« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月27日 (土)

春のイベントオーディション!

少〜しずつ、春の訪れを感じさせられる今日この頃。

我が家には待望の、ノルウェーから輸送されたリクライニング椅子が届きました。ワンダフォー😃
すかさず隙を狙っている誰かさん。。。フフフ
ガブガブしたら承知しないからな!と言うトトですが、敗北は目に見えております。

98b6e6fd6c294804a5a664c79a850851

さて、カアカは何をやっているかと言いますと、練習もそこそこに、大仕事。仕上がった曲に合わせて、ボーカロイドを打ち込んでおります。キーボードを使ったMIDI制作も覚えました。今年はトトの技術を盗み、かなりのソフトを使いこなせるようになりまして😃オレの聴講料金、5万円。と言われていますが、椅子にそれ以上使ったと思われますのでココはチャラでしょう。

11281fcd278d4e94b27a3e0a55fc29c6 408987fc4e1949c09a5cde8604436e8c

そしてこの自作曲たちを何に使うかと言いますと。

じゃ〜ん、名付けて2021、春のイベントオーディション!優秀賞には、YouTubeデビューを約束します!またこんな、何の教室だかわからないイベントを。。。笑

なかなか子どもたちと集まれない今、オンラインイベントは続くのであります!

春のイベントオーディション動画

99d0078d07da4858b156bbfaaaf4b9b8 120307d041874ce29a441d4bcdb98aca

当初のお題は3つでしたが、子どもにはみんな個性があるので「コレ苦手〜」と言う子たちは出てきます。間髪入れずに「じゃあ工作はどうだい?」とか「お絵かきはどう?」と提案すると、それならやる!と喜んでくれました。と言うわけで、番外編もどんどん作られます(笑)みんなの作品、楽しみだな〜💓

私のピアノに合わせてイメージを膨らませ、お話を考えてきてもらい、絵とナレーションで動画を作ります。お楽しみに。

1cadda98b140457b89cdad7445c4330a 9402c55a084d4caa8fbdb77c0eaf7d88

私の作詞作曲したヘンテコな歌と卒園ソングは、子どもたちの可愛らしい声とアニメーションで動画にします。卒園ソングは出来上がったらCDにして、なっちんのお世話になった幼稚園の、今年の卒園式で使っていただけることになりました💕

34dd0e0cf2ec49569a51edbf733cee64 2c9a3f0d4deb4d93ae12d8671c9191e6

意外にも、100万回練習に集まる子が多くてびっくり。それだけは嫌だ〜と言われるかと思ったのに(笑)中には計算してくる子もいて、何やら100万回には2年の月日を要するとか。それでもエントリーしてくれて、ありがとう(爆笑)

お歌はトトのダメ出しをよそに、意外と子どもウケが良いらしく、まんまとハマった子らは、私から楽譜をもらったが最後、課題をそっちのけで、もうず〜っと弾き歌いの練習でレッスンが終わったりしました。「だって、こっちの方が楽しいんだも〜ん!絶対今度は弾きながら歌えるようにしてくるからね!」と宣言して帰宅。もう毎日毎日エンドレスで歌いまくり、ご両親アタマの中ぐるぐる状態だとメールをいただいたり。(大変申し訳ありません)

保護者の皆様にはご苦労をおかけしますが、先生サイドが膨大な労力を惜しまず一肌脱ぐと、子どもたちは負けまいとして面白がってくれるので、マンネリ化し出したレッスン活性化には有効かと思う、今日この頃です。笑

あっ、うちのなっちんも芸術活動、頑張ってますよ〜。

よかったらご覧ください。チャンネル登録、よろしくね!

楠マイ:うっせぇわ

楠マイ:金曜日のおはよう

2021年2月15日 (月)

作詞作曲

久しぶりに、かつて留学へと導いて下さった、N師匠のレッスンに行ってまいりました。

来月の門下演奏会で弾く曲が煮詰まってきたので、ちょうど良い頃でした。

今回は軽めにグリーグの小品の中から、ゆりかごの歌、蝶々、夜想曲を選びましたが、どうも暗譜への情熱が湧きません。

一応そこそこ覚えてはいるのですが、暗譜のためにこの先の階段を登って、いつもの特訓作業をするよりも、もっと有意義なことに(?)時間を使いたくなっており、少なくともやはり今、自分の情熱がそこ(←秘密の特訓)に向かっていないことだけは確かなので、師匠に相談すると「お任せします」とのことでした(笑)ので、今年は人生で初めて、ソロの舞台で暗譜ナシ!(市役所コンサートとかは除く)という、未知の世界で違う角度からその曲を表現する方向で挑んでみたいと思います。(大袈裟)なんかワクワクしてきた!笑

