最近のトラックバック

学校行事

2017年5月27日 (土)

運動会

今年の運動会も、無事終わりました〜scissors

まずは毎年毎年めんどくさい弁当作り。去年から運動会が春に開催となったのを機に、ちゃっかりトトを洗脳し、担当してもらうことになったsmile 前日の買い出しと、仕込みはわたくしがconfident じゃないと、やってらんないよ〜。前日だって、レッスンあんだからさ〜。席取りになんて行けないしよ〜。当日朝だって、タダでさえ、女は忙しいんだgawk 分担あるのみ!

美味しいバゲットサンド(中に生ハムとマリボーチーズ、りんごジャムが入ってます。うまいが、予算的には高い。)

前日から仕込んでるジューシー唐揚げ

Img_6455

Img_6457

ゆりゆりが作ってきてくれた、おにぎり。もりだくさんフルーツに、写ってないけど甘いミニトマト

Img_6456

Img_6458

がっつく我々

Img_6459

あ〜いやいや、メインはもちろん、なっちんの応援団!厳しい日差しの中、よく頑張ってましたscissors自分から立候補してたけど、あまりにもキツかったらしく、もう来年はやんないらしい。ちなみに赤組、勝ちました。

Img_6461

Img_6464

徒競走は5位!最後に意地をかけて抜かす。

Img_6463

Img_6462

なっちんの、ここ一番のお楽しみは、5年生恒例のソーラン節。

Img_6465

Img_6469

いや〜、カッコよかったよ。

オトナになったもんだ。

小さい頃はダンスが覚えられなくて、お友達に引っ張られてちょこちょこ踊っていたのに。手作り法被もナイスでした。このおかげで、お裁縫が好きになったもんね。まだまだ上手に縫えませんけど。

Img_6466

Img_6467

Img_6468

Img_6460

どうだ、決まったぜ!

みんな、お疲れさまでした〜smile 来年は組み体操。楽しみにしてますよ!

2017年5月11日 (木)

家庭訪問

月曜日にバレエに行って、夕方くらいからだんだん頭が痛いなァ〜、と思ってたら、それから体調は急降下down火曜はレッスンを後半キャンセルさせてもらい、水曜は昼過ぎまで寝てて、なんとか仕事時間には復活rock それでも夕飯支度はヨロヨロと頑張った。どうにかしてほしい、この持病。頭痛になっちゃうと3日は治らないし、めまいまでしてくるし、もう何もやる気が起こらないから困っちゃうのだ。

ということで、今日は元気復活、なかなか書けなかった家庭訪問便り。

月曜の4時に、なっちんの担任はいらっしゃった。

5分早い到着だったので、なつ嬢はちょうど外で泥んこになっていてバタバタと着替えに駆け戻り、先生、まだ来ちゃダメbearing とか2階から叫ぶわで、ずいぶんお待たせしてしまったcoldsweats01 うちの階段のところには、トトの小さい頃の絵やら、なっちんの絵やら、トトの学校の生徒さんたちの絵やら、もう絵ばっかり貼ってあるギャラリーがあるので、うちに来る先生方はだいたい皆んな、そこを眺めて時間を潰して下さる。

さて、なっちんの5年生の担任のU先生。

温和で、ユル〜い感じの、優しいパパである。年も、トトよりちょっと若いくらいの同年代で、話しやすい方であった。なっちん、今までもみんないい先生だったけど、一番話しやすいかもしれない。呑気だけど頭のいい先生で、こちらの言っていることも瞬時に察して対応してくれる。子どもの気持ちを一番に組んで、考えてあげようとする方である。いい先生で、嬉しかった。

高学年になってくると、中学へ向けていろいろ心の準備もしなければならないし、テストの採点基準なんかも少し厳しくなってくる。だけれど、厳しくして伸びる子もいれば、そうでない子もいる。子どもたちはみなそれぞれだから、要するにボクは、子どもたちが伸びれば、決まりは何でもいいと思っているんですよ〜。と、お話しされていた。私もそう思う。だけど学校は、団体であるから、難しいところも多々、出てくる。ヨーロッパでは日本よりももっと個人主義なので、個々の能力別に合わせて授業をしたり、落第させたりとシビアだが、ちょっと割り切れないところのあるこちらの教育では、先生方も悩むことも多いだろう。

いろんな話をしていたら、あっという間に30分が過ぎてしまいそうだったので、キリのいいところでサッと引き上げて下さり、(1人15分なのです)また次回の面談でお話ししましょう、とご挨拶申し上げた。

