。

要するに、微妙なタッチの変化で音色が変わり、音が飛んで行くので、例えばメロディーラインと伴奏の弾きわけなどが聴いていてわかりやすいのだ。でも、それはまだ、小さい生徒たちにはできない。全部同じタッチだと、シゲルの方も飽きるのか、「ハ〜イじゃ、同じ音色で。」と言って、能面のような顔になる。

中学生にもなってくるとそれがわかるので、自分の出した音を反省して、変えるように努力していた。以前のピアノでもそれは出来たんだけれど、シゲル君はものすごくあからさまに綺麗な音に変わってくれるため、大いに納得するようである。

これはいいかもしんない。

どうやったらこのピアノが心を開いてくれるのか、どうしたらいい音が出せるのか。タッチと音色、それからペダルの繊細さ。

今までの何倍も敏感な楽器で、みんなのセンスを磨いてくれたら本望である。

2017年11月22日 (水)

新しい楽器

昨日、なっちんのピアノへ久っしぶりに付き添ったカアカ。

音大に置いてあるグランドの音色を聴きながら、ああ、やっぱり違うな。うちのシゲル君。さすがはシゲルだよ、でかした!と内心ニヤニヤしながら、先生に、
「シゲル、買ったんですsmile
と言ったら、

「ええっ!いいなぁ〜〜!シゲルカワイですか?いいなぁ〜〜!shine
と、絶賛されて、またもや調子に乗って帰宅。だてに車代をはたいてないからね〜、ってんだ。ふふん。

そりゃ、ほんとはベヒシュタインが欲しかったけどさ。買えないもん、1千万。宝くじ当たれば別だけど。なんでそんなに値が張るものが欲しいかって言うと、それだけ音色が豊富で、ピアニストとしては研究精神がウズウズしちゃうからである。

そう、たぶん、シゲル君は小ぶりながら負けてない。美しい音色には自然と吸い寄せられるもので、なっちんを送り出した後、必ず目の前のピアノ室に入る私。トトもまた然り。やっぱり木の匂いがするconfident

今回、少しずつ少しずつ音が鳴り出すピアノを触りながら、思い切って本当に良かったと心から思った。先輩たちには「いい楽器、買いなよ〜」と言われ続け、まずはトトがシゲルに一目惚れし、カアカ的には「シゲルは別に。」となかなか心が動かなかった。だけど今回は、面白いように一目惚れkissmark 我が家で弾いてみても、同じ曲を「もう一回弾きたい」と思わさせられる。そして、自分の今までの弾き方じゃダメだ、と早速気付かさせられた。なんて言うの、絵の具の色が増えて、もっとこれを使って描きなさい。と言われた時のような、はたまた、今までの鉢植えから一回り大きく植え替えられて戸惑っているような、楽器の器のキャパの広さを感じる。

楽器が変われば、演奏家の腕も上がるんだ。と実感。いや、まだ上手くはなってないけど。でも弾いていて、これじゃダメだ。もっともっと。と思う。今までより音が鳴らない分、タッチもしっかり弾こうとするし、こうやったらもっと違う音が出せるんじゃないか、と毎回変えてみたくなる。そしてそれにちゃんと反応してくれる、してくれようとしているのがわかる。なんて素敵shine一年後のシゲルが楽しみだ。

そう考えると本当に、電子ピアノで練習している子どもたちに、アップライトでいいから持たせてやってくれ。と願う気持ちが強くなってくる。だって全然違うのだ。ピアノって、すごいのだよ。ひとつひとつが違う。表現したいことが変わってくる。今の電子も相当頑張っているけど、やっぱりそれは、違う楽器なのだ。ピアノは、木や羊で出来た生き物なのだから。

そんなことを想っていたら、不思議なことに演奏の話も舞い込んだ。久しぶりに、ヤマハのフルコン(フルコンサートピアノ)が置いてあるホールでの演奏。よし、やってやろうじゃないの。仕事じゃないから気楽だし、いっちょ、試してみたい。

癌疑惑になったのも、その後の生き方を思い切らせるための、神の策略だったのかもしれない。人生って不思議だ。短い人生を、せっかくなら謳歌しようじゃないか。

んなわけで、まだまだ死なないわよ〜smile と欲深く生きる気、満々のカアカであります。

ではまた。

2017年11月21日 (火)

ゴッドハンド、現る

ちょっと!paper

行ってきました。ウワサのゴッドハンドが居ると言う整体へ!