さて久々のレッスンでは、先生のお宅の80才になるスタインウェイが、今回も優しく迎えてくれました。

恐らくこれは、弾く人を選ぶだろうなと思っていたら、もれなく横から師匠が「これね〜、人によって全く、出る音違うんですよね。汚い音もね。びっくりしちゃうくらい。」と言って笑ってらっしゃいました。だろうな〜。特に、ピアニッシモ(ものすごく小さな音)を出す時に、すご〜く寄り添って応えてくれるんです。うちのシゲル君はメロウで美しい音だけど、やっぱり国産、正統派。遊び心なら、あっけなく負けちゃいます。帰ってきてから、あのスタインウェイのおじいちゃんを思い出して弾くようにしているけど、やっぱりね、いろんな楽器を弾かなきゃ、ダメだな〜と痛感しました。今度ホールに忍び込んで来ようか。フフ。

そんなわけで、とっても大満足な日曜日だったわけなのですが、昔っから舞台ひとつに集中できず、つまみ食いしては養分吸収しているタイプのカアカ、動画編集の次は作曲にハマっております。こんな。

F3b474eedbe74ef6beca14a2b7895634

なっちんがお世話になった幼稚園に、卒園ソングを献呈したいなあと考えておるわけですが、その前にちょっとふざけたやつを。。。

泥だんごの歌なんですが、これをトトに編曲依頼したら、すかさず未来予測を立てて怯えた彼は

「あのね…ソフトの使い方教えてあげるから、もう自分で出来るようにしてくれない?」

と、サクッと教えてくれました。やったね😃やってみたかったんだよね〜、手書きじゃなくってコレ!しかし自分で曲を作るのって、こんなに勉強になるとは思わなかった。小学生の頃に何やら作っていたけれど理論なんて全く知らなかったし。そういやベルギー時代、和声の授業で作曲するのに没頭してたっけ。。。

ということで、本番1ヶ月前の私はまたもや寄り道を始めて楽しんでます。練習しろ!

2021年2月11日 (木)

動画レッスン、開講します。

私をよく知る友人たちは、ま〜たやっとる(笑)と、ニヤニヤされることと思いますが、ちょっとアニメーション動画を作ってみたくてみたくて、手をつけました。このたび、動画レッスンを開講いたします。

構想やラフ画から1か月ほど要しましたが、お知らせをアニメーション動画にしてみました。こちらで〜す。

F32c6b7ee38b4f4fa2e9edb8542b8432

3分半でわかる、動画レッスン♪

たまごが先か、鶏が先か、ではありませんが、最近動画作成に非常に興味があるカアカ、どこかのCMを作ってみたいな〜。と思っていたのですが、それなら自分のとこの、作っちゃおう!ということで。アニメが作りたかったのか、レッスンがしたかったのか、そこんとこ非常にビミョーですが、いや、しかし私にはコロナ渦の信念というか、アイデアというか、悪あがきというか、まあとにかく頭の中はいろんな構想でいっぱいになっております!

 

あの曲をマスターしたいけど、

なかなか外に出られなくて毎日つまんないとぼやいてるおじいちゃんやおばあちゃん。

身体の不自由な方。

また遠方で、レッスンを受けたいと思っていてもなかなかできない方々。

忙しくて、定期的にレッスンに通えない方。

対面レッスンに来られなくて、オンラインレッスンもできない日の代替えレッスンに。

対面レッスン、動画レッスン、オンラインレッスン、いろ〜んなチョイスで、自分だけのオリジナルレッスンを始めてみませんか?

 

もともと、うちの教室は何でもアリ的傾向が強いため、生徒たちも個性的で自由人です。笑
なので更に楽しいレッスンが繰り広げられれば💕と思っている私です。

 

楽しく毎日を過ごしちゃおう!エイエイオー😃👊

2021年2月 4日 (木)

レコーディング演奏者収録、終了

2020発表会、レコーディング出演者の部。CD、DVDが、このたびようやく出来上がりました✨

受験や卒業制作などで忙しかった皆さん、収録お疲れ様でした🎶レコーディングは、舞台とはまた違った緊張感があります。ある意味、舞台よりも辛い…もう二度とやりたくない…という声が上がるほど。記録に残るというプレッシャーがあるのですよね。その気持ちが味わってみたい方、どうぞお申し出くださいませ。

Fa5ef7ff182f4dbf8888dd16d47601ac

さて、終わった終わった〜!と肩の荷をおろす暇もなく、次から次へと仕事はあるのですが、そんな中でも最近のカアカは、愛犬スバルちゃんにご飯を作ってあげることが至福の時間となっています。こちら、人参、舞茸、かぼちゃ、鶏肉をみじん切りにして煮ている図。美味しそうな匂いが!

641dbc1486514f2e961cca8e3460086f

カアカの作る料理は、いまだかつてほとんど客人に出されたことがなく、巷では「幻のカオル飯」と言われておりますが、カオルメシならぬスバルメシをコトコトと作っている次第。これをドッグフードにトッピングして、美味しそうにパクパクと平らげてくれる姿を見るともう、気分はバアバです。ああ、離乳食を思い出す。。。(遠い目)頑張って作っていたなあ、ちょこちょこと。

おっとレコーディング記事よりもうっかりスバル飯の方が長くなってしまいましたが、今回は忙しいのでこの辺で。

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »