出来事

2017年11月20日 (月)

良き休日の朝

さて、そろそろカアカがバレエとやらを始めて1年。

1年ですよ!よく、懲りずに続いたよthink エライぞ私。でもだいたい平均にして、月2回くらいしか行けてないから、そこまで上達してない。いや、正確には、初期の頃の実態を全く覚えていないため、もしかしたら少しくらいは上手くなっているのかもしれない。だけど確実に、バレエにはハマってきているため、楽しくて仕方ないというのは、事実である。

今日は朝から、子どもたちの登校を横断歩道で見守る立哨当番に出て、何人かの生徒たちにニヤニヤされながら挨拶をし、ついでに生徒のお母さんにも「お、センセーじゃないですか!」と出くわし、家に戻ってからは早速ピアノを弾いた。

言っとくけど、立哨、ちゃんとやってますからね〜。生徒ママからは、「え、センセーも立哨とかやるんですか?ガラじゃないな〜!smile」とか言われたりするんだけど、やってるから!そりゃたまにはサボるけど(サボるんかい。)いえ、今年は何と言っても、地区委員ですから。私が作った当番表ですから。ちゃんとやってます。ハイthinkpaper

さて、前置き長くなったけど、今朝もやっぱり、ピアノ室に入ると新しい木の匂いがした。嬉しい。

まるで、そうだな、大好きだった人とめでたく付き合えることになった日の、次の朝みたいな感じ。そうだ、ピアノの部屋には、新しい彼氏シゲル君がいるのだ。なんという幸福感kissmark 私はやっぱり音楽家だったんだ、と知る。

この勢いに乗って、トトはまんまとiPhoneXに機種変し、カアカもまた調子に乗って、新しい洗濯機に買い替えちゃって散財しようかとたくらんでいるけど、ピアノの買い替えはそんなもんじゃない。嬉しいな、という気持ちを通り越して、幸せに浸る。この気持ちは、やっぱり新しい恋人と付き合うことになった時と似ている。なんか、思い出しちゃったよね、昔の彼と別れた次の日に、トトとデートした時のこととかさsmile(←留学記続編参照のこと。)やっぱり、音楽と恋は似てるのよ!と再確認。

ピアノの音色を確かめてから、バレエへ。良き休日の朝。

ああ、私の限られた休日。この4日間のうちに、年末のもろもろを一気に片付けてやるpunch

11月を制する者は年末を制するんだぜ!(我がピアニスト友人受け売り〜)

2017年11月 9日 (木)

ある、濃い一日

いや〜今日は大変濃い一日だった。

何がって、まずは急遽決まった女子会。今日はレッスン、7時を過ぎることがわかっていたから朝っぱらから夕飯の仕込み。「もう何にもやりたくね〜gawk」ってなることを想定して、あとはハンバーグを焼くだけ。ってとこまでは仕上げて出かける。味噌汁の出汁もとって、惣菜も全部炒めちゃって。そうなりゃ、いくらフラフラでも、土鍋でご飯炊くのとフライパンに火をつけることくらいはできるかと。(かまどさん、まだ続いてます。美味いよdelicious

さ、前置きはいいとして、シチリア料理だ!

Img_7827

Img_7828

リゾットがね、美味しいんです。大好き。だけど我らメンバー的に毎回、ご飯を味わうどころか話に花が咲き過ぎて、何食べてんだかあんま、わかんないcoldsweats01 どんだけ盛り上がってるんだよ。11:30の開店から入って、あっという間に2時。慌てて帰る我らピアニスト一同。

Img_7829

Img_7830

今回はあまりに個性的な旦那軍団の、またもや個性的すぎるネタ連発だったので、誰もブログに書けないって言うんでカアカが命じられたgawk

って、何書けばいいんだよ。爆笑の渦だったから、頭がショートして思い出せない。

ああ、確か、怪しげな気功にハマるの巻と、政治の話をしたがる夫と耳がチクワの妻、男はつらいよ40代の話と、我ら高齢出産とは違う、若者たちの素晴らしい再生能力の話、もうやっぱサッサと産んじゃって正解なんじゃないかってこと、それから一応、新しいピアノの件について。そんな話をしてきたんじゃないかって気がする。ついでにシモネタがお決まりで入ってたような気もする。そこまで暴露しなくてもいいって?

