最近のトラックバック

旅行・地域

2017年6月15日 (木)

香港の旅で感じたこと

私の香港ブログを読んだガイド役の彼が、ちょっと駆け足な感じだから、も少し詳しくお店の名前なんかも書いてあげるとわかりやすいんじゃない、と助言してくれた。いろいろ教えてくれたから、後ほど書き足したいと思う。

イヤ、ほんとにそうだと思う。私は、旅行記などの「報告ネタ」を書く時、かなりいい加減で雑になる。そこには私が、もともと旅行はいつも行き当たりバッタリ、詰めるのが苦手、ガイドブックも苦手、という背景があるんだけど、その他にも私には、旅においては体験したことよりも、感じたことの方が圧倒的に多く、そっちの方が重要という、立派な理由があったりするのだ。

………………………………

今回の香港旅行は、私にとって、とても感慨深い旅となった。

たぶん私は、非日常の中に入ると、普段の5倍くらい、感受性アンテナが伸びる。いつも何かを人一倍感じる方だけど、こういう時にはもっともっと、鋭くなる。メンバーは気づいてるかどうかわからないけど、それはちょっと、みんなが感じるようなこととは違っていて、何かど〜でもいいようなことに神経が行く。

例えばとても大雑把に言うと、私にとって、どこで、何を食べたか、どこに行ったか、というようなことは、たいして重要ではない。だからいつも、忘れてしまう。北海道では散々フレンチに行ったりしてるけど、どの店に行ったことがあったのか、なんてほとんど覚えてなくて、それは美味しかったか、センスが良かったか、雰囲気は抜群だったか、とか、五感に響くことしか受け止められない。そんな私を夫は承知しているらしい。でもそれは、決して興味がないからではなく、他人任せだからでもなく、ただただ、私の視点は他に向いている、ということなんだと思う。まあ、さすがに合宿なんかで、子どもたち大勢を引率して出かける時なんかは、念入りにプランを練るけど。

私は基本的に、ものすごくマイペースで自分勝手なオンナである。だから、人と合わせようとしない。でも、人付き合いは良い方である。生徒たちを教えていて、子どもの気持ちはすぐに察してヨイショできるし、今このヒトが何を考えているかはサッと判断できる。でも、それと、「自分のペースを崩してまでも人に合わせる」ということは違う。私はこういうところが、たぶんすごく頑固である。絶対に譲らないところだ。だから、自分のキャパを超えてまで、その場を乗り越えようとはしないし、合わせようとは思わない。この点が、私が人の下で働けない、という、絶体絶命的な社会性欠如な部分なんじゃないかと思う。今まで、バイトでさえ苦痛に感じていたから、これはもう直す余地がないと思われる。

私は今回の旅行で、とっても印象深いシーンが一つだけあった。

私はいつも違う土地へ行くと、そこの空気とか、匂いとか、例えば森の緑の濃さの色とか、青空や雲の様子とか、生えている木々の種類などにまず、心が奪われる。香港100万ドルの夜景も楽しみだったけれど、私がハッとしたのは、2日目の夕方に、ふと、通路を歩いていた時に目の前に広がった、海に映る、オレンジ色にキラキラと光輝く夕陽と、それを受けて照り輝く高層ビルであった。

それらは私に、全身で何かを語りかけているようだった。圧倒的な何かに打ちのめされ、私は言葉を失っていた。

ああ、私はいま、香港の街にやって来ているのだ。心の底から湧き上がる、何とも言えない想いがこみ上げてきて、私はしばらくそこを動きたくなくなった。前をズンズン歩いて行ってしまっている2人がいなかったら、きっとその場に何十分もとどまって見とれていただろう。私はゆっくり、2人の後を遅れて歩きながら、1人、泣いていた。別にセンチメンタルになっていたわけではない。そういうのは嫌いだ。そうではなくて、ただひたすら、自分の人生と、この景色とがグッと胸に迫ってきて、感動してしまっていたのである。

私はいま、こうして香港に来ている。どうしてここにいるのだろう。

あの時、あの二十歳の時、私は音楽の道を志し、そして色んな人と巡り合って、いま香港にいる彼とも出会い、そして何年もの月日が経ち、私は夫と出会って子どもを産んで、一度は乳がんを宣告されたものの、それが解除されたと思ったらまた昔の彼と偶然再会し、留学記を書くことになり、そして今こうして、この夕焼けを見ている。