こないだの演奏会が終わって、あちこち痛い我らに向かって、毅然と言い放ったカフェのマダム。そりゃもう、彼の腕にかかったらイチコロよconfident と自信満々に言うので、ヴァイオリニストと共に予約をしていたのだ。カアカの方が、一足お先に。新しいところに行くのはちょっとした勇気がいる。だけどあのマダムの言いっぷりに興味津々で、行ってみた。

それは隣町の厚木の岡田周辺にあって、なんでも御殿場から移転されたらしい。ネットにも出していない、口コミだけでやってる治療院。竹中療術所と言います。ご興味ある方は、検索を。(載ってないけど)

ナビに任せて途中まで行ってみたけど、あったあった。一軒家の窓にでっかく貼ってあるのですぐにわかる。車は庭に停めて、玄関のベルを押すと、どうぞ〜と声がして中に通されます。

二階からは奥様とお子さんのようなお声が。そして一階の和室には、どう見てもドラゴンボールのクリリンそっくりな、武道家が立っていらっしゃった。ちょっと、車からこんな人が出てきたらコワイよcoldsweats01

先生、まず、そこに正座して下さいと言われ、カアカ正座する。

後ろから見て一目で、
「ああ、腰が悪いね。でも腰じゃないね、仙腸関節だ。あれ、右足捻挫してるの?」

と当てられる。そうだった、忘れていたけど、私は去年の今頃京都で捻挫して、それからまだあんまり調子が良くない。バレエで右足だけうまく立てないし、正座も痛かった。センセーすごい。でも、すごいのはそれだけじゃなかった。

じゃあ、そこに寝て下さい。と言って、マットの敷いてある床に寝かされる。

ちょっと触っただけで、更にいろいろ当てられる。頭痛持ちなこととか、喘息があることとか。最近膀胱炎やったことまで当てられた。仙腸関節って言うのは、尾てい骨周辺らしい。どうりでそこらへんが痛いと思った。よく、整形外科でレントゲンに写るのは背骨の方だけで、そこの骨がどうの、って言われるのは常なんだけど、だいたい腰が悪くなるのは地盤である仙腸関節からなんだって。へえぇ。

それで、じゃあ、今から治すからね。って言って、まずは筋肉をほぐされる。これが痛い!bearingうわ、いたたたたた!!!いちいち痛いところを押すセンセー。半ば、半笑いsmileぜったいS。でも不思議なことに、最初は悶絶するくらいに痛いんだけど、ほぐれてくると柔らかくなった粘土のように、痛くなくなる。それが面白いくらいにわかるのだ。こんなの初めてかも。でもって、ホッとしていると、ハイじゃあ力抜いて〜と言われてボキボキボキ!!!ってやられてビビるカアカcoldsweats02こわいよ、こわすぎる。でも、痛くはない。

腰は相当昔っからだから頑固だね。と言いながら、じゃあ捻挫、治しますよ。と告げ、これまた痛い右足を粘土をこねるかのように施術。ものの5分で痛みは去り、正座、できますか?と訊かれて座ってみると。

できたよsign03え、びっくりsign02

試しに帰ってみてからツマ先立ちしてみたけど、なんの問題なくできる。すごい。なんなら翌日に試してみたけど(今)、やっぱりできます。こんなことなら、早く行けばよかった。って、知らなかったんだけど。これも出逢いだなthink

1時間ぴったりで施術は終了、カアカの今までの悪い癖を教えてもらい、何やら分厚い板をプレゼントされ、「硬いところに座るように。」とアドバイスを受けてきました。捻挫しちゃうのも、腰が悪いせいなんだって。

長年の身体の癖は、なかなか取れないよね〜。まあ、また戻って来ちゃうからね。でももしかしたらこりゃ、頭痛も腰痛もうまくいけば治るかもしんないぞ。とたくらんだカアカ、2週間後にも予約してきました。ちなみに施術料は一律5千円。初診料などはナシです。一か八か、これで治るなら安いもんだ、ってワケ。試してみよう。

「翌日揉み返し来ますからね」
ってアッサリ言われたけど、その通り。その日は一日中、ダルかったし、今は打撲のように痛むbearingでも、不思議と爽快感。辛くはないです。

ヴァイオリニストに報告すると、興味津々、月末を楽しみにしてるわっhappy02と盛り上がりました。

さて、私のカラダいかに。レポお待ちを!

2017年11月20日 (月)

良き休日の朝

さて、そろそろカアカがバレエとやらを始めて1年。

1年ですよ!よく、懲りずに続いたよthink エライぞ私。でもだいたい平均にして、月2回くらいしか行けてないから、そこまで上達してない。いや、正確には、初期の頃の実態を全く覚えていないため、もしかしたら少しくらいは上手くなっているのかもしれない。だけど確実に、バレエにはハマってきているため、楽しくて仕方ないというのは、事実である。

今日は朝から、子どもたちの登校を横断歩道で見守る立哨当番に出て、何人かの生徒たちにニヤニヤされながら挨拶をし、ついでに生徒のお母さんにも「お、センセーじゃないですか!」と出くわし、家に戻ってからは早速ピアノを弾いた。

言っとくけど、立哨、ちゃんとやってますからね〜。生徒ママからは、「え、センセーも立哨とかやるんですか?ガラじゃないな〜!smile」とか言われたりするんだけど、やってるから!そりゃたまにはサボるけど(サボるんかい。)いえ、今年は何と言っても、地区委員ですから。私が作った当番表ですから。ちゃんとやってます。ハイthinkpaper

