料理

2021年1月 4日 (月)

味噌仕込み完成

昨日ウッカリ、天ぷら食べ過ぎてお腹を壊しまして、味噌作りの続き。お騒がせいたしました。。。

ビニール袋二枚重ねに、塩麹と潰した大豆を混ぜ混ぜします。それをグイグイ押し込んで。

Cc2cedc467054296ae01b2eb64f0c267 C4cd61a54ac34e70b348eae0c48dd6f9

じゃ〜ん、今年も完成です✨塩パラパラして落し蓋して終了〜

B7054aac5d84471e8f20277ae2fce38c Edcda3c9dcfe46ca9e5e0127426049e0

煮汁を付け足さないほうがカビが生えないことがわかり、近年はこのやり方にしております。いいよ!やっぱり味噌は手作りが一番です。

2021年1月 3日 (日)

味噌作り

本日、毎年恒例の味噌作り。今年は大豆3キロ、麹5キロ、塩1600g、塩蓋100g弱の黄金レシピで行ってみたいと思います。朝から煮込んで3時間。

01790f33d81a469ebdb3e47ced3499bc

毎年同じアングルですが、なっちんの背がだんだん伸びてきますね。味噌作り参加するぅ!と言うのは、できたての美味しい大豆をつまみ食いしたいから。

B99acf1ef2c74fa2acb88f7c5e64d223 B1e06dafbda244d1a59b57af7a4a99fb

お腹いっぱいになったら途端に飽きる中2です。笑

いつもなら夕方までかかって完成するのですが、今年はちょっとハプニングがあって明日に持ち越し〜🌀

2020年5月10日 (日)

オンラインパンレッスンと、レコーディング

日に日に、世界はものすごい勢いでオンライン化が進んでまいります。おかげでカアカの老眼は着実に育ちました。

さて老眼はいいとして、連休明け。初の試み、zoomでパンレッスン!に参加してみました💓朝6時〜7時まで、一晩発酵させて、2日間に渡って焼き上げます。作ったのは、ハイジの白パン。なんだけど、ちょっと焼き色がついちゃった。

Img_2163 Img_2164

でもとっても美味しかったよ〜。ゆみこ先生、ありがとうございました😃

 

オンライン化のメリットは、何と言っても「すぐに繋がれて、何度でも見返し確認ができること」
わざわざ遠くまで会議や面接や講習会に出かけずとも、自宅でできちゃう気楽さです。そしてデメリットとしては、何を隠そう主催者側は、準備に何倍もの時間を要することと、やはり人と人との生のふれあいや温かみがなくなることです。側に居たら、手を取ってすぐに伝えられることもできない。ここが大きな乗り越えなければいけない壁であります。ああ、隣に居られたら!と何度思ったことか。

しかし、負けてはいられません。新しいもの、を生み出せるのも人間です。

演奏の方も、トト様の搬入した高級マイクにより、レコーディングは着々と進んでおります。自宅に居ながら、ホールのような響きを追求すること。秋の発表会の代わりにこんな企画をしてみるのも面白いかもしれない。こうなったら、「いつもこうしてやってきたこと」にこだわる気持ちを捨て、新しい試みに挑戦することが大事なのかもしれない。

グリーグ:故郷にて

バッハ:ゴルドベルグ変奏曲より アリア

湯山昭:お菓子の世界より 金平糖

生徒たちに、「録音てこんな感じになるよ〜」と、雰囲気を感じてもらうために、送っています。

 

遠隔デュオもコツコツと行なっております。チェリスト友人と、やれ首のシワだの、肌の具合だの、と苦戦しながら作りました。

海の上のピアニストより 愛を奏でて

 

次は、生徒ちゃんとの遠隔連弾を完成させる企画です🎶

いや〜、自粛生活の賜物ですね。いや、自粛じゃなくても、我が家は変わらないというウワサもあるけど…。

2020年4月28日 (火)