これまでの人生が走馬灯のように私の脳裏を駆け巡り、この瞬間に繋がっていたことに大きく感動を覚えた。あの時の私に、どうして今、この夕陽が想像できただろう。私の香港旅行は、この瞬間で完結だった。人生って、素晴らしいと思えた。私はこの時を忘れない。ずっと、ずっとここで日が沈むまで立ち止まっていたかった。こんな気持ちになれるのは、いつもふとした瞬間である。海風が頬を伝い、心地よい夕方の湿気が私を包んで、いつまでも涙が止まらなかった。

それだけでもう、私の今回の旅行は大満足であったのだが、こんな抽象的なことを理解してくれる人が何人いるのか、共感してくれる人がどのくらいいるのかは、わからない。だけど、私がどうしても、ガイドブックが苦手な理由はここにある。旅行前に張り切って読もうとしても、いつも絶対と言っていいほど眠くなるのは、そこからは、空気も、匂いも、何も伝わってこないからである。美味しそうに撮れている写真だって、私には全然わからない。それよりはまだ、人が体験したブログを読んでみたりする方が、感触として伝わってくるものがある。

私は虚ジャッキーなので、万全な体調にしておかないと必ず人にメイワクをかけてしまう厄介なヤツなのだが、これも今回、手に取るように理由がわかった。私は、体力がないと言うよりも、マイペースが崩れる、ということによって大きくダメージを受けてしまうヤツなんだ。これは、衝撃的な発見であった。

そういえばいつも自分は、体調が崩れる時、そうだった。
レッスンは生徒たちに驚かれるほど、ぶっ続けで何時間やってもへっちゃらである。疲れない。そりゃあ、体調が悪い時はダメだけど、普段は平気である。なのに、新しい生徒がやって来ると、その子一人みただけで体力を使い切ってしまう。

午前中、レッスンがあっても何ともないのに、友達と女子会なんかが入っていると、もう午後のレッスンはダメである。集中力ゼロ。だからイレギュラーな予定は、休みの日に入れることにしていて、仕事のある日はそこに体調のダイヤルを合わせる。

旅行に行ってもそう。やたらとテンション高い時間と、低い時間が交互にある。だからその波に従って、うまくやらないと、身の破滅を招く。ちょっとムリしてまわりに合わせたくても、それをやっちゃうと更にいっそう迷惑をかけることになるのがわかっているから、セーブする。別に、場をしらけさせたくてそうしているワケではない。とにかく、私はひとえに体力がない、のではなくて、マイペースを貫くB型にはそれなりに訳があるのだ、ペースを崩されることが、何よりの弱点なのだ。ということがわかったのは、大きな収穫であった。そんなの前からわかってるよこのバカ。って、夫は思ってるだろうけど。

なんだか、書き出すともうキリがなくなってしまいそうなのでここらへんでやめるが、自分という人間と、ここまでの人生と、人間関係を振り返るのには、たまには家族と離れて旅してみるのも悪くない。

そして結婚生活の長続きの秘訣は、価値観と、ペースの一致と、互いに純粋に許し合うことができるか、という三拍子がそろうことである。それに加えて2人の間に流れる「絶対的な自信」があれば、なお良し。

今回、私を旅行に行かせてくれた夫は、最初っから私を許して、野放しにしてくれた。しかも、なんのムリもなしに。たぶん私も逆の立場だったらそうだったと思うし、人間の相性って面白いもんだな、無理したら続かないもんだよなァ。

なんて、しみじみと思った、45の初夏であった。

最後にみんなにお礼を言いたい。私を私らしく自由にさせてくれている夫と、疲れを押して尽くしてくれた香港の彼と、奔放な姉に付き合わされ、気苦労していたであろう妹に。そして、いい子でお手伝いをしながらお留守番してくれていた、娘なっちんに。

2017年6月11日 (日)

香港三日目

3日目の朝は、身体がちょ〜重かったけど、なんとか起きて、またもや飲茶を食べに行きました。今日は違うお店。「富臨漁港」。ちょっと豪華なところだったけど、そこにも一杯、おじいちゃんおばあちゃんたちがwobbly みんな、新聞読んだりしながらくつろぎの飲茶タイム。いいねえ。

Img_6615

それからゆりゆりのオススメ、お豆腐のお店で、ちょっと甘め豆腐やジンジャー風味を食す。美味しい。

Img_6603 Img_6604

豆乳、買って帰りました〜。

Img_6606

それからちょっくら、スーパーで買い出しをして。いろんな醤油が売ってるんだけど、コレが気に入ったカアカ。野菜にかけると何でも美味しくなっちゃうやつ。もっと買って帰ればよかった!失敗!bearing