フル稼働された脳みそを引きずりながら、またもや濃い、うちの生徒たちとのレッスン。アタマは疲れてはいたが、この子たちと話すのはまた楽しいので、7時過ぎにはすっかりノックアウトで風呂で水没するかと思った。

最後は高校生だったんだけど、やっぱ、中学を乗り越えてピアノを続けた子は違うね。あの練習できない「もうやめたほうがいいんじゃないか」的な時代を、それでも細々と続けた子たちというのは、突然オトナになる。ピアノを続けてきて良かったと思う瞬間なんだろうなァ。

ピアノの貰われ先も無事決まり、発表会の曲希望も着々と聞き出し、子どもたちも、新しいピアノの到着と新しい曲を楽しみにしている様子。

「発表会で、何が弾きたい?」

って訊かれるのって、すごく嬉しいみたいです。昔はそんなこと先生から一言もなくって、「アナタにはこれよ」って与えられた曲を弾くのみだった。何しろ、怖くて言い出せない。

「何が弾きたいの」と訊かれた瞬間、みんな目が輝きだす。面白いなあ。親御さんも一緒に輝き出しちゃったりしてねsmile

とにかく、そんなこんなで熱い今日この一日でありました。

女子会も、懲りずに次回へ続こうじゃないの。

 

2017年11月 7日 (火)

コインランドリー

今日こそはもうネタないだろ。と思ってたのに、日々新しい発見のある私。

空いてるだろうと、晴れた日を狙って行ってみた、コインランドリー、日本初。いや、10年前くらいに一度、乾燥機だけ利用したことはあったかも…でも、ザブザブ洗ってみたのは、初めてhappy02 半地下に洗濯機のなかったベルギー時代には、毎週のように通いました!

Img_7813

Img_7814

すご〜い、ハイテク!毛布がザブザブ洗えるじゃんshine うちでは洗えなかったモコモコ布団カバー、二枚一気に洗えて800円なり。ちなみにココは、近所の浜田バス通りにあるランドリー。ご近所の方は、わかるかとflair

洗剤要らないんだ?張り切って持ってったのに。それに、スニーカー専用機もある!子ども靴なら4足までも!

Img_7815

Img_7816

待合椅子も、何気にフカフカ。

Img_7817

教えてもらった幼馴染みたちに早速報告だ〜。

と思ってLINEしたら、彼女はなんとタイムリーに、杉久保のランドリーに行っていたらしいsmile聞けば、飼っているネコが布団に粗相をしたとか。そして杉久保の方が若干安めらしい。今度行ってみよう。

時は午後。3時からレッスンの日。これから乾燥機にかけるかかけまいか、まあ濡れたまま車に積むのもやだから、軽く一回かけていこうかと思ってたら、幼馴染みたちからブーイングが。あと300円くらい使ってちゃんと乾かしてから帰れ!って言うんで、

「ヤダ。これから帰って毛布干して、パスタ作って食べたら3時だ。」

って言ったら、

「パスタ作らんで、ちゃんと乾かしてからパンでも買って食べたら3時だ。」

って言うから、

「もうマッシュルーム切ってきた。」

って答えたら、なぜ切ってきたのかと問われ、それは、今日はゴミの日だったから。と返答したら爆笑された。

そんなヒマな会話をしながらヒマな時間をやり過ごし、夜勤明けの一人はこれから寝ると言ってトーク終了。

お疲れ様です。カアカ的には、考えられない職業。ちなみにどこでも寝れるし、旅行でも時差ボケもないそうな。すごいよなァ〜think

ローカルな会話の裏にある、人それぞれの特技というのか、天職というのか、そんなことを考え唸らさせられた午後であった。う〜む。

 

2017年11月 6日 (月)

休日日和です

今日はオフsign03good

演奏会後片付け一式終わったあとのオフは、思い切り遊ぶのだsmile(っていつも遊んでるけど)