子どもたちが学校で、のびのびと生活することができたら、と心から思うカアカである。

2017年4月19日 (水)

PTA全員委員会

PTA全員委員会へ行ってきた。

例によって、何をやるのか全く前もってわからない。謎のベールに包まれた役員会である。ま〜たジャンケンでもあるのかと思って、なっちんのマネして、手に「勝」って書いてったのに、無用であったgawk

結果から言うと、本日の会はPTAと学校との最初の連携というか、校長の挨拶とPTA会長の挨拶(仕事で来られなかったけど)、あとは学級委員になった親たちの最初の役員決めがメインで、私たち校外地区委員は別部屋に行って、新しい委員長からの今後の予定報告などだった。そして、ここ一ヶ月先くらいの日程が配られる。また、集まる仕事内容の説明もなしgawk なんだかなー。何するんだかぐらい、明記してくれって今度提案してみようかなー。

まわりのお母さん方は、だいたいたむろってやって来る。みんな、示し合わせて来るのか?けっこう不思議である。それとも、途中で知り合いに会うのかな。いずれにせよ、私は生徒のお母さんにでも会わない限り、付き合いがほとんどないのでだいたい一人である。一緒に行ったり帰ったりがうっとおしいので気楽。仕事あるから、必要なことだけやってサッサと帰りたいが本音だ。こんなこと言ってるけど、人付き合いはわりといい方なのであしからずlovely 昔っから、「誰だれちゃんとじゃなきゃイヤ!」とか、つるむのが好きじゃないだけである。

今日は年間の立哨当番日程も出たので、ぺちゃくちゃやってる母ちゃん連中を後に、さ〜っと帰って来て、仕事内容忘れないうちにっと、だいたいまとめて、小一時間で年間当番表を全部作り終えた。あ〜気が楽。学期ごとに作成なんか、してらんねー。わかってる仕事は今のうちから片付ける。それからざっと夕飯の下準備をして、昼ごはん食べたらもう仕事だ。ついでに言うと、自分の仕事のための書類も一緒に作り終えました。

こんなにせっかちなのはなぜか?

それはカアカは体力がないため、心身気力ともにみなぎっている日に、ちゃっちゃと仕事を進めておかないと後で倒れるからです。プラマイゼロ。笑thinkpaper

ではレッスン。行ってまいりますnotes

2017年3月17日 (金)

配布終了

明日から3月の小旅行だ、わ〜いhappy02shine

午前中のレッスンを終え、明日の荷物の準備をし、午後のレッスンまで昼休みに至る。

ご近所まわりのPTA仕事は無事、終了。1週間弱で全軒配り終えた。

普段喋ることのないお母さんたちを、レッスンの合間に訪ねるのは何だか楽しかったし、いい運動であった(何気に坂道が多い)。うん、けっこう楽しかった。なんならもうひと回りしてきてもいい。感動するくらい感じが良くて仲良くなったお母さんもいたし、朝っぱらからつけまつげバッチリでびっくりさせられた若いママもいたりした。玄関先を見るだけでその家庭がわかると言うけれど、ほんとだよな〜thinkとかね。いやいやとにかく、限られた時間の中でも仕事っていうのは要領しだいで出来るものである。出来ない、間に合わないのは、自分のキャパを超えて忙しすぎるか、自分の力量を想定できていないことが原因かと最近つくづく思うカアカなり。

ということで、ちょっと空いた時間に、トトからもらった引き継ぎフォームを参考にして、次期の役員になる人のために今から少しずつPTAの仕事内容の流れを年間にまとめておこうと思う。説明しやすいし、何より自分がやった仕事を見返せるからスッキリする。いついつ、どんな仕事をするのか表記しておくのは、たぶん一番わかりやすくてどの仕事においても応用できるんじゃないかな〜という気がする。

毎日なんだかんだと忙しいが、わたしの強みは通勤時間が省けること。身体弱くて朝も弱いカアカにとって、これは本当に両親に感謝している。毎朝通勤ラッシュにもまれてフルタイムで働くお母さんたちにとって、PTA活動なんてお荷物意外の何者でもないだろうと思う。なのに全員、子どもの数だけやらなきゃならなくて、しかもその内容が「面倒くさいよね〜shock」ってな噂話のみになっちゃってると、もう脅威でしかない。