Img_6616

そしてお昼に、彼いわく奇跡のチャーシュー弁当。これはめっちゃうまい!絶賛!
麻婆豆腐は、日本に帰ってきてからのカアカ作。買って来た豆豉を使ってみました。うまい。もう、しばらく中華三昧。

Img_6605 Img_6607

う〜ん、本当に食い倒れツアー的な3日間でありました。

こんだけ食べたカアカ、さぞかし太ったかと思いきや、1キロ痩せてました。ヘルシーな中華って、すごくない?
1日2万歩近く歩いてたせいか?catface

そして食い過ぎてハラを壊したゆりゆり、お大事にsmile

カンペキな案内係で疲れ果てたであろう、我が友人に感謝。どうもありがとうございましたwink また行くね。(もうこりごりか?)

2017年6月10日 (土)

香港二日目

2日目の朝は、楽しみにしてた飲茶へdelicious ホテル近くの気さくな店、嘉豊点心専門店に入りました。香港の人たちは、朝に飲茶を食べます。お店は、おじいちゃんおばあちゃんたちで一杯。

さ、順に紹介していきますよ〜。まずは定番、蒸しエビ餃子。それからコレ、鶏の足です、足。コラーゲンたっぷりな感じ。ゆりゆりはちょっとダメだったみたいだけど、私は大好きだった!足が一杯生えてるやつ以外は大丈夫。うま〜happy02 鶏さん、ありがとう。

Img_6583 Img_6584

↓こちらは、パリパリの湯葉に包まれて、中にエビなどが入ってます。それから、大根餅。これが腹持ち良い。かなりお腹一杯な感じになります。

Img_6585 Img_6586

香港は、野菜が本当に甘くて美味しい。北京に行った時もそう思ったけど、これなら、ペロッといけちゃう。それからマンゴーが包まれてるもちもちデザート。うっま〜。本当に、お茶が合うんだな、これが。

Img_6587 Img_6588

飲茶をゆっくりいただいた後は、船に乗って、向こう岸にある香港リゾート地、スタンレーへ。私たちがブランドものに興味がないのを知っていてのコースであります。雨季なのにいい天気で、 晴れ女、ゆりゆりの勝利sunちなみに、私たちが帰った後すぐ、台風がやって来たそうで。

ここへは船を降りた後、またもや爆走運転で、山道を二階建てバスで向かいます。こわいっちゅうの。

Img_6589 Img_6590

日が差してくると暑い暑い。ムール貝がど〜んとバケツ一杯食べられる、ヨーロピアンなカフェへ。

Img_6591

ムール、大好物。ベルギー留学記で盛り上がってただけに、連れてってくれました。感謝happy02 ここで2時間以上のんびりした気がする。香港は、イギリス領だった頃のなごりで、あちこちにこういうヨーロッパ的な雰囲気があるんだけど、ここがまさにそう。行き交う人々は欧米人が多く、カフェで何時間もくつろぐ感じなんか、あっちそのもの。日本にもこのくらいのゆとりがあれば、ストレス解消できるのにねぇ〜。なんて、話してました。

Img_6592 Img_6593
 

夕方近くになって、リゾートを後に、ゆりゆりの買い物に繰り出す。彼女は世界各地のお茶を集めるのが趣味なので。それと、あとは乾物探し。干しエビやらホタテやら買い込みましたgood

Img_6594

夜は香港の、100万ドルの夜景を見に。またもや、荒れるバスに乗って山道をゆく。この運ちゃんが一番最強であった。揺れる揺れる。オイお前、もっと乗客のこと考えろやgawk座ってる人すら、手すりにつかまってるじゃんか。と、心の中で悪態ついたカアカ。細っそい山道で、70キロは出てたんじゃないのか。ジェットコースターより怖かったぜ。

でも、このワンタン麺が絶品だった!ちょっと腹ごしらえ。ビクトリアピークの、Mak's noodle。

Img_6595 Img_6596

上まであがるには長蛇の列で、断念。少し下の方から見ても、十分キレイshine

Img_6597

その後も食う我らrestaurant上海料理、ご馳走になりましたhappy02 っていうか、ほとんど全て、ご馳走になりました。ありがとうconfident

Img_6598 Img_6599

プクプクのエビたち、紹興酒漬けの鶏肉…ご馳走の数々。

Img_6600 Img_6601

Img_6602

お腹、一杯です。
そして余談だけど、わたしはスイカカクテルでテキーラにノックアウト。
ワインにしとけばよかった…coldsweats01

3日目は朝が辛かったぜcatface

2017年6月 9日 (金)