お菓子な休日

午後は雨がパラパラと。こんな日は、まさにお籠りデー。

まずは、庭に咲きっぱなしだったクリスマスローズをドライフラワーに。お次は生活クラブから届いた国産レモンで、レモネード仕込み。

Img_1552 Img_1555

そしてなっちん、パウンドケーキに初挑戦!カカと一緒に作りたかったの。とか言うから本気にしたら、ちょっとあっち行ってよ。とか言われたし。さすが反抗期。でもめちゃうま!😃

Img_1553 Img_1554

チーズフランスパン第2弾と一緒に、午後のティータイムを満喫いたしました🎶

Img_1556

これぞ正しい引きこもり〜💓明日は何をしようかな。わくわく。

2020年2月 9日 (日)

食パンtake2

春めいた日が増えてきた2月。初ミモザも、お雛様たちも、窓辺に飾りました💕

5bb9b9c2c4e14980b2599ad53b0b3a9b 979c4307438046979010575203b05ed0

そして私は、何を隠そう、懲りずに食パン作りにトライ!

460239fec17644cba9df0d88405693d3

今回の反省点:ちょい水が多めで、粘りが出すぎて大変だったこと。そして何と言っても、風呂入ってる間に発酵し過ぎて、、、

パンが三段腹に!!

6d7ab7455af34583955de272afb48e9c 4bdb466f3bc049498a9e284314613365

くう〜〜。試行錯誤は続くのだ。

2020年2月 3日 (月)

おから味噌

この間のパン作りの時に試食させていただいた、その名も「おから味噌」
それが甘くて美味しくて、めっちゃ気になっておりました。

立ち寄ったスーパーに発見、うの花!米こうじ!おおおお、つ、作りたいっ。で、買っちゃった。

C750c69cb0ec4c36ada364257b7a6727

5f81121ad9ae4aa595896620b5ff75e9

おからで味噌が出来るなんて衝撃です。早速実験!いつものように、塩麹を作って。おからはそのままだとパサパサなので、ほんとは豆乳がいいらしいけど買い忘れたので水でこねる。(←そのへんテキトー)いつもの大豆を潰した感じの柔らかさにして。

Ad7409e92eb14a8a8560a6bbfeb88a12 3be62ea13d794660a5f8bd14f5d6283d

塩麹とおからを混ぜ混ぜ〜。あっという間に出来上がり!こりゃいいや〜。
今回の実験、おから600g、麹1kg、塩220g+塩蓋用15g、水250cc  全てカアカの今までのカンを頼りにした、適当な作品です。

Ae249d5b776c4b5ca8c510e6e52b3ced Eabfa9871da94b1382fd387df3e343bb

半年ほどすると、いい感じに発酵してくるようです。お味噌と一緒だね〜。どうなるか楽しみです。ワクワクワク!

2020年2月 2日 (日)

トライ!パン作り

久しぶりの、何にもない日曜日。なんにもない日曜日!(←しつこい)

いい天気だったので散歩をし、布団を干して、ピアノを弾き、買い出しをして、さあっ、午後はパン作りよ!!
せっせとこねること、トータル20分。ハアハア…

44e6b59a6ca944199c314c0639f69982

この間教わった通りに。って言いつつも、カアカ人の話を聞いてない時あるので適当太郎な感じは拭えない。
まあいいのさっ!初回から上手に焼こうなんてムシがいい話よ!まずはチャレンジあるのみ。

愛情かけてこねた生地を、パン型に並べて…。これは、おばあちゃんが使っていたもの。うちのおばあちゃんは、パン焼きばあちゃんとして新聞に載ったこともあったのだ。

63c44fddd6784d8aaf99b0c601d5607e F484ae165ffc4cceb26caa2e788d1a48

おばあちゃんの使ってた、分銅が出てきたよ。懐かしいなあ。取っておいた母もすごい。

Img_0130 Img_0131

途中、小さなミスを犯しながらも何とか無事に二次発酵。と、ここまでは良かったのですが。

オーブンの具合は、難しい!我が家の場合、熱の上がりが早くて焦げました〜。やはりオーブンによって癖があるのですねぇ。220℃、30分ってレシピだったけど、15分くらいですでにハラハラしてきました。200℃でも良さそうと助言が。焦げそうになった時は、アルミホイル作戦が良いそうです。承知した!