もっとうまくいかないもんかねぇ〜。
とボンヤリ思う、わたしであった。

2017年3月10日 (金)

外回り

資料が出来上がったので、来年度のご挨拶兼ねて、ご近所にPTA地区資料配布に行ってきた。地図見て、ベル押して。気分は外回りの営業マンである。今日は中学の卒業式ということもあってか、3軒しかヒットせず。あと12軒も残ってるgawk 説明も含めて、1時間半もかかった。こりゃいい運動である。時間さえあればね。来週はほとんど予定埋まってるし、果たして全員と無事に会えるのか?という感じ。

最初はそういうのってやったことないから少々キンチョーしていたが、商売柄、お母さんたちとのお話はお手の物であった。新一年生のお母さんたちには、大事なポイント押さえて丁寧に説明するよう心がける。ああ懐かしいなあ、私もなっちんが進学するとき、一生懸命話を聞いたっけ…彼女ももう、次は5年生。立派な高学年ではないかconfident

で、話をする中で、一年生のお母さんたちには、いつか回ってくる役員への脅しと(笑)、再来年度に最上級生になるお母さんたちには、次の役員への打診をするんだけど、この「次期役員への打診」が、めっちゃ面白かったsmile

いやいや、出るわ出るわ、みんなそりゃ当たり前のように嫌がって、理由を述べてくれる。そりゃそうだよね〜。めんどくさいもん。出来れば避けたい。でも仕方ないのだ。次の役員を決めるのも、我らの役目。どんだけ気苦労あるかなァと気が重かったのだが、意外にもココでカアカの元演劇部魂が出る。

役員を勧めるとき、みんな決まって「お願い…できないですかねぇ…」って、それこそ暗黒の地を這うような声で来る。わたしはコレが嫌でたまらなかった。バサッと、次はソコのあなたです!やってくれ!って来られる方が、よっぽどいい。ああそうかい、じゃ、やってやろうじゃないの。と思える。だから自分がその立場になったら、努めて明るく誘おう、と決めていた。だいたい、普段から生徒の保護者にお願いするときもそう。だから慣れてる。

それでもやっぱり、気は重いな…。と思ってたんだけど、意外や意外、
「うわ〜、嫌がってんな〜smile
って、面白がってる自分に気づいた。笑

誰もが嫌がる押し売り。でも、誰かがやんなきゃ仕方ないのだ。
わたし、けっこうイケるかも?

2017年3月 8日 (水)

PTA引き継ぎ

PTA役員の前任からの引き継ぎ会に行ってきた。

今日はどんな感じになるんだろう。と思って行ってみたが、一言で言うならば
「こんがらがった毛糸玉を整理する」
感、漂う代物であった。
私が訊かなければ出てこない(説明されない)仕事内容もある。というか、むしろそればかりである。
これは、委員会の長の責任である。

まず、後任者に仕事の流れをもっと全体像を持って、詳細を把握させるべきである。
具体的には、まず初めに取り掛かるべき仕事、次に何月にこれこれ、というように、年間を通して見通しが立てられるようにすべきである。それらが、ここ2ヶ月くらいの見通ししか詳細書いていないし(多分、そこまで把握できる脳みそを持っていないとお察しのことなのであろうが)、さもなければ大まかな仕事内容がどっさりとファイルに詰められているだけである。気合いを入れて読んでも「?」が出てくる箇所が多いし、第一読まない人も多いだろうし、まあテキトーでいいや〜、と思う人にはいいだろうが、仕事を持っている身としては、いつ、どのタイミングでどの仕事を片付けていけばよいか把握できていないと困るのだ。こちらはヒマではない。忙しい時期もある。急にもらった仕事をやっつけでは、できない。

二言目には「これ、ラクよ」というセリフが出るが、はっきり言って大事なのは、楽をすること(仕事が少ないこと)ではなく、「やりやすい」ことである。
これがどれだけ難しいか。自分一人で仕事をするならばそれなりに大変ではあるが、自分だけがわかっていればいいわけだからそれこそ楽だ。問題は、「人を使う」もしくは「分担する」ことである。

私は初めての発表会、初めての合宿、それらを運営するとき、せっかく人を雇ったのに全く指示ができなかった。せっかく来てもらったのに、自分だけがテンパってしまって「人を動かせなかった」のである。今もずいぶん落ち度はあるが、それでも「人に伝えることと、動かすこと」の難しさについては身にしみて学んでいるし、経験値とともに結果も上がってくる。PTAは、本部こそ2年ものだが、1年間の役目を終えて終了となるので、やっと仕事を覚えたと思ったら終わり、「あ〜よかった」と同時に「やり終わってはじめて仕事内容がわかったわ〜。」と、なってしまう。