香港一日目

香港に行ってきました。いきさつは以前書いたけど、妹、ゆりゆりとの二人旅であります。わたしくし、海外は実に10数年ぶり。羽田空港から国際線に乗れるなんて素晴らしいhappy02shineとっても綺麗で、いかにも「ニッポン」て感じのフロアーが出来上がってました。
それでは、行ってきま〜す!airplane

Img_6571_2 Img_6572

キャセイ、10:30発、現地時間の14:05到着なり。なんだかんだ遅れて11:00に飛んだから、4時間ちょいくらいで着いたような気がする。(香港は時差マイナス1時間なり。)

着いたら速攻、空港のお粥屋さんへ。ここ、有名店らしい。何洪記(ホー・ホン・ゲイ)。ホタテのお粥、めっちゃ美味しかったdelicious キャセイのご飯不味くて、お腹減ってたから、2人してペロッと平らげる。早速、香港のプレリュード的な期待増。

Img_6573 Img_6574

写真、撮り忘れたけど、香港では二階建てバスが幅を利かせていて、そりゃあもうヤクザの運転かと思うくらいにものすごいスピードで走りまくっている。私たちはオクトパスカードを購入して、空港からホテルまで一直線。このカード、バスでも電車でも船でもコンビニでも使える便利なものでした。香港は、大変わかりやすい街というのが第一印象。

さて、ホテル到着〜。リーガルオリエンタルホテルにて。ゆりゆりに、「お姉ちゃん、期待しないでね…gawk」と言われてたのに、(←このヒトは一度このホテルに泊まっている)ドアを開けたらそこには快適な空間が。改装されていたらしいshineいや〜、ラッキーscissors

Img_6575

荷物置いて、ちょっとベッドに転がったらそのまま沈没しそうだったので、そのまま甘味にレッツゴー。合成糖水、って、店の名前です。すごいですね。でもここのオバチャンも親切で、食べたいのがちょうど売り切れだったけど、他のオススメを持ってきてくれた。なんか、白玉が入ってたココナッツミルクみたいなやつ。疲れた身体に染み渡ってうまいdelicious

Img_6576 Img_6577

それからバスで、香港文化中心まで出ました。すっげービルwobbly 日本だったら、すぐさま建築法違反でしょ。っていうくらいの、鉛筆みたいに細くて高っかいビルが並んでる。香港って、地震がないからこういうの、建てられちゃうんだねぇ。それにしてもねぇ。

Img_6578 Img_6579

ここで8時から15分間、光のショー「シンフォニー オブ ライツ」をやるんだけど、その前にちょっくら、姉妹で足つぼマッサージを探してたら即、客引きのオバチャンに連れていかれる。値段も相応だったからヨシ。すっごい痛かったけど、効いた〜。

そんでもって、光のショー。ビルからやたらとたくさんの光がビームされる。そして、一杯の人、人、人。香港、暑いけど、夜の海風が気持ち良いconfident 何しろ気温32℃超えに、湿度80%超えだから、マジ暑いのだgawk 疲れの原因にもなる。だけどうちらアジア人は、湿度には慣れているので意外と大丈夫。

しかし、このショー、毎晩やってんだよ。すごいよ、香港ってのは。

Img_6580

さて〜、ショーが終わったところで、私たちのショーも始まるわけであります。

8:15、時計台にて。仕事帰りの友人、いわゆるカアカの元カレと合流。互いに携帯は持っていても、Wi-Fi繋げてないし、ホントに会えるのか?どっから登場するのか?と、ドキドキワクワク。「たまにはアナログな世界もいいねぇ、お姉ちゃん!昔はいつだって、こうだったよねぇ!」と、ゆりゆりもノリノリでしたsmile

Img_6581Img_6582

無事、感動の再会をして、街に繰り出す我ら。香港の夜は長い。オマエら寝ろ!って言いたくなるくらい、明け方まで街は眠らない。あちこちで人々は、お祭り騒ぎをしている。すごいな〜。明日の仕事、ないのかな〜gawk

彼は大歓迎してくれて、美味しい海鮮の店へ連れてってもらったけど、5時半起きのカアカとしてはもうおネムで、半分以上寝てた。毎日規則正しい生活してると、身体もちゃあんと規則正しく出来上がっていて、ダメである。全然ムリがきかない。2人ともめっちゃ元気で飲みまくってたけど、私は少し食べたらやっと目が覚めてきて、よ〜やくお喋りすることができた。