さて、前置き長くなったけど、今朝もやっぱり、ピアノ室に入ると新しい木の匂いがした。嬉しい。

まるで、そうだな、大好きだった人とめでたく付き合えることになった日の、次の朝みたいな感じ。そうだ、ピアノの部屋には、新しい彼氏シゲル君がいるのだ。なんという幸福感kissmark 私はやっぱり音楽家だったんだ、と知る。

この勢いに乗って、トトはまんまとiPhoneXに機種変し、カアカもまた調子に乗って、新しい洗濯機に買い替えちゃって散財しようかとたくらんでいるけど、ピアノの買い替えはそんなもんじゃない。嬉しいな、という気持ちを通り越して、幸せに浸る。この気持ちは、やっぱり新しい恋人と付き合うことになった時と似ている。なんか、思い出しちゃったよね、昔の彼と別れた次の日に、トトとデートした時のこととかさsmile(←留学記続編参照のこと。)やっぱり、音楽と恋は似てるのよ!と再確認。

ピアノの音色を確かめてから、バレエへ。良き休日の朝。

ああ、私の限られた休日。この4日間のうちに、年末のもろもろを一気に片付けてやるpunch

11月を制する者は年末を制するんだぜ!(我がピアニスト友人受け売り〜)

2017年11月19日 (日)

ピアノ搬入!

ここ一週間はあっという間に過ぎ、いよいよ日曜日。ピアノ搬入ですpunch

前日連絡来て、時間は夕方に決定。まずは、今の子とさようならの儀式。

Img_7913_2

Img_7914_2

ピカピカに磨いてから、分厚い布に包まる我が子。今まで本当にありがとうweep可愛がってもらうのだよ!

この作業は毎度、たった二人で行われます。プロだな〜と思う瞬間!うちの庭は岩があったり段差があったりして、大変なのだ。でも、以前の業者さんよりも素晴らしく上手だった。まさに神業。

Img_7915

Img_7916

ピアノ脚を外して縦にして、窓から滑らせるように台に乗せて…お世話になったピアノは去りました。ガラーンとする部屋。広っ。

Img_7917

Img_7919

お次は新しい子が窓から登場。前のピアノより、少し小ぶりに感じます。でもまあだいたい同じくらいのサイズ。新しい木の匂いがする!

Img_7920

Img_7921

ここまで約1時間。4時過ぎに始めて、窓の外が暗くなったのがおわかりかと。

Img_7922

Img_7923

組み立て完了shineありがとうございましたhappy02 気持ちのいい人たちだった〜。おっちゃんカッコ良かったしsmile

わぁお、おニューだ!ピカピカ〜。椅子なんてゴージャスよ〜。何しろ、椅子にはうるちゃいちびっこ生徒のために、コンサートホール用を注文したんだからsmile フカフカ〜。

Img_7924

Img_7925

中はこんな感じ。そして、トトとカアカ連名で、何やらシゲルカワイ購入のプレートを彫って、送られて来るらしいです。ウケる。

Img_7926

Img_7927

早速試弾してみる我々。控え目で上品な、美しい音。ホールじゃなくて我が家に来たらどんな音なんだろうと楽しみにしていたけど、まだまだ新しいピアノです。前のピアノに比べて音も全然鳴らないし、調律入れてないからバランスも悪い。だけど「これから」を期待させる感、満載。秘めた底力を感じさせる。もう一回弾いてみよう、そう思わさせられるピアノ。トトなんて思わず、「綺麗。明日ずっと弾いてたい。」と呟いてました。そしてなっちんも「綺麗な音〜」と言っている。子どもにもわかるのね!気に入ったみたいで、ヨカッタヨカッタgood

嬉しいな〜。これからどんどん素敵な音に育ちますように!

とっても楽しみですlovely

 

2017年11月12日 (日)

新居祝い

日曜日は、我がピアニスト親友、エミ姫のおうちへ新居祝いwinerestaurant

6月の彼女の演奏会以来、入籍→引越し→防音工事→とバタバタ忙しくて、全然会えなかったのだ。ようやく乾杯happy02 オメデトウ〜shine

Img_7878

慣れないんだよね〜この台所gawk 初めて焼いたら焦がしたんだよね〜キッシュgawk

と言いつつも、素晴らしいご馳走の数々happy02 美味いではないか!今までパスタしか作んなかったオンナが、やっぱ、結婚すると違うな!smile うぉ〜、と一気に平らげる我々。

Img_7872

Img_7873

お得意のグラタンは絶品!

Img_7874

Img_7875

豚肉なんてど〜やって焼くの〜?gawkって言うから、じゃあ一晩、塩胡椒よろしくって頼んで、当日カアカが焼いた肉。これも美味しくて、瞬時に胃袋へと消える。

Img_7877

Img_7876

ヤナギのケーキもうま〜delicious

昼からダラダラ食いまくり、気付けば日曜のサザエさんタイム…。

いやいや、ただ食べてただけではありません。

防音室の出来栄えを、ぜひ、トトに全力で弾いてもらって、外でどのくらい聞こえるか聴いてみたい!とのご要望に応えて。

三重サッシの威力はハンパなく、全力でショパン10-1弾いてもほとんど聞こえず。ガッツポーズする彼女punch いいな〜!羨ましい。うちもココの業者にすりゃ〜良かったぜ。おめでとう!ビバ、高橋建設。

今日はダンナ様、風邪気味と仕事で参加できず残念だったけど、それをいいことに

「結婚14年経って、今まで一度もリコンの危機はなかったのか?」

などといろんな質問が飛びましたsmile

あ〜、そういや、離婚の危機はなかったなァ。だいたいお互い諦めて、ケンカしないもんなァ。それってフツーなのか、すごいのか。

ま、とりあえず、トトの好みはガリよりデブ。カアカは限りなくトトの好みに近づいている。(そう?)ということで盛り上がり、そしてせっかくのピカピカの新居を汚染して、結婚祝いの食器たちを片っ端からこけら落としして、楽しい宴はお開きとなりました。

末長くお幸せにlovely

 

2017年11月11日 (土)

音楽三昧の日

いや〜今日は疲れましたcoldsweats01 と同時に楽しかった。音楽三昧の日。いわゆる、演奏会三本立て。

午前中、なっちんの学校の音楽発表会観て、

Img_7855

Img_7857

午後、上原彩子のピアノリサイタル行って、

Img_7846

夜は、お堂JAZZライヴとな。楽しかったが、さすがに疲れたcoldsweats01

バタッ。(←即寝する音)

ココ↓毎年聴きに行ってる、私の出身幼稚園のお堂ライヴ。上から楽しんでるのは、うちの生徒軍団smile 住職さんがコラボする、南無ジャズってのが今年は白熱しました。そして、YouTubeでもアップされてます。なかなかカッコイイので、クリックして聴いてみてね。

南無ジャズ

Img_7848

Img_7849

しかしですね、一日三本立ての中で、カアカ的に一番良かったのは、子どもたちの演奏であった。学校の先生方の指揮も、子どもたちの合唱も合奏も、その一生懸命さが伝わってきて、楽しかった。あれだけの大人数を、全学年まとめる先生たち、ご苦労ごもっともです。さぞかし、終わった後の達成感はハンパないだろう。お疲れ様でした。

よく、皆さんに、「なっちゃん、やっぱりピアノ伴奏とかで活躍ですか?」とか言われたりするが、わたしゃ、合奏でピアノなんてパートより、よっぽど打楽器なんかの方が面白いとから、わざわざやんなくてもいいと思っている。だって、ピアノなんて合奏で全然聞こえないもん。つまんないじゃん。それに、ピアノはいつでも弾けるけど、打楽器なんてめったにできん。カアカ小さい頃、いっつもピアノ伴奏だったけど、なんで他の楽器やらなかったんだろうと思う。やっとけばよかった、ホントgawk 木琴やりたい。

そして上原彩子ピアノリサイタル。

結論から言えば、大ホールのピアノ演奏会は、もう行くのやめようと思った。響きが悪すぎる。小ホールは、音楽用に作られているので楽しめるのだけど、大ホール最悪である。もったいない。上原さん、頑張ってるのに、良さが半減である。

いやしかしよく弾くよ、ブラームスのソナタをガッツリ弾いたあとのアンコールがリストのメフィストワルツで、まだまだイケるわよ的な余裕を見せられました。

だけどモーツァルトはやっぱり難しいなと思った。いわゆる、きらきら星変奏曲。場所が大ホールだったことも大きいけど、これはね…モーツァルトっていうのは、やっぱり、ずば抜けた天真爛漫さを持たないと、魅了するのは難しいですね。そういう意味では、子どもがピカイチなんではないかと思ってしまう。オトナ、難しい。はっきり言って、彼女もすごく上手なんだけど、一箇所も感動することができなかった。「作っちゃってる感」がありすぎるのだ。でも最近、私の先輩の演奏モーツァルトを聴いてかなり面白かったから、やっぱり人によるのかもしれない。その人の音楽性がずばり、出ちゃうのかもしれない。研究の価値ありですよ、モーツァルトは。

そんなこんなで、な〜んかアタマが興奮してしまった一日でした。

一日三本も演奏会、ハシゴするもんじゃないわsmile

 

2017年11月10日 (金)

我が相棒よ

もうじき、教室のピアノがリニューアルされるって言うんで、今週のレッスンでは生徒たちが皆、沸いていた。

置いてあるカタログを見て、
「うわっ、たかっ!coldsweats01
と思わず叫ぶ親御さんやら、
「なんだぁ、今日はまだ新しくなってないのか〜」
とつぶやく生徒やら。

ハイ、搬入は、19日でありますthinkpaperしばしお待ちを。そんでもって、20〜23日まではレッスンたまたま休みになってるので、初めて弾く子たちは24日の金曜日組からになります。

と告げると、
「わ〜、金曜日なら良かった、惜しい!bearing
とか、またまた沸く生徒たちsmileなんだかこちらまで嬉しいです。やっぱりみんな、興味があるのね。そりゃそうだよね。

「このピアノともお別れか〜」

と、中には言ってくれる子たちもいる。それもまた、嬉しい。

そうなのです。私にとっちゃ、音大に入った頃に両親にお願いしまくってようやく買ってもらい、それからずっとこのピアノで練習してきた相棒である。そして、「出世払いで返せよ」と言う父に、テキトーにわかったわかった!なんて返事して、幸か不幸かちっともボケなかった父はしっかりと覚えていたもんだから、留学から帰ってバッチリ返済させられた。そんな私のピアノ。どこの倉庫へ行くかわからないよりはずっと、可愛い生徒に貰ってもらえて嬉しい。だけどやっぱり寂しい。古女房と別れる感じか。

寿命が来ていないのに新しい楽器を何故買うのか?そこんところを、きっと、日常に結びついてる車を買い替える感覚とは違い、楽器をやっていない人にとってはナゾなことでしょう。

何故って、それは、今まで出せなかった音色を更に追求するためである。

少なくとも、私はそうである。更に良い楽器で、綺麗な音を楽しむというのももちろんあるけど、それだけじゃない。

ピアニストの宿命は、相当な英雄でない限り、自分のピアノを持ち込んでの舞台などできないことである。だから、どんなピアノとも瞬時にうまく付き合えなければいけない。そして、今まで結構悔しい想いをしてきた。あの、舞台にあるスタインウェイ。本番だけじゃなくって、普段から弾きこなせたらどんなにいいだろうと。ま、個人的には、そんなにスタインウェイは好きじゃないんですが。

良い楽器に変われば、音色が変わる。色鉛筆で例えるなら、24色だったものが36色になり、42色になり…

「ここを、もっとこう、豊かな響きで表現したい」
と思っていたところを、弾き手の想いを反映してくれるかのように繊細に反応してくれる楽器を求めて、そして音楽をもっと深めるために発掘する作業がしてみたい。

こんなPP(ピアニッシモ)が出してみたい。そう思って、できなかった。でも今度の楽器はどこまで反応してくれるんだろう。そんな期待。そして、自分のアラが見えるようにもなりたい。なんていうの、例えるなら、普通の鏡に映していても気付かなかったお肌の欠点が、拡大鏡に映してみたら気付いてしまった!みたいな?それだったらわかる?だから、そこを更に修正する。そんな作業がしてみたい。

今の子が出て行く寂しさプラス、新しい子がやって来る楽しみが微妙に溶け合い、心ざわめきながら、最後の練習を楽しんでいる。

そんな夕べのカアカです。

2017年11月 9日 (木)

ある、濃い一日

いや〜今日は大変濃い一日だった。

何がって、まずは急遽決まった女子会。今日はレッスン、7時を過ぎることがわかっていたから朝っぱらから夕飯の仕込み。「もう何にもやりたくね〜gawk」ってなることを想定して、あとはハンバーグを焼くだけ。ってとこまでは仕上げて出かける。味噌汁の出汁もとって、惣菜も全部炒めちゃって。そうなりゃ、いくらフラフラでも、土鍋でご飯炊くのとフライパンに火をつけることくらいはできるかと。(かまどさん、まだ続いてます。美味いよdelicious

さ、前置きはいいとして、シチリア料理だ!

Img_7827

Img_7828

リゾットがね、美味しいんです。大好き。だけど我らメンバー的に毎回、ご飯を味わうどころか話に花が咲き過ぎて、何食べてんだかあんま、わかんないcoldsweats01 どんだけ盛り上がってるんだよ。11:30の開店から入って、あっという間に2時。慌てて帰る我らピアニスト一同。

Img_7829

Img_7830

今回はあまりに個性的な旦那軍団の、またもや個性的すぎるネタ連発だったので、誰もブログに書けないって言うんでカアカが命じられたgawk

って、何書けばいいんだよ。爆笑の渦だったから、頭がショートして思い出せない。

ああ、確か、怪しげな気功にハマるの巻と、政治の話をしたがる夫と耳がチクワの妻、男はつらいよ40代の話と、我ら高齢出産とは違う、若者たちの素晴らしい再生能力の話、もうやっぱサッサと産んじゃって正解なんじゃないかってこと、それから一応、新しいピアノの件について。そんな話をしてきたんじゃないかって気がする。ついでにシモネタがお決まりで入ってたような気もする。そこまで暴露しなくてもいいって?

フル稼働された脳みそを引きずりながら、またもや濃い、うちの生徒たちとのレッスン。アタマは疲れてはいたが、この子たちと話すのはまた楽しいので、7時過ぎにはすっかりノックアウトで風呂で水没するかと思った。

最後は高校生だったんだけど、やっぱ、中学を乗り越えてピアノを続けた子は違うね。あの練習できない「もうやめたほうがいいんじゃないか」的な時代を、それでも細々と続けた子たちというのは、突然オトナになる。ピアノを続けてきて良かったと思う瞬間なんだろうなァ。

ピアノの貰われ先も無事決まり、発表会の曲希望も着々と聞き出し、子どもたちも、新しいピアノの到着と新しい曲を楽しみにしている様子。

「発表会で、何が弾きたい?」

って訊かれるのって、すごく嬉しいみたいです。昔はそんなこと先生から一言もなくって、「アナタにはこれよ」って与えられた曲を弾くのみだった。何しろ、怖くて言い出せない。

「何が弾きたいの」と訊かれた瞬間、みんな目が輝きだす。面白いなあ。親御さんも一緒に輝き出しちゃったりしてねsmile

とにかく、そんなこんなで熱い今日この一日でありました。

女子会も、懲りずに次回へ続こうじゃないの。

 

2017年11月 7日 (火)

コインランドリー

今日こそはもうネタないだろ。と思ってたのに、日々新しい発見のある私。

空いてるだろうと、晴れた日を狙って行ってみた、コインランドリー、日本初。いや、10年前くらいに一度、乾燥機だけ利用したことはあったかも…でも、ザブザブ洗ってみたのは、初めてhappy02 半地下に洗濯機のなかったベルギー時代には、毎週のように通いました!

Img_7813

Img_7814

すご〜い、ハイテク!毛布がザブザブ洗えるじゃんshine うちでは洗えなかったモコモコ布団カバー、二枚一気に洗えて800円なり。ちなみにココは、近所の浜田バス通りにあるランドリー。ご近所の方は、わかるかとflair

洗剤要らないんだ?張り切って持ってったのに。それに、スニーカー専用機もある!子ども靴なら4足までも!

Img_7815

Img_7816

待合椅子も、何気にフカフカ。

Img_7817

教えてもらった幼馴染みたちに早速報告だ〜。

と思ってLINEしたら、彼女はなんとタイムリーに、杉久保のランドリーに行っていたらしいsmile聞けば、飼っているネコが布団に粗相をしたとか。そして杉久保の方が若干安めらしい。今度行ってみよう。

時は午後。3時からレッスンの日。これから乾燥機にかけるかかけまいか、まあ濡れたまま車に積むのもやだから、軽く一回かけていこうかと思ってたら、幼馴染みたちからブーイングが。あと300円くらい使ってちゃんと乾かしてから帰れ!って言うんで、

「ヤダ。これから帰って毛布干して、パスタ作って食べたら3時だ。」

って言ったら、

「パスタ作らんで、ちゃんと乾かしてからパンでも買って食べたら3時だ。」

って言うから、

「もうマッシュルーム切ってきた。」

って答えたら、なぜ切ってきたのかと問われ、それは、今日はゴミの日だったから。と返答したら爆笑された。

そんなヒマな会話をしながらヒマな時間をやり過ごし、夜勤明けの一人はこれから寝ると言ってトーク終了。

お疲れ様です。カアカ的には、考えられない職業。ちなみにどこでも寝れるし、旅行でも時差ボケもないそうな。すごいよなァ〜think

ローカルな会話の裏にある、人それぞれの特技というのか、天職というのか、そんなことを考え唸らさせられた午後であった。う〜む。

 

2017年11月 6日 (月)

休日日和です

今日はオフsign03good

演奏会後片付け一式終わったあとのオフは、思い切り遊ぶのだsmile(っていつも遊んでるけど)

午前中バレエに行ってひと踊りした後、美容院で髪を切り、まだ時間があったからひとり、アリーカフェの優雅な午後cafe

「200円プラスで、シフォンケーキに、アイスと果物つけられますよ〜」

って言うからお願いしたけど超豪華じゃんshine

Img_7800

Img_7801

今日は、先月なかなか行かれなかったバレエに久々だったから楽しみだったcute

演奏会、聴きに来てくれた皆さんにお礼を言いながら、ワイワイがやがや。カアカより年配のおばさま方に年を訊かれて素直に答えたら、えっ、うちの娘より年下かと思ったわ!って驚いてらっしゃるから、その娘さんのお年を訊いてみたら38。いやいや、そりゃ〜いくらなんでも言い過ぎでしょcoldsweats01 と笑いつつ、内心密かに「でかした、私。」とほくそ笑む。だてに美容皮膚科に通ってないわよ。フフフcatface(また行こう〜っと。)

だけど今日は、そんなカアカよりもお美しい先生の踊りっぷりに本当に見とれてしまったlovely

「マズルカって、たぶんこんな風に、踊りの中に組み込むことになるので!」

と言いながら、ちょっといつもの練習曲よりカッコイイ選曲で、颯爽と風を切りながら踊っている、そのお姿に目がハートlovely か、カッコイイsign03shine

特技があるって、なんてカッコイイんだろう。あれなのかな?うちらも音楽家として、サラッと名曲アルバムなんかを弾いてみせてあげたりする時、「すご〜い素敵shine」とかよく言われたりするけど、そんなセリフは聞き飽きていて、「いや、お世辞言わなくてもいいよgawk」なんて本気で思っちゃってたりするんだけど、もしかしたら本気でそう思ってくれてるんだろうか。他人の特技はすっごく素晴らしく思えるんだろうか。今日だって、先生に「素敵happy02」って感激してたら、「いやいや、テキトーに踊ってみただけですからcoldsweats01」って言われたんだけど、そ〜ゆ〜ことなんだろうか。