言わせてもらうが、それじゃあダメだ。いいですか、私が言っているのは、何もPTAの仕事を極めろ、真面目にやれ、と言っているのではない。

仕事は皆で分担できるもの。たいした仕事ではないのだ。最初っから、一人一人が見通しを立てられるような書類を、もっとわかりやすく、見やすく、まとめておくべきである。

それを口頭で井戸端会議ふうに、前任者から後任者へと伝えられる、「あ、これはこうした方がいいわよ〜。」的な詳細事項。年々この繰り返し。コレはぜひとも改善されるべきである。そうすれば、もしかしたら全体の仕事を見渡せた時に、これはこうした方がいいんじゃないか、という建設的な意見も出てくるだろうし、やらされてから出てくる不満も減るでしょう。料理だって、手順があって、出来上がり図があって、取りかかれるではないか。その都度指示されてたら、塩加減だって好みで調整できない。そのくらいわかるんじゃないかな?

とりあえず、まず初めにワタシの頭に浮かんだ問題定義と感想はそんなところ。せめて自分が後任者に引き継ぐ時は、わかりやすくしておきたいと思うカアカであった。

2017年2月17日 (金)

PTA役員

来年度のPTA役員を引き受けたので、初めての集まりに行ってきた。

小学校の学級委員時代を知る友たちに言わせてみれば、適任!と言って笑われるんだろうが、そんなのとっくの昔に足を洗ってる身にゃ、お初の世界。ちょっとワクワクしながら行ってみた。

10時5分前に着いたらもうほとんどのお母さん方が集まっていて、ぺちゃくちゃやっている。見回しても、顔見知りはあまり居ず。委員長さんの話が始まってもお喋りやまず、聞こえないgawk けっこう重要なこと話してくれてるのに、旧役員たちが喋っているのだ。こっちは聞き逃したくない思いなのに、カンベンしてくれ。そういや、授業参観行っても喋ってるお母さんたちいるよな〜、と思いつつ、半分くらいをやっとこさ聞き取ってきた。

今日の役員会はなんだろうと思っていたら、ジャンケン争奪戦のさらなる役員決めであった。旧役員さんたちから、「これはラク、あれは大変」と色々話を聞かせてもらううちに、だんだんそのシステムがわかってきた。なんか、えらく大変な業務もあれば、えらく簡単な業務もあって不思議な感じであった。そして役員さんたちの二言目には、「これはラクであると思われます」という説明が、なんとも腑に落ちない。なんのためにあるのだ、PTA?惰性でやってる仕事がどれほどあるのか。改革おこしてやりたい衝動にかられるが、押しとどまる。いかん、わたしゃ、忙しいのだ。ただでさえ教室ひとつ動かしてるのに、これ以上背負いすぎては身体がつぶれる。自粛、アーメンである。

とにかく、山のようなファイルに、半分も理解できていない仕事を、お喋りの渦の中、耳に全神経を集中させて聴いてきたが、やはりよくわからなかった(笑)

理解できたのは、ジャンケンに負けて、一番嫌厭されている仕事についたことくらいである。みんなが哀れみの目をして、「うん、でも向いてるかも!」と励ましてくれたが、果たしてどんだけ心労をともなう役目なのかは未知数である。

乞うご期待gawkpaper

2015年10月 9日 (金)

ハロウィン弁当

なっちん今日遠足。隣町の谷戸山公園へ。日頃、あまり母親らしいことをしてあげていないため、たまにはと、初のアート弁当を作ってみた。大喜びhappy02

Img_1768

ハロウィン弁当〜smile ヘタクソ…sweat01

昨日の夜、なっちん寝てからチーズのくりぬきやら、海苔カットに悪戦苦闘する。
その姿を見ながらトトが一言
「オマエ太ったな…」

そおなんです…最近、腹の肉が邪魔だと思ってたら。
何故、手術したのに痩せないで太るのだ、わたしよ。昔の私なら、軽く3キロは痩せちゃったじゃないか。
必死に検索したが、術後2ヶ月はストレッチ含め、運動はダメと書いてあった。

げげげ…。減らそう…食べ物をgawksweat02遅いか!?