ホテル帰宅、ほとんど覚えてないけど午前様。

ハードな香港旅行は次の日へ続く。

2017年3月20日 (月)

増富温泉へ

3日目。宿の庭でフリマをやってました。思わず楽しくて、昼まで居座ってしまう我ら。

Image_30

昼ごはんもココで食べたよ〜んrestaurant

それから信玄餅工場へ。

Image_31

Image_32

信玄餅ソフト美味しかったheart01

まだ時間も早いってことで、ちょっと足を伸ばして、これまた人里離れた「増富の湯」へ行ってまいりました。黄色く濁ったぬる〜い温泉。よいところ。

Image_33

Image_34

帰り道は案の定、大月インター〜八王子JCTまで2時間の大渋滞。一か八か、大月から都留で降りて、道志峠で帰ってみた。結果、少し早いかな程度だったけど、渋滞でウンザリするよりは良かったかなというデータなり。

ああ、楽しい小旅行でありましたhappy023日分の洗濯と、荷ほどきの手間がなければ!

2017年3月19日 (日)

甲府へ

朝の清里は清々しいですconfident 2℃とかだったけど。でも全然、寒さを感じない。

Image_16

赤ちゃんペンションの庭は遊具でいっぱい!

Image_17

広〜いsign03子どもたち、朝から元気に遊ぶ遊ぶ。

Image_18

Image_19

10時チェックアウト。そこから甲府へ向かいます。

Image_21

Image_22

途中、ウサギさんと遊びながら。

夏じゃないからホント、清里、ガラッガラです。

混んでなくて大いに結構delicious

Image_25

Image_26

さて甲府到着。お昼はお決まりのほうとう屋、皆吉(ミナキ)。かつてないほどの混みっぷり。1時間強、並んだよ。えみちゃんカップルと合流なりheart04

Image_27

それからトト、念願のワイナリーめぐり。今回は思う存分ハシゴして幸せ満喫しておりましたwineカアカもお気に入りのワイン見つけて購入。

Image_28

Image_29

宿は川口園という、ネットでも評判のいいところ。期待通り、良心的なお値段で、ご飯も美味しくお部屋も綺麗な静かな場所でしたshine

ほったらかし温泉は三連休ということで激混み。1月の方がオススメですthinkpaper

3日目へ続くup

 

2017年3月18日 (土)

清里へ

清里、甲府へ2泊3日の旅rvcar

まずはトトの行きたかった、人里離れた文房具と天然石のお店へ。小さな店内にアコーディオンミュージックが流れ、気分は何だかパリ。素敵な天然石と、文具をゲットしましたhappy01

Image

Image_2

この時期の清里は閑散としてます。気温4℃。空気がパリッとして、北海道に似ていて好き。人も全然いない。昔来たのはなっちん生まれる前だったから、10数年ぶりに来ましたconfident

Image_3

Image_4

昔、萌木の村で箒を買ったんだけど、今回も箒ゲット。刺繍用の布やら、ハンドメイド品も次々ゲット。

Image_5

Image_6

今回泊まるのは、赤ちゃんペンションめーぷる↑なっちん大喜びsmileプレイルームは絵本でぎっしり。仲良しになったちびっ子ちゃんもいたよlovely

Image_7

Image_8

夜ご飯は鍋。ペンションで鍋かい?と思ってたけど、これがまた、この寒さの中格別に美味しくってdeliciousなっちんも雑炊が気に入りました。

Image_9

もっと騒々しいかな?と思いきや、そうでもなく。9時にはパタッと静かになるのも、赤ちゃん連れらしいなァ〜とニヤけてしまった。

2日目に続くup

 

2016年12月 9日 (金)