あ〜、いいなァ。あんな風に踊れるようになってみたい!早いもんで、バレエを始めてぼちぼち1年。

まだまだまだまだ、道のりは遠そうな予感のカアカでありました。

 

2017年11月 5日 (日)

公民館祭りの日

今日は晴天sunなっちん、楽しみにしていた大谷公民館祭りに、朝からすっ飛んで行きましたsmile 今年もえらく賑わってました、大盛況。だってだって、美味しいつきたてお餅に具だくさん豚汁、綿あめだって無料で振る舞われるのだよdelicious

Img_7795

すぐそこのお祭りだから、カアカは大谷中の生徒たちの演奏を聴いたあと、ひたすら今日はピアノ磨きだshine

Img_7790

Img_7793

ピッカピカになりました〜happy02shine (いつもやっとけ!)

Img_7792

Img_7791

ああ、お別れ、寂しいなあ…weep いい娘だった…2台置ける部屋なら、置いておくのに。

ついでに仕事部屋の片付け。書類整理、書類整理。いや〜スッキリしたわぃ。この勢いに乗って、部屋中の年末大掃除に突入したいところpunch

夕飯を囲みながら車の話をし、「◯◯さん(←ディーラーの営業さん)も残念がるだろうねぇ。うちらがピアノ買っちゃったって言ったらさsmile

と喋っていたところ、噂をすればなんとやら、◯◯さんから電話が。

「お世話になってま〜す!日産の◯◯で〜す!えっ、昨日ピアノ買っちゃった?マジっすかァ〜!?down新車のご案内のお電話、車検のご案内になっちゃいましたァ。まァ、ピアノが相手じゃ、太刀打ちできないっすよ。アハハハハ…coldsweats01

チ〜ン。なんてタイムリーなオトコ。

ドリフか漫才か、爆笑もんの夕べでありましたthinkpaper

ごめんね、車は遠い未来です。

 

2017年11月 4日 (土)

ピアノ購入!

オトコと楽器は、出逢いかと!lovelyflair

今日、表参道のショップまでちょっくら試弾へnotes 貸切りフェア、30分間。正直、「キレイな音色だね〜」とは思っても、購入とまでは踏み切れなかったこの楽器、シゲルカワイ。

ところがどっこい、惚れてしまったのだ。この一台のシゲル君にshine ちなみにトトが弾いているのは、90年限定モデルのカワイです。(限定品好き男)

Img_7780

Img_7778

契約してきたのはコレ↓めちゃ好みのタッチと響きだった。限りなくスタインウェイに近い。同じシゲルカワイでも、個体によって全然違う。トトもカアカも、ほんとはベヒシュタインが大好物だけど、さすがに中古でも1千万近くは手が出ない。他に、ボストン、diapasonが試弾できたけど、それぞれ個性的でとても楽しかったです。

Img_7779_2

Img_7777_2

惚れたらもう一直線よkissmarkshine

現金一括、どーんと買ったぜ。(ローン嫌い)これで、車のためにコツコツ貯めてたカネすっ飛んだ。当分、ボロ車でやり過ごすしかないな…coldsweats01 え、いくらかって?そりゃ結構な、いいクラスの車、買えますわ。買い替えるなら、同じクラスの楽器なんてチマチマしたことしませんよ。

まあいいさ、車なんかより、音楽家さ!(ちょっと、洗濯機も欲しかったけど)

今の子は、里子に出します。学生の頃から可愛がってきたピアノ。ずいぶん音も鳴るようになってきて、彼女もまた、とても良い楽器であった。だから名残惜しい。でもたぶん、これから可愛がってくれるであろう、生徒のもとへ渡る予感。そうなってくれたら嬉しいconfident

楽器購入はずっと長い間、我慢してきたし、今ある楽器で良しとしてきたけれど、気に入った楽器に出逢って購入することがこんなに幸せなことだとは思わなかった。今日だって、惚れる楽器がなければ買うつもりもなかったんだけど、実は、なんとなく予感がありました。出逢うのではなかろうかと。だから内心、ドキドキしてた。私にはやっぱり、第六感があるのではと思う。そしてそろそろ、演奏会も増やせと命じられているように思う。更に、夫婦で楽器に関して話し合えることの幸せ。

あ〜待ち遠しいな。搬入は今月半ば過ぎ。

生徒の皆さん、お楽しみに。かなりの名器でっせ〜shine こんな楽器を小さい頃から弾けるなっちん羨ましいわ。ほんっとgawk

 

2017年11月 3日 (金)