0011da3ff0274e20a5a9874030c296c0 73b77f996a044e838c774c966b798932

でも、さすがはハルユタカブレンド。てっぺんこそ焦げはしましたが、美味しかったよ💓次、リベンジじゃ〜。

2020年1月29日 (水)

食パン作り

聞いてください。わたくしこのたび、パン教室などと言うものにデビューしてまいりました😃✨

ブログのカテゴリーが「料理」とか!久しぶり!ある年齢になると、男はそば打ち、女はパン焼きにハマると言うけれど、果たしてハマれるのか私?

とりあえず、真剣勝負よ!

3bdd0d7403634b648b48544d96bd7311 Cd896bc39f1e48fe80431a877a4ff7cf

しかも、一番難しいと言われる食パン作りです。いきなりハードル高いんではないかい。

199aaf908a8f4b3592704b9fa19012bc

こちら、お師匠のゆみこさんがオススメしてくれるのは、キタノカオリ。試行錯誤したあらゆるレシピの中でも、一番美味しかったそうです。そして小麦粉の種類によっても、水分をよく吸うもの、そうでないものがあるらしく、奥が深い。

小麦粉、砂糖、塩、イーストを注意深く計ります。

Bab4d6dae0744afa8a7a33a8ca35e639 295913e79dee4d61b2f81b8a1b57f9fa

牛乳と水を計量。これが難しいぞと。そしてボウルに混ぜて、こねこね。

15c26408d0e5457a9f3f31bcb9e2a2f5 D93d6e947baa457dbb34895aa308390b

ここからが勝負です。台の上でひたすら粉をこねること、約10分。ヴァイオリニストの相棒が上手いこと!さすが5年もやってるだけあるわ〜💕横目でチラチラカンニングしながら、カアカも頑張ります✊

さあ、出来上がりました。ドームの中で休ませること10分。その後、バターを混ぜ込んでさらに10分こねる!

92fda98923104063923da7d5b171f6ffF7f6eb16dbca4d739c56b6f1036b9c53

ハアハア…先生見かねて、ちょっと機械の手も借りました(笑)それから生地を、三分割です。こんな風に1.5倍ふっくらとするまで、室温28℃ならば1時間以上くらい。冬なら半日もかかるそうで、発酵室のお世話になりました。

28811b47a8fa49cdba154a088e12c2ca 77e237099db443fd951869f9141d8517

その間、お茶タイム💕これがまた美味しい!スペインの紅茶だそうで、はちみつ入りなんです。とりこになってしまいました😃

欲しい!

84527488af07432eb65abd4f080afd1e

23c26e6fcd974adcb29919914e49bd1b

ゆみこさんにパン作りのおさらいを受けるカアカ。と思いきや、逆に説明し始めるわたし。だってだって、頭の整理をしたいのよ…(パニック寸前)隣で笑いを噛み殺しているヴァイオリニスト。

B5eba55a5e7142bda713550b0aede81e

じゃじゃ〜ん。一次発酵出来上がり。真ん中に穴を開けて、生地が戻ってこなければ大丈夫。フワフワ柔らかな手触りは、まるでお母さんのふくよかなおっぱいのよう!しっかり覚えましたよ!

それを綿棒でガスを抜きながら伸ばしてから、クルクルと丸めて、食パン型に並べます。ここから二次発酵。型から生地が少し見えるくらいまで膨らませます。暖かいところで1時間以上。発酵機がなければ、なかなか時間がかかりますね。

Ba2055cf91d54fb4956645262debd058 A51fed1600cf4554af989628e528192d

さあ、十分に膨らんだら、生地に霧吹きをしてから、オーブンスタート!予熱なしの、コールドスタートです。220℃で30分。

いい匂いがしてきて、もうワクワク、たまらない。

0cab4829b07d4ef6b99adb568050ee9d

出来上がりで〜す!うお〜、さすがのプロの導く技!