京都大阪

トトの仕事に同行して、京都大阪へ2泊の旅。なっちん、初の新幹線ですbullettraindash 速い速い。小田原から2時間で着いちゃうんだもんね〜。

Image

到着したら早速taxiにて、オススメのお蕎麦屋さんにGo。美味しかった。

Image_5

あぶり餅、久しぶり!左側のお店に入りました。なっちんペロッと平らげますdelicious

Image_2

Image_3

それから清水寺へ。来年から改修工事が入り、しばらく見られなくなるそうです。カアカ、ここで足を捻挫するweep 気合で歩いてたら腫れましたdown

Image_3

Image_4

さあ、なっちんお待ちかねのマブダチ、桃ちゃんゆいちゃんの登場〜!感動の再会happy023年生の時に引っ越しちゃったから、会うのは一年ぶりshine

Image_5

大阪の桃ちゃんちにお泊まり。あっという間の2泊でした。

Image_6

Image_7

たこ焼きしたり、まくら投げしたり。動物園に連れてってもらったり。残念だったのは、妹のゆいちゃんが胃腸炎になって遊べなかったこと。今度は一緒に遊ぼうね。

Image_8

Image_9

なっちんがエンジョイしている中、トトとカアカも楽しみました。トトは基本的に仕事だけど…。

大阪エステスペシャルコースの後、高校時代クラスメートこっちゃんとタイ料理。

名古屋にて、ブリュッセル時代のユキちゃんと。どちらも10年越えの再会!楽しかったhappy01

Image_12

Image_13

土曜の夜は、同僚たちと懐石料理。センチュリーホテル嵐亭にて。ごちそうさまでした!

Image_14

Image_4

 

2016年8月28日 (日)

別所温泉

別所温泉宿、みどりや。ものすごく気に入りましたgood

親切だし、部屋は離れの奥の奥。静か〜confident

Image_21

お年寄りにはムリなんです〜、と言って通されたが、かなり登る。歩く。

Image_22

Image_23

まだまだ歩く。この最後の階段を上がって、やっとお部屋。ちょっと気軽にロビーに戻る…とかムリ。

Image_25

Image_26

朝は6時に起きて、旅館でいただいた地図見て気になった「風穴」に行ってみた。歩いたら時間かかりそうな山道をたどって、ヒンヤリした階段の先に、それはありました。

Image_27

Image_28

蚕を育てるために作られた、夏でも5℃だという場所。5℃は大げさかと思われたが、かなり涼しい。3mばかり降りていくと、ヒヤリ!いいねえ、うちにも欲しい。

Image_29

Image_30

9時、仕事に出たトトを見送り、うちらは別所温泉街めぐり。かなり楽しい。別所よいところ〜。

Image_31

Image_32

足湯でぽかぽか〜。

旅館の亭主さんには、4年生の子にはちょっとつまらないかな、と言われたけど、散歩好きななっちんは2時間バッチリ歩いた、歩いた。

Image_33

Image_34

大きな夫婦杉!

Image_35

Image_36

昼メシ、トト合流。蕎麦屋の揚げ蕎麦団子が美味しかったdelicious

Image_37

別所温泉を後にして、上田城へ。そこの屋台でやっと、美味(おい)だれ焼き鳥にありつく。リンゴ、バナナ、桃、にんにくなどすりおろしのたれが旨い。たれ、購入。

Image_38

Image_39

またもや芝生を見ると、転げるように走り回るなっちん嬢↑

Image_40

Image_41

大河ドラマの影響で賑わう上田。テレビ観ないから知らないんだけど。いいところでしたよ!

Image_42

Image_43

いやいや、遊んだ遊んだ。

夏休み、まさに最後の思い出になりました。明日から学校です。今年から8月後半が始業式。宿題7月中にやり終えたなっちんとしては、余裕の新学期。

さあ、張り切っていこうpunch

2016年8月27日 (土)

安曇野へ

札幌から帰ってきて、めちゃめちゃ忙しかったcoldsweats01

ガーッとレッスンして、週末、トトの仕事に便乗して長野へ。なっちん連れて、遊び呆けました。安曇野へcar

台風来てて天気イマイチだったけど、とりあえず蕎麦だdelicious

Image

Image_4

トンボ玉アクセサリーを作ったり、

ココ、国営アルプスあづみの公園へ。子連れの皆さん、オススメでっせ。

Image_5

Image_6

小雨降る中、芸術教室が大人気でした。コースター作り。

Image_7

Image_8

それでもなっちんは小雨などに負けませぬ。

Image_9

Image_10

傘をさせと言っても子犬のように走り回り

Image_11

Image_12

誰もいない公園を独占じゃ〜!

Image_13

Image_14

必ずや岩によじ登る(高いです↓)

Image_15

Image_16

すべって転びそうなアスレチックで遊ぶ。あづみの公園満喫!

Image_17

Image_18

信州上田に戻り、トトと合流なり。上田名物焼き鳥屋をめぐるも、なぜか常連以外は追い返されること三軒ばかり。この街は観光客には不親切なのか?gawk

Image_20

テキトーにマズイ飯食って別所温泉街の旅館に戻り、いたく親切な歓迎ぶりに癒される我らでありました。

別所、オススメよん。二日目に続く。

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