結婚記念日ディナー

三連休、初日ののんびりした朝。
オセロ好きななっちん、トトと一戦を交える。

Img_7756

今日は、コンサートもろもろで遅くなった結婚記念日祝いをしようとしていた矢先。お直しに出していた結婚指輪が出来上がりました〜。やったね、7.5号shine つけ心地サイコー、めでたしめでたし!ハラの手術で外して以来、2年ぶりに我が手に戻る。

Img_7757

Img_7758

↑ちなみに、最近美容に凝りだしたトトが注文したラベンダークリーム。これはとってもいい香り。ラベンダー香る男子、オヤジ臭より得点高いぞ、っと。

夜は厚木のシチリア料理屋にlovelyrestaurant

Img_7759

パプリカ、セロリ、二種のチーズ、バルサミコのサラダ

シチリア風イワシフライ

Img_7760

Img_7761

なっちんのために特別に揚げてもらうポテトに、ホタテとパンチェッタのカルボナーラ

Img_7762

Img_7763

パンチェッタとイタリア野菜たっぷりのトマトソースリゾット。

それからハーフandハーフにお願いできる、ドルチェたちkissmark

Img_7764

Img_7765

説明不要、うっま〜delicious

Img_7766

Img_7767

そんなこんなで、結婚14年。これからもラブラブで行ってみよ〜smilegood

2017年11月 2日 (木)

レッスン開始

昨日はようやくゴッドハンドの施術を受け、疲労もなんとか回復してきたカアカ。

待ったなしに、持病の頭痛がやって来たthunder それは基礎体温の上がり下がりと共に、月に何度か訪れる。

だけどめげるもんか!こんな時のために、こないだ薬局で買ってきておいたもんね。いつもとは違う、鎮痛剤。果たして効くのか?コレ。と思いながら。

Img_7740

って、効いたし〜!happy02shine
ロキソニンもナロンエースもダメだった私に、無水カフェイン多めとイブプロフェン配合の薬は効いたのだ。うれしい。もっと早めに試してみるんだった。まだそんなにひどくない状態で、一錠300円超えもする偏頭痛薬なんて飲んでられっか。

薬嫌いな人は口をそろえるであろう、
「薬はあんまり飲まない方がいいよ」

ってアレ。頭痛持ちになってからお言いなさい。あんなもん、我慢してたら3日間床に伏すし、そりゃ仕事もなにもなくて寝てられるならいいけど、そうは言っていられない。頭痛キタ!と思ったら速攻で服用するべし。うまくいけば一回で済むし、ひどくなってからじゃ〜、効かないんだよホント。嘘つかないから、絶対。

運動してもだめ、ストレッチしてもだめ、規則正しい生活しても、漢方飲んでもだめ。あっためても、冷えピタ貼ってもだめ。そうなりゃもう、諦めて付き合うしかない、この偏頭痛。だれかこれ以上、良きアドバイスがあれば教えて下されgawk

まあ、頭痛の話は置いといて。

今日からレッスン再開なのであるが、コンサート後のもろもろが片付いた後、初めてピアノを触った。ああ、楽しい。他の曲をさらうのは、楽しいぞ、っとnotes

本番の時ももちろん思うけど、ああ、音楽やってて良かったなァ〜。と思う瞬間は、次は何を弾こうかな?と思いながら、あれこれ弾いてみる時である。幸せ。これもいい曲、あれもいい曲heart01なんてウットリしながら。

こないだ生徒に
「センセー、『プロ』って、どうやったらなれるんですか?アマチュアとの違いって、なんですか?資格とか、特にあるわけじゃなさそうだし」

と言われて、ヴァイオリンのマリさんと一緒に返答に困ってしまった。

う〜ん、そうだねぇ、難しい質問gawk …と、ブツブツ言ってるマリさんの隣で、すかさず

「そりゃ、自分の演奏でカネが取れるようになったらだよ。」

って答えたら生徒、なんとなく納得してたけど。

私はピアノを教えていても思う。

別に、資格がなきゃ教えられないものでもなし、ピアノの先生はごまんと居る。
だけどその先生の中には、たいして音楽を知らない人たちもいて、まあそんなにエラソーなことは言えないが、たまに呆れるくらいヒドイ先生も、いちゃったりするもんである。

何事もそうだけどさ、「好き」な気持ちがあったら、マニアックなくらいその道にハマって、気が付いたらその道のプロになっていた…ってもんじゃないのか。

途中、苦しい道を通らなければならない時、やめてしまえばそこでおしまい。壁を何枚も突破するごとに新しい世界が開けて、やみつきになる。そんなもんだ。そしてひとつの本番が終わるたびにリセットされて、いったん、ただの趣味的な、気楽な気持ちに戻れるのだ。純粋に、音楽を楽しいと思えるだけの気持ち。いいよな〜、こういう気楽さ!

ってことで、爽やかな午後の光とともに、しばしの休息を楽しむカアカでありました。

あさってはピアノの試弾フェスタへnotes
行ってきま〜すhappy02heart04

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