午前中バレエに行ってひと踊りした後、美容院で髪を切り、まだ時間があったからひとり、アリーカフェの優雅な午後cafe

「200円プラスで、シフォンケーキに、アイスと果物つけられますよ〜」

って言うからお願いしたけど超豪華じゃんshine

Img_7800

Img_7801

今日は、先月なかなか行かれなかったバレエに久々だったから楽しみだったcute

演奏会、聴きに来てくれた皆さんにお礼を言いながら、ワイワイがやがや。カアカより年配のおばさま方に年を訊かれて素直に答えたら、えっ、うちの娘より年下かと思ったわ!って驚いてらっしゃるから、その娘さんのお年を訊いてみたら38。いやいや、そりゃ〜いくらなんでも言い過ぎでしょcoldsweats01 と笑いつつ、内心密かに「でかした、私。」とほくそ笑む。だてに美容皮膚科に通ってないわよ。フフフcatface(また行こう〜っと。)

だけど今日は、そんなカアカよりもお美しい先生の踊りっぷりに本当に見とれてしまったlovely

「マズルカって、たぶんこんな風に、踊りの中に組み込むことになるので!」

と言いながら、ちょっといつもの練習曲よりカッコイイ選曲で、颯爽と風を切りながら踊っている、そのお姿に目がハートlovely か、カッコイイsign03shine

特技があるって、なんてカッコイイんだろう。あれなのかな?うちらも音楽家として、サラッと名曲アルバムなんかを弾いてみせてあげたりする時、「すご〜い素敵shine」とかよく言われたりするけど、そんなセリフは聞き飽きていて、「いや、お世辞言わなくてもいいよgawk」なんて本気で思っちゃってたりするんだけど、もしかしたら本気でそう思ってくれてるんだろうか。他人の特技はすっごく素晴らしく思えるんだろうか。今日だって、先生に「素敵happy02」って感激してたら、「いやいや、テキトーに踊ってみただけですからcoldsweats01」って言われたんだけど、そ〜ゆ〜ことなんだろうか。

あ〜、いいなァ。あんな風に踊れるようになってみたい!早いもんで、バレエを始めてぼちぼち1年。

まだまだまだまだ、道のりは遠そうな予感のカアカでありました。

 

2017年11月 3日 (金)

結婚記念日ディナー

三連休、初日ののんびりした朝。
オセロ好きななっちん、トトと一戦を交える。

Img_7756

今日は、コンサートもろもろで遅くなった結婚記念日祝いをしようとしていた矢先。お直しに出していた結婚指輪が出来上がりました〜。やったね、7.5号shine つけ心地サイコー、めでたしめでたし!ハラの手術で外して以来、2年ぶりに我が手に戻る。

Img_7757

Img_7758

↑ちなみに、最近美容に凝りだしたトトが注文したラベンダークリーム。これはとってもいい香り。ラベンダー香る男子、オヤジ臭より得点高いぞ、っと。

夜は厚木のシチリア料理屋にlovelyrestaurant

Img_7759

パプリカ、セロリ、二種のチーズ、バルサミコのサラダ

シチリア風イワシフライ

Img_7760

Img_7761

なっちんのために特別に揚げてもらうポテトに、ホタテとパンチェッタのカルボナーラ

Img_7762

Img_7763

パンチェッタとイタリア野菜たっぷりのトマトソースリゾット。

それからハーフandハーフにお願いできる、ドルチェたちkissmark

Img_7764

Img_7765

説明不要、うっま〜delicious

Img_7766

Img_7767

そんなこんなで、結婚14年。これからもラブラブで行ってみよ〜smilegood

2017年10月19日 (木)

なっちんの仕事

最近、なっちんには欲しいものができた。

それは「ちゃお」という、小学生に大人気の雑誌である。でもこれがなかなか高い。一冊600円〜デラックスにもなれば800円くらいする。ふろくが可愛いのも魅力のひとつだが、何より彼女は漫画を描くのが大好きなため、毎月どうしても欲しいのだ。だけどお小遣いは400円。毎月買うには厳しい金額である。毎月一冊ずつ、トトには新しい本が買ってもらえて、小学生新聞はジジに毎日とってもらっているが、雑誌は小遣いで、ということになっている。

そこでトトが提案したのは
「トイレ掃除したら10円、階段掃除したら10円、風呂掃除したら20円」
というシステム。

はじめはピンときていなかった様子のなっちん、三日坊主でやめてしまい、トトに
「最近掃除、やってないのか?バッカだな〜。いいか、計算してみろよ?たかが10円だけど、毎日やったらどうなると思う?」
と言われて、はたと気がついたらしい。人が変わったかのように、帰宅したら毎日掃除をするようになったsmile

だけど問題なのは、風呂掃除。やるところが多すぎて、もう少し具体化する必要性がある。テキトーにやっちゃって、「やったよ〜」なんて言われても困る。よって、風呂の床、みぞ、壁、棚、ふた、と細かく分けて、やった場所ひとつひとつに10円をつけることにした。さあ、これで、全部できたら風呂だけで50円だ!俄然張り切るなっちんpunch 時間のない時はポイントのみ、できそうな日は範囲を広げて掃除をするという技もあみだした。

「カアカ〜、お仕事だけで、やっと300円が貯まったよ!happy01

と、喜ぶなっちん。私もすかさず、新たなシステムを導入。

夜21:30までに寝室に行けなかったら10円、朝7時までに支度できなかったら10円をいただき、その代わりに夜21時までに寝室に上がって21:15までに消灯できたら枕元に10円を置いてあげるという仕組み。

ついでに、学校から帰宅したらカアカに言われる前に、時間割と宿題とピアノの練習ができたらヨシ、できなかったら小遣い400円から10円ずつ引く仕組みを宣言した。

これは、双方に絶大な効果を生んだ。

なっちんはカアカに口うるさく言われなくなるのが嬉しいし、私はイライラしなくなるから嬉しいし。自分からサクサクと、やるべきことをまずやるようになった。素晴らしいshine

ついでに私も、毎日コツコツ掃除でもするか。という気になってきた。夜は夫婦の静かな時間が増える。お手伝いって、お金もらえるからやるっていうものじゃないと思うんだけど、そうは言ってもなかなか必要に迫られないとやらないものである。私も忙しいから、自分でチャッチャとやっちゃった方が早いし、なかなか彼女に仕事を与えてあげられなかった。これでなっちんも、家事が覚えられるし、お金を稼ぐ大変さもわかるし、一石二鳥である。

なっちんの成長に合わせて、システムを変更していくのも楽しみである。そのうち、ご飯の支度、一品できたら10円加算なんてのもやってみたい。「ホラ、やってごらん!」と言うよりも、自分から「やってみたい!」と思うのは、気合いも違ってくる。あ〜そしたら、私がレッスン終わってヘトヘトになってたら、「カアカ〜、ご飯だよ〜。」と言ってもらえる日も近い?なんて妄想してしまうsmile 楽しみ楽しみ。

それを見ているトト、
「いいナ〜。オレも、メシ作ったら1万円とかどう?」
と、言い出しかねない。いや、すでに言っていたような気がするgawk

ケタが違うよ、アンタ。

2017年10月16日 (月)

発表会

発表会に出ることになったnotes

って、ピアノじゃないですよアナタ。バレエですよバレエ。踊る方の。プッ!とか吹き出さないで下さい。

トトには、「そんなんにカネかけるくらいなら、オレのレンズ買えrock

とか言われつつ、今日、先生に申し込みしてきてしまった。仲間たちの異様なほどの盛り上がりぶりsmile なにしろ子どもが減っていて、エレガントクラス(アダルトクラスとかシニアクラスとか言う名前にしちゃうとテンション下がるから、こういう名前にしたらしい。先生のはからいで。)から、1/3は出演するというから、オバチャンたちはすごく盛り上がってしまっているのである。

いや、オバチャンたち、と言っても、彼女たちはとっても若い。もともと経験者が多いのですごく上手だし、バレエをやっている人たちって姿勢もいいしスタイルもいいしお洒落だし、とにかく年よりもずっと若く見えるのだ。先生だって、カアカより年上だが、とても50間近だとは思えないthink うちの高校生の生徒にもここのバレエ教室に通っている子がいるが、先生は30代だと信じて疑わなかった。私より年上だよと教えてあげたら仰天していた。失礼な。あ〜、私も踊り、小さい頃からずっと続けてりゃよかったなァ。

本番は来年の8月初旬で、この教室では2年に1度開催される。例年、8月下旬ということだったので、カアカは札幌に帰省するし、ムリムリ。出ませんconfidentpaperと言おうとしていたのだが、先生から満面の笑みで、

「カオルさん!今年は会館がうまくとれなくて、上旬になったの!だからカオルさんも出られるわよ!」
と言われ、

「いやいや、6月はうちの発表会ですし、7月はコンクールがあって忙しいかと…」
と相談すると、

「主催は確かに大変よね。それじゃあ、小品だけに出演するってのはどうかしら?happy02shine
と、押し切られるcoldsweats01

ここで私は初めて知った。
オトナクラスの人々も、例えば「白鳥の湖」などの大きな演目で、1幕を踊らさせられるということを!

いや〜、そりゃさすがにムリってもんよcoldsweats02 ムリです、ハイ!恥をさらすようなもんだし、だいいち忙しくて練習に参加できないから迷惑をかけてしまう。知っておいてよかった。小品だけだって、踊れるかどうかなんてナゾなのに。

どうやら、エレガントクラスだけで踊る小品は、マズルカらしい。

最近頻繁にステップの練習をさせられるのだが、これがなかなか難しいのだ。

ピアノだったら弾ける。いや、うまく弾けているのかはわからないけど、とにかく弾ける。しかし断言してもいい。ピアノでマズルカ弾くのと、実際マズルカのステップ踏むのとはワケが違う。

ニャ〜〜〜bearing 初めて、初心者の出来ない気持ちがわかったよぅ。
まわりがサラッと踊れているステップを、自分もサラッとできるようになってみたい。もう、真似っこするのがやっと。手なんて見てらんない。足だけでやっとこさである。ましてや、顔の向きなんて全然。バレリーナって、すごいのである。

くっそ〜〜〜。ぜったいうまく踊れるようになってやるぅ!!!!!

と、物思うカアカ、本番前二週間を切ったのでありました。(何やってんだか)

2017年10月13日 (金)

いろいろ壊れる

この家に越してきて、なんだかんだと10年。

そうすると色々、壊れるお年頃になってくる。そういえばシロアリ薬も散布してないし、壁の塗り替えもまだだし、ついでに車ももう10年。いろんな業者から声もかかる。しかしそんなにカネはないのだ。家とは関係ないけど、ずっと気になってる我が家のグランドピアノを新調しようか、なかばウキウキしながらも悩んでいる。何しろ、高い買い物だから悩みもする。ああ、宝くじが当たればな…gawk トトはもう、「オイ、宝くじは毎年欠かさず買うことにするぞpunch 」とスローガンを掲げていた。当たるワケないのに、「三億あったら…いや、一億あったら…think」とか妄想してしまう我々。そして使い切る自信のあるトト。

壊れる時期は一斉に、というのがお決まりのようなもんであるが、1年半前に買い替えたばかりの給湯器がイカれ始めた。早いだろう、オイオイ。レッスン中だったので急いでいたカアカは、エラー番号を控えておくのをウッカリ忘れ、また給湯器の気まぐれによって直っちゃったりしたんで、保証期間内に来てもらうこともできずgawk 教訓:エラーはメモりましょう。

それからなっちんがこよなく愛する、ベネッセのチャレンジタッチパネルが無反応となり、どうやっても改善されないから交換となった。タブレット交換サポートに入っていたので、3000円程度で済む。なっちんは新しいタブレットが来るので大喜びhappy02

こちら、しまじろうの頃から続けているもので、ずっと紙を愛用していたのであるが、2年前くらいから彼女の希望により、タブレットに変更したもの。だんだん勉強も難しくなると、紙だと白紙が多くなり、読み物しか活用されないのがもったいなかった。タブレットのいいところは、自動で答え合わせが出来るところと、ベネッセ図書館でたくさん本が借りられるところである。本大好きなっちんは、すでに400冊以上借りた履歴があり、毎日何かしら読んでいるから、これがまあ、続けさせてやろうかと思う理由のひとつである。あとはタブレットで何をやっているのかはよくわかってないカアカ、ほったらかし。

ほったらかし、で思うけれど、子どもというのはその成長につれ、本当にだんだんと手がかからなくなってくるものである。徐々に一人で出来ることが増え、お兄さん、お姉さんになってゆく。もともと私はテキトーだけど、それでも子は育つ。ピアノの練習にだけはうるさいカアカだが、最近はめっきり独り立ちし、自分だけでなんとかやっているみたいだ。レッスンについていかなくなったのも、そのきっかけになったのかもしれない。小さい頃は、付きっ切りで練習させてケンカしてたよな〜。変わっていくなァ〜。なんてね。

話がずれちゃったけど、とにかく時代の流れとはいろいろ変化がある。ということに尽きるのである。(ムリヤリ終止符)

2017年10月 1日 (日)

指輪のお直しと、しめ縄飾り

10月の秋晴れ!sun 何でもできそうな、爽やかなオフの日曜日。

午前中、チャチャッと家の用事を済ませてから、ビナウォークのイベントに行ってみた。カアカの小学校時代友人が、奥さんと一緒に期間限定で出してるワークショップ。

なっちんセレクトで、水色フェザーのイヤリングを作ってもらってきました。おごってもらっちゃったから、お礼にお正月のオサレなフラワーしめ縄を購入。ありがとねっ、ポカリ!smile (←あだ名)

Img_7534_4

Img_7533

よかったら、ちょっくらお店を覗いてやって下さい。

丸井の2階、西側正面玄関を入って、ファンケルとかの隣あたりでやってます。10月9日まで。

それからカアカはずっと気になってた、5F結婚指輪のお直しコーナーへフラッと寄ってみた。2年前の子宮の手術で外した指輪、ずぅっと財布に入れっぱなしになっていたのだ。それがコレ↓

Img_7537

どこで買ったのか、何号だったのかすら忘れちゃってたんだけど、なんと4号だったんだよ!4号ってアンタ…coldsweats01 試しになっちんの指にはめたって、小指にしか入らなかったよ?一体どんだけ痩せてたんだ。そして今日、サイズを測ってもらって7.5号に伸ばしてもらう。そんなハンパなサイズにもできるんだねぇ〜think 内側にある文字をもう一度彫ってもらって、プラチナを少し足して、1万円くらいで出来るらしい。迷わずやってもらうことにする。今月の結婚記念日には、ちと間に合わないらしいが、まあよい。早く出来上がらないかな〜heart04

そんでもって、休日の待ってましたトト飯restaurant

Img_7535

Img_7536

今日はジェノベーゼと、エビのタルタルサラダでした。美味しいっ。

余った分は、次の日のお弁当にしたよdelicious (←カアカの)

何故なら明日は、あれから一年後の乳がん検診なのだ。待て、次号paper

 

2017年9月29日 (金)

秋の女子会

今日は学校の公開デー。

朝イチでなっちんの様子を見届けてから、先生と少しお喋りして、その足でPTA室に向かい広報を受け取り、即、自治会に配って仕事終了〜してから女子会へheart04

だって今日は楽しみにしていたのだ。社家のイタリアンで、気のおけない友人たちと、あっという間の時間を楽しむ会lovely

Img_7481

最初に自家製野菜のバーニャカウダです。おいし〜

Img_7482

Img_7483

このデザート、もともと頼むつもりではいたんだけど、実はバーニャカウダを運んでくれた時にウエイトレスさんがうっかり席にソースをこぼしちゃって、友人の荷物がちょっと汚れてしまったため、すみませんでしたとサービスで出してくれた心遣い。我々までいただいちゃって、なんだか得してしまった。アリガトウlovely

今回もいっぱいお喋りしてきました。何故に女子会というものは、話が尽きないのであろうか。私は個人的に、3人、という設定が好きである。小さい頃はこの人数、1人が仲間はずれになりがちで難しいのだが、オトナになると心地よい。2人で喋るよりは3人の方が聞き役にもまわれるし、テンポが良くて非常にラクである。と、考えているのはカアカだけではあるまいthink そこへ行くと、異性と飲む時は一対一でもあんまり頭を使わないから、なんでだろうなァ〜。と思う。女子同士の方が3倍くらい、舌の回転率が上がっているからか?きっとそうだ。オトコと喋る時と、オンナと喋る時の脳みそは、きっと違う場所を使っているのだ。う〜ん、そうに違いない。同感された方は、いいねボタンを押して下さい。

あっという間の女子会、オフ日でありましたpaper

 

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