食べてビックリ、その柔らかさと、ほんのり甘くとろけるような美味しさ💕💋

マジ、感動。休日は、パン焼きおばさんになること決定です。

 

2017年7月27日 (木)

香港の食材

すんごい久々に、料理の記事。

香港にいる彼が一時帰国をするって言うんで、すかさず醤油欲しい!ってワガママ言ったら、妹と山分けしろって、ゆうパックで送ってくれた ビバ、香港。え〜っと、香港にいる彼ってダレ?って思う方は、私の留学記を読んでくだされ。北京にいた、東北の彼のことです。(宣伝)

Img_6760

Img_6762

なんか、謎な醤油やソースがいっぱい…。そして赤い袋は、麻婆豆腐に入れるとうまい豆です 頼んでないのに6袋も送っていただいた。ありがとー

Img_6761

とりあえず、ピーマンにオイスターソースをかけて炒めてみた。それから、妹が香港で買ってきた干しエビで、冬瓜スープ作ってみる。

これらが、激ウマ 日本じゃこの味、出せないよ?さすがは飲茶王国、香港、ってお味。トトも絶賛。

そして、それらに負けず劣らず、なっちんの作ってくれたハンバーグは最高でした。まあ、半分手伝ったんだけど。早く、全部作ってくれるようになんないかな〜

 

2013年10月21日 (月)

クスクスの作り方

爽やか〜に晴れた月曜日カアカ、朝の旗持ちに行ってきました一昔前、「緑のおばさん」と言われてた、アレ。子どもたちが横断歩道を渡る時に誘導するやつ。なっちん、今日はカアカが立つって知って、超嬉しそうにしてたくせに、いざ顔を合わせると照れて下向いていたオオっ、照れるようになったか!成長したな?と思った瞬間

さて、こないだちょっと美味しくできた、超簡単クスクスの作り方

これはベルギーに住んでた頃によく作った。ほんとはあっちの野菜だと甘くて美味しくできるんだけど、日本でもちょっとしたコツで美味しく作れます。

[スープ]
①今回は、高座豚のたこ糸グルグル巻き、肩ロースかたまりを入れることにしたので、まずそれをルクルーゼ鍋にて、オリーブオイルで焼きつける。(羊でも、鶏肉でもよし。でも肩ロースはうまかった)デッカイので、いったん取り出します
②そのルクルーゼに、にんにくスライスを投入。更にそこに、野菜を投入。
↑野菜は何でもよし。タマネギ、人参、ズッキーニ、ナス、キャベツの残り少し、シメジ入れた
③ひよこ豆(ビーンズ類など)を投入(これがあるとないでは違います。うまい)
④トマト缶と、さっきの肉を投入
↑ここポイント日本のトマト入れちゃうと酸っぱい煮物チックになる。だからと言って、ヨーロッパ産なら何でもというわけでもなし。スピガドーロが甘い。これで作ると、フランス人も唸るラタトイユも出来上がる(笑)売ってる店には売ってます。ネットでも買える。
↓南イタリア産
3100ugxn7hl_aa200_
⑤塩こしょう、コンソメ入れてしばらく煮込んで、適当に水を足す。最後に味みて、ハチミツ入れたりして終わり。

超かんた〜ん
お次、クスクスの粒、いこう。

[クスクス]
①輸入食材店などに売ってるクスクス買って来る。パスタが粒になったみたいなやつです。こういうの↓
51flmskitql_sl500_aa300__3

②いろいろ作り方が書いてあるけど、これが一番簡単で美味しい。まずフライパンにバターを溶かす。そこへ、一人分=約80ccのクスクスを投入して、塩少々振って軽く炒る。クスクス触ってみて、温まっていれば、そこへ沸騰したお湯同量を投入。即座に蓋を閉めて、3分ほど蒸らして出来上がり〜

クスクスにスープをかけていただきます。こんな感じ。

Lecker_2

超簡単ドイツ人もおかわり絶賛(爆)おためしあれ〜