昨日から体調がイマイチである。

生協買い出しに行って、うずくまってしまった。腹が痛い。来るんじゃなかったと後悔する。疲れるし、座ると圧がかかっていつもより辛い。これはもしや、生理時期になってきているんじゃないか…?出血がないからわかりにくいが、体温下がってきたし、体調が微妙に違う。術後なので、ちょっとぶり返したような感じ。まあきっとそのうち、時間が経つにつれて変わってくるのであろう。

いたたたた…coldsweats01

これをなくすために手術したんだ、頼むぜ、消えてくれ内膜症。

2015年9月26日 (土)

運動会

今日はなっちんの運動会sun

昨日の雨で延期になるかと思いきや、花火が上がる。

意外と運動会を楽しみにしていたなっちん、元気に登校。カアカは昨日の闘志はどこへやら、疲れが出たのか沈没気味。下っ腹がズキズキするthunder不思議なもので、子宮がないのに子宮が痛む。午前中の種目は諦めて、トトに行ってもらった。残念。妹ゆりゆりがお弁当を引き受けてくれたので、痛み止め飲んでお昼ごはんから参加riceballジジ送迎car至れり尽くせりである。こんなに気合いの入れようもなかった運動会は、初めて。

そしてカアカ、まるまる肥え過ぎていて、とても病人とは思えないと我が妹に言われる。

Image

午後の種目は徒競走!run

うちの生徒たちは足の速い子が多いので、応援も力が入る。案の定、ぶっちぎりの1位続出。歓声が上がるhappy02

Image_3

ところで当のなっちんは、昨日の話だと5位目標らしかったが、堂々たる6位であったflagだいぶマシな走りっぷりにはなってきたが、だいたいスタート時点でよそ見をしておる。緊張のカケラもない。ピストルが鳴って初めて、おおっと!ってな感じで走り出す。闘争心ゼロである。足も長いし、フォームとやる気さえ出ればもう少しいいセンいけると思うんだけどなあ。トトもカアカもゆりゆりも、足は速かったのだ。いつの日か彼女に期待である。

ほんの2時間くらいの間だったが、久しぶりのお天道様の下はやっぱりいい感じで疲れたdash一足先に帰って寝る。生徒たちや、お母さん方とも久しぶりにお話できて、大満足な1日でしたhappy01

2014年9月27日 (土)

運動会

Dsc04770

今日は晴れて、運動会sun気温もちょうど、いい感じnoteカアカは前日から弁当準備。慣れないことするからヒジョーに疲れるgawkしかも夕方4時から、場所取り用に学校の正門が開く。聞けば、2時過ぎにはズラリと保護者が並ぶらしい。うちの生徒親なんて、「センセー、うち、一体何時から並んだと思いますsign0211時です、昼の。わはは。もう力つきました。」と言っていた(すっげ〜!)わたしゃレッスンだし、夜7時頃もうすでに校庭一杯に敷き詰められた陣地の隅っこに、あったあったとばかりにシートを置いて帰ってきた。ホント一大イベントですよ親が。ふぅgawkdash

Dsc04795 Dsc04800

なっちんは、日頃嫌々練習してきたモノたちを、さっさと披露(笑)通りすがりのなっちんに、「お〜い」と声をかけてもソッコーで通り過ぎて行った。どうやら恥ずかしいらしいsmile

Img_0008

午前の部終わって、お弁当タ〜イムrestaurantやっぱりココが一番楽しい。ハイチーズ。

トトは午前中一杯は仕事があったから、午後から参加。ガッコのセンセイって、娘の行事とどうしても重なるのよね〜、何かとdown

カアカは運動会、疲れるけど楽しさ倍増の面もある。なぜかというと、我が子の出場だけでなく、生徒一同がいるからである。しかもうちの生徒たちは足の速い子が多くて、ほとんどがリレーの選手であったrunそりゃもう、可愛いのなんのって。つい、応援に力が入るpunchだけど不思議に思ったのは、我が子なっちんはどんなに遠くにいてもすぐに「あそこにいたっeye」と見つけられるのに、生徒たちを見つけるのは至難の業であった。ココらへんに、動物のカンというか、親のカンというか、本能のすごさを感じたカアカであるthinkきっと太古の昔から、敵の襲来に我が子を守るDNAが組み込まれているに違いない。

イヤ〜、それにしても疲れたね。お疲れさんでしたsign03paper

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