« 禁断のお花見 | トップページ | 充実の引きこもり週末 »

2020年3月23日 (月)

フィリアの客なし演奏会

本日、恒例の門下演奏会。フィリアホールにて弾いてまいりました。

コロナで次々とホールが閉鎖されてゆく中、内輪のみならばと許可がおりたと言うことで、皆にアンケートをとり、希望者のみで開催した会です。25名ほどいた当初から、当日は9名に減りました。遠くから来られる方など、師匠が心配して止めたそうです。

それでも2台ピアノのコンチェルトもあり、師匠がある程度金額をかぶっていただいたのではないかと、頭の下がる思いでした。

中止になるのかならないのかハッキリしない中、最後の仕上げの暗譜に集中して行くのが大変難しかったのですが、それでも私としては、弾きたいと言う想いは変わりませんでした。

舞台って、そして音楽ってやっぱりいいです。心が解き放たれます。こんな時でも、いやこんな時こそ、音楽必要。大昔からずっと受け継がれてきた文化、芸術と言うものは、失ってはならない。そう感じます。

世の中が平和でありますように。皆の心に、幸せがあり続けますように。

そう願っています。

グリーグ:抒情小曲集より 故郷にて/ ショパン:3つのエコセーズ / ノクターン第8番

« 禁断のお花見 | トップページ | 充実の引きこもり週末 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 禁断のお花見 | トップページ | 充実の引きこもり週末 »